calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< November 2020 >>

categories

archives

カウンター

twitter

カレンダー

プラセンタ 効果

ランキング

朝日放送おはようコール 伊藤惇夫が衆院補選と神戸橋桁落下事故を語る

0
    永岡です、朝日放送のおはようコールABCの朝イチ!NEWS、今朝は政治アナリストの伊藤惇夫さ
    んのお話でした。
    今朝の朝刊一面トップは、政治ネタで、朝日は安倍総理の衆参ダブル選見送り、読売は衆院補選・北海
    道自民勝利、毎日も同じ(京都は投票率最低)、産経は熊本大地震の益城町の地盤のこと、日経は年金債
    務が企業圧迫です。

    衆院補選(北海道、京都)が今後の政局に与える影響、京都(不倫議員の辞職による)で民進党、北海
    道で自民が勝ち、北海道では自民の和田氏が野党統一候補の池田氏に競り勝ち、京都は民進党の泉氏がお
    おさか維新に大差をつけて勝ち、泉氏は平和と立憲主義を掲げて6回目の当選であり、しかし京都の投票率
    は補選では戦後最低、自民茂木氏は、安倍総理が北海道の勝利を喜んだと語り、民進党枝野氏は野党共闘
    は間違っていないとコメントしています。
    伊藤さん、これは参院選の前哨戦で、北海道は自民vs野党統一、京都は民進党の不戦勝で、補選は各政
    党の総力戦になり、ギリギリ北海道は与党が勝ち、当初自民が圧勝であったが野党が追い上げて大接戦、
    しかし出口調査で、無党派の7割が野党に入り、無党派層の自民離れで、野党統一候補と言っても政党に所
    属していないので選挙戦は不利で、与野党に反省材料になった(今後無党派をどう取り込むか)と言われ
    て、京都は維新が自民のピンチヒッターであったが、橋下氏のいない維新は弱く、しかし衆院補選でのこ
    の低投票率は問題と言われました。
    2007年、第1次安倍政権は補選で負けて退陣、2008年も補選で負けて政権を失い、伊藤さん、自民
    は1勝1不戦敗、自民には問題で、野党の戦力は立て直しで、そしてダブル選は熊本大地震により、伊藤
    さんはなくなったと思われると言われました。

    神戸での工事中の橋桁落下事件、警察は工事を請け負っていた業者を捜索であり、橋桁が滑り落ちた可
    能性があり、NEXCO西日本は原因を調査で、伊藤さん、想定外の落下と言われて、落下したのは橋桁
    の西側で、ジャッキが二つ無くなり、聞いた瞬間に阪神・淡路を思い出した人もあり、他でもこの工法に
    よる工事もあり、施工方法に問題があったのか、想定外で済まず、早急に原因究明・調査すべきで、工事
    にお金がかかる問題もあり、釣り上げるためのジャッキがなぜ落ちたか、手抜かりがあったか、安全の不
    備かであると言われました。

    この他の気になる新聞記事、産経から、熊本大地震で九州自動車道と九州新幹線が月内に復旧、伊藤さ
    ん、新幹線は2か月かかると言われて、GWには間に合うが余震もあり不安もあると言われて、またJR
    福知山線脱線事故から11年、JR主催の追悼式が今日開かれて、伊藤さん、最近JR西はヒューマンエ
    ラーを問わず、遅れを叱責されてあの事故での反省であり、これには賛否両論もあると言われました。S
    NSトラブルが中高年で起こっており、スタジオでは怖いものに触れないともあり、伊藤さん、便利な
    ツールではあるが、万一問題があったら、であり、伊藤さんは慎重に、しかし慎重すぎるのも、と言われ
    て、そして毎日の記事で、今日東京五輪のエンブレムが選ばれて、しかし落選エンブレム展があり、伊藤
    さん、エンブレムをそれほど気にすることはない、エンブレムの良しあしで五輪が成功するのではないと
    言われました。



     

    スポンサーサイト

    0
      • 2020.11.24 Tuesday
      • -
      • 08:15
      • -
      • -
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする








         
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック