calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

categories

archives

カウンター

twitter

カレンダー

プラセンタ 効果

ランキング

12.6を忘れない!国会前行動&メディア規制を許さない!院内集会へ

0
    東京の杉原浩司です。[転送・転載歓迎/重複失礼]

    前日のご案内となり恐縮です。粘り強く継続されている「12・6を忘れな
    い6日行動」。本日6日は日曜でしたので、明日7日に行なわれます。

    正午からの国会前行動に続き、「安倍政権の『メディア規制』を許さない!
    院内集会」が開催されます。高市総務大臣の「電波停止」暴言など、メデ
    ィアに対する圧力の高まりに対抗するために何ができるのか、発言者の問
    題提起を受けて考えたいと思います。平日昼間ですが、可能な方はぜひ、
    ご参加ください。

    なお、13時45分からの院内集会の模様は、IWJチャンネル5でUstream中継
    されます。遠方の方などはこちらをぜひご覧ください。
    http://iwj.co.jp/channels/main/channel.php?CN=5

    ----------------------------------

    秘密保護法廃止!戦争法廃止!監視社会化反対!
    3・7「12・6を忘れない6日国会前行動」へ!
    〜安倍政権の『メディア規制』を許さない!院内集会〜
    http://www.himituho.com/

    ★3・7「12・6を忘れない6日行動」国会前行動★
    ■とき  3月7日(月) 12時〜13時 
    ■ところ 衆議院第2議員会館前(国会議事堂前駅、永田町駅)
    ■主催  「秘密保護法」廃止へ!実行委員会

    ★3・7「12・6を忘れない 6日行動」院内シンポジウム★
    安倍政権の『メディア規制』を許さない!
    〜表現の自由・知る権利は私たちのものだ〜
    ■とき 3月7日(月) 13時45分〜16時
    ※入館証は13:15より第2議員会館入口でお渡しします。
    ■会場:衆議院第2議員会館第7会議室
    ■内容:シンポジウム
    ◇コーディネーター
     海渡雄一さん[弁護士](実行委員会/対策弁護団)
    ◇シンポジスト
     田島泰彦さん(上智大学教授)
     岩崎貞明さん(MIC・民放労連)
     新崎盛吾さん(MIC・新聞労連)

    ◆Ustream中継:IWJ チャンネル5
    http://iwj.co.jp/channels/main/channel.php?CN=5

    ■共催:
    「秘密保護法」廃止へ!実行委員会
    日本マスコミ文化情報労組会議(MIC)
    秘密保護法対策弁護団
    ※国会議員の方には、随時発言・報告をしていただきます。
    ※時間が許す限り、会場の参加者の方との質疑応答や意見交換も行う予定です。
    ■資料代 500円
    ■「秘密保護法」廃止へ!実行委員会
    http://www.himituho.com/
    ●連絡先
    新聞労連 jnpwu@mxk.mesh.ne.jp/平和フォーラム 03-5289-8222
    5・3憲法集会実行委員会
    (憲法会議 03-3261-9007・許すな!憲法改悪・市民連絡会 03-3221- 4668)
    秘密法に反対する学者・研究者連絡会 article21ys@tbp.t-com.ne.jp
    秘密法反対ネット
    (盗聴法に反対する市民連絡会 090-2669-4219・日本国民救援会 03-5842-5842)

    2月19日、戦争法廃止法案が5野党と市民の努力で提出されました。市民の
    戦争法廃止の思いは全く衰えていません。戦争法廃止法案の提出に続き、
    秘密保護法廃止法案の提出を実現しましょう。

    秘密保護法が憲法に違反する違憲、違法の悪法であることが改めて明らか
    になりました。安倍政権が、秘密保護法は「国の収入支出の決算は、すべ
    て毎年会計検査院がこれを検査する」という憲法90条に優先するとしたの
    です。これは、「秘密」にかかわる収支については、会計検査院の検査を
    拒否できると宣言するものです。しかし、憲法90条は「すべて」と規定し
    ています。「すべて」は「すべて」でほかの解釈が入り込む余地はありま
    せん。内閣法制局の集団的自衛権の解釈変更に関する文書不作成に続き、
    憲法90条問題は秘密保護法は廃止しかないことを鋭く突き出しています。
    秘密保護法、戦争法は廃止しかありません。3・7「12・6を忘れない6日行
    動」にご参加ください。

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック