calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

categories

archives

カウンター

twitter

カレンダー

プラセンタ 効果

ランキング

文化放送ラジオ 大竹まことのゴールデンラジオ 金子勝 沖縄の問題、日米地位協定の問題を語る

0
    永岡です、文化放送ラジオの、大竹まことのゴールデンラジオ、金曜日には慶応大の金子勝さんが出ら
    れました。室井佑月さんも同席です。
     大竹紳士交遊録、金子さん、沖縄のことで、サミットは影が薄く、G7も世界2位の中国や新興国なし
    では無意味であり、観光ホテルでやっているだけであり、中国のピンチなのに中国なし、消費税増税先送
    り=公約違反のためのセレモニーで、日米でオバマ氏のセレモニーのために広島に行くものであり、沖縄
    で、ジョン・ミッチエルさんが取材して、沖縄の海兵隊に、沖縄県民のことを偏向してデタラメを教え
    て、海兵隊はもてるとか、沖縄の世論は感情的と沖縄を馬鹿にしたものが暴露されて、本土のメディアは
    あまり取り上げず、沖縄での女性殺害事件後も、30日だけ夜間外出禁止で、もちろん再発防止にならず、
    金子さん、沖縄で女性が惨殺されて、その前にも観光客がレイプされて、もう米軍はムチャクチャであ
    り、日米地位協定(日米アメリカ優位協定(c)二木啓考さん)は不平等、明治維新の不平等条約と同じで、
    治外法権、基地に逃げたら罪に問えず、主権も在民もなく、不平等があるなら、米兵に規律があるわけは
    なく、沖縄県民と米兵は対等ではなく、米兵は植民地だと思っていて、オスプレイも米軍の住宅の上を飛
    ばず、なぜ日米地位協定があるのか、治外法権があるから、米兵に特権の意識があり、米軍は沖縄でやり
    たい放題であり、今回は軍属の犯罪ではあるが、海兵隊の新人研修で沖縄を侮蔑することをして、そして
    本土の罪の意識を利用して、こんなことを新人研修でやることは、沖縄県民と米軍は対等ではなく、世論
    に日本本土は敏感になるべきで、沖縄は負担が重いと新人研修で言うべきであり、ミッチェルさんの報告
    の背景には、日米地位協定の問題に、国民は全員気づくべきで、しかし安倍政権は中国や北朝鮮があるか
    ら、沖縄の米軍に守ってもらうという世論誘導をしている。
     室井さん、オバマ氏が遺憾と言った意味を問われて、金子さん、形だけ、遺憾だけでは何も実効性はな
    く、翁長知事を会わせないのはおかしい、アメリカなら知事はこういう席に同席させるものであり、セレ
    モニーであり、東京新聞の佐藤優さんのコラムで、これは沖縄に冷たい政権と書かれており、金子さん、
    地位協定がこの差別を生んでおり、米軍に日本の法律を守るべきと言うべきであり、金子さんは右翼的な
    人たちが、不平等条約を糺すことを一人も言わないのはおかしい、安倍総理は言うだけであり、室井さん
    も日本のことを無視されていると指摘されて、金子さん、対等の感覚はなく、ご領主様への隷属で、95年
    の少女暴行事件で、8万人の集会があり、基地を無くさないといけないとなり、普天間移設になり、翁長知
    事は保守だが、米軍に沖縄は蹂躙されて、犯罪が永続化されることに怒り、辺野古ゴリ押しを安倍政権は
    やっており、沖縄の人権が蹂躙されているのに、安倍政権は糺そうとせず、であり、大竹さん、外務官僚
    はアメリカに隷属していると指摘されて、金子さんはそれを肯定して、終わりました、以上、金子さんの
    お話でした。

     

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック