calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

categories

archives

カウンター

twitter

カレンダー

プラセンタ 効果

ランキング

派遣労働者の証言−私達はモノだった

0
    坂井貴司です。
     転送・転載歓迎。
     
     安倍政権は戦争法制と同時に、労働法制の緩和をしています。労働者たちは血
    と汗と涙で勝ち取ってきた権利を、岩盤規制と言い捨てて破壊するものです。労
    働をした経験がない安倍晋三首相は、財界のいいなりになって労働法制の改悪を
    進めています。
     
     7月20日に福岡県北九州市で「告発!派遣労働者の今とこれから」(九州労
    働弁護団主催)が開催されました。この集会で、派遣労働者だった4人と派遣労
    働者を送り出す派遣企業に勤務していた方が証言しました。
     企業が派遣労働者の労働力を徹底敵にむしり取って後はゴミのように捨てる事
    実を詳しく語りました。
     労働力を絞りとられ、残ったのは屈辱感だけという思いを感じました。
     
    (ここから)

    「告発!派遣労働者の今とこれから」(主催 九州労働弁護団)
     7月20日 北九州市弁護士会館 14時〜16時

     挨拶です。

    「自民党憲法改正案に『規律を重んじ、活力ある経済活動を形成していく』とあ
    ります。これは労働者のためではありません。企業のためです。労働者の権利を
    剥奪して、企業の利益を確保して、国家を強くしていくという思想が貫かれてい
    ます。
     これは戦争国家化とセットになっています」

    「安倍首相は『日本を世界で一番企業が活動しやすい国にする』と宣言していま
    す。
     ポイントは以下の三点です。
     
     1,派遣労働者を永続的に留めておく
     
     2,派遣労働者は均等待遇はしない、派遣労働者の雇用は保証しない、です。
     3.派遣法改悪が通れば、労基法などの労働法制を改悪されます。
     
     安保関連法案と派遣労働法改正を同時に今国会は審議しています。安保関連法
    案審議が止まれば、派遣労働法改正審議も止まります。
     
     早ければ、参議院では派遣労働法改正案がお盆休み前に強行採決されると言わ
    れています。ですから、参議院に声を送ることが重要です。
     
     安倍内閣は日本経団連の要求をそのまま法案にします。危険です」 
     
     派遣労働者だった方々の証言です。

    「私は2006年から2009年にかけて安川電機グループで6ヶ月契約の請負労働をし
    ました。後に偽装請負で告発された企業です。私はリーマンショックで雇い止め
    になりました。

     50歳を超えていますので、再就職はできませんでした。子供を抱えて生活保護
    を受けました。今は地区労連に勤めています」

    「私はTOTOで派遣労働をしていました。ウォッシュレットのシステム管理を七年
    間しました。その間、何回も雇用契約内容が変更され、その度に労働条件が悪化
    しました。

     私は派遣元に条件を改善してくれと頼みました。契約を打ち切られ追い出され
    ました。するとTOTOは私がいないとウォッシュレットのシステム管理ができなく
    なるから困ると言いました。それで私はTOTOに直接雇用契約を結んでくれと言い
    ました。TOTOは直接契約は前例はない、この派遣会社を通してくれと言いました。
    その派遣会社はリーマンショックによる派遣切りで4000人をクビにした大手派遣
    企業でした。
     
     後でわかったことです。私は賃金の46・6パーセントを派遣企業にピンハネされ
    ていました。これがギョーカイ常識だそうです」(50代男性)
     
     「私は派遣労働の契約が切れたので、失業しています。
     
     私は元々は正社員でした。しかしリストラされました。それで友人の家に居候
    して、専門学校でコンピューターの勉強をしました。月30万円の学費を負担して
    です。正社員での再就職を目指しながら、派遣労働者をしていました。
     
     派遣企業に登録すると『守秘義務』を誓約させられます。派遣労働の内容を外
    部に漏らすな、とういう事です。漏らすと派遣企業の登録を抹消されます。だか
    ら、派遣労働者は声を上げにくいのです。
     
     派遣された時、最初は6ヶ月の雇用契約だと言われました。しかしサインをし
    た雇用契約書は2ヶ月とありました。そして、1ヶ月になりました。派遣先の企
    業の業績が悪化したため、期間が短縮されたみたいでした。企業の都合に合わせ
    て私の雇用条件が変えさせられました。
     
     私がメールで派遣元企業に改善して下さいと送っても、全て無視されました。
     でも、私に対して派遣元企業は文句を一方的に言います」
    (40代女性)

    「あるデパートに派遣されて働いていました。
     派遣労働者に対するいじめは酷いものでした。4日間病気で休んだ派遣労働者
    は『自己管理がなっていない!』と罵倒されました。

     私は月末まで働くという契約書にサインしました。ところが月の途中で仕事が
    なくなりました。契約書を見たら、月末までの日付が修正液で消されて、その日
    付に書き直されていました。抗議したら『結婚もせず、子供を産んでいない女が
    文句を言うな!』と一喝されました。セクハラだと裁判所に調停を申し立てまし
    た。でも、派遣元企業は謝罪はしませんでした。そして、トラブルを起こしたと
    派遣企業の登録を消されました」
    (50代女性 泣きながら話しました)

    「私は派遣企業で働いていました。派遣労働者を集めて企業に送る仕事をしてい
    ました。

     私は人と企業を結びつける仕事だと思ってこの業界に入りました。しかし派遣
    企業のやることは、スタッフと呼ぶ派遣労働者を有期雇用で契約させる事でした。
    派遣労働者を「商品として販売する」のが実態でした。そのためには偽装派遣も
    平気でします。例えば、請負労働なのに、派遣だと偽って雇用契約をした事があ
    りました。

     派遣企業に対する監督官庁の審査は甘いものです。書類を偽造しても受け付け
    てしまいます」
    (50代女性)

     質疑応答です。

    「派遣労働にも誇りがあるのだ、と派遣労働を弁護する人は言います。どう思い
    ますか?」

    「私は派遣労働者を人間として扱って欲しいと思います。
     派遣労働者としと働いた私は、モノとして扱われました。『三年で職場を去る
    仕事を選んだ』と軽く扱われました。」

    「私は派遣労働者の相談をたくさん受けます。本当にデタラメな契約をさせらて
    います。これに対して、派遣労働者は労働組合に結集して闘う必要があります」。

     九州労働弁護団が派遣労働など労働問題全般の無料電話相談を受け付けていま
    す。
     福岡092ー721ー1251
     北九州093ー581ー1850
     大分097ー536ー1221
     毎週水曜日の13時30分〜15時30分 
     
    (ここまで)

    コメント
    応援しています。
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック