calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

categories

archives

カウンター

twitter

カレンダー

プラセンタ 効果

ランキング

TBSラジオ 荒川強啓デイ・キャッチ 青木理 リオ五輪問題、東京都知事選とポケモンGOを語る

0

    永岡です、TBSラジオの、荒川強啓デイ・キャッチ、月曜のレギュラーはジャーナリストの青木理さ
    んでした。
    オープニングはロシアのドーピングとオリンピック問題、スポーツジャーナリストの生島淳さんのお話
    がありました。今回のIOCの決定は根性なし、WADAはロシアの出場停止を決定できず、IOCは各
    競技団体に難題を振っており、IOCは各国の競技団体28が加盟し、そこに判断をゆだねて、しかし時間
    のない中に各団体は押し付けられて、競技団体を統括する連盟に押し付けたものであり、しかしIOCは
    落ち着いたところに落ち着いたものであり、オリンピック開催にロシアは大切で、バッハ会長とプーチン
    大統領は盟友であり、それで各競技団体にゆだねて、IOCはWADAの報告を即にできず、IOCは政
    治の世界に触れられず、ロシアは旧西側の圧力と言うものの、オリンピックは政治的な要素であり、国際
    的な団体に判断させて、各競技団体にロシアは参加を申請し、ドーピング問題を検査して、またCASに
    ゆだねて、CASは検査して調停するだけで判断せず、各競技団体に指示させるものであり、ロシアでも
    オリンピックに出られる選手と出られない選手があり、過去にドーピングしたらアウト、テニスはOK、
    ウエイトリフティングはアウト、体操、柔道はプーチン氏が国際柔道連盟の会長で、このような関係もか
    かわり、しかし陸上はアウトであり、28の競技団体で決めて、日本は1600mに出られることになり、まさに
    てんやわんや、後2週間なく、8月6日に競技開始のものは大変で、IOCはブラック団体、無理をさせると
    言われました。
    このリオ五輪へのロシア選手の出場について、プーチン氏はロシアの勝利と語り、ロシアの8人の出場が
    認められて、青木さん、現地に見切り発車で入った選手もいて、オリンピックはIOCのイベントではな
    く、WADAの調査が本当ならロシアが国家ぐるみでのドーピングなら、オリンピック史上最悪のスキャ
    ンダルであり、しかしIOCはスポーツ大国のロシア(メダル3位)と対立したくないが、ドーピング問題
    は続いており無くならず、これについて日本はドーピングの摘発例はほとんどなく、日本がドーピング撲
    滅をすべきと言われました。

    リオ五輪、来週には開幕で、青木さん、選手が飛行機のチケットを取れず、しかし日本は治安が良く、
    治安が悪いのは多少仕方ないが、観戦に行く人は気を付けてほしい、近づいていけないところは調べて
    行ってほしいと言われました。
    東京都知事選について、都民の9割が関心を持ち、青木さん、序盤戦を3人の街頭演説を聞かれて、知名
    度で小池氏と鳥越氏がリードし、増田氏はそうではなく、それが序盤戦の世論調査に出たのに1週間で変わ
    り、鳥越氏の苦戦は文春のスキャンダル報道によるものか、他の理由か、わからないがあと1週間、目が離
    せないと言われて、今の雰囲気は、知名度から様相が変わり、しかし小池氏はまだ自民を辞めたわけでは
    なく、慎太郎氏、猪瀬氏、舛添氏とムード、知名度で決めて痛いことになったことを考えるべきと言われ
    ました。また重視するのは2位に人柄であり、これは簡単にわからず、これがどうなるか、まだ決めていな
    い人があり、これからどうなるかと言われました。

    ASEAN共同声明、南シナ海の中国のことについて、仲裁裁判の結果に言及できず、2013年の再現を
    恐れてフィリピンが妥協したためであり、ラオス、カンボジアの反対もあったためで、これについて青木
    さん、中国は総力を挙げて外交をして、フィリピンは仲裁裁判の結果を聞けてとしても、中国の経済援助
    を受けている国は反対できず、各国の温度差があると言われて、強啓さん、中国の思惑と隣国のことを指
    摘されて、青木さん、日本もアジアの大国であり、中国との対立を避けているものの、中国にはひどいこ
    ともやっており、日本も中国とちゃんと話せる環境を作り、中国が仲裁裁判の結果を無視するようなこと
    のない外交努力がいると言われました。

    デイキャッチャーズボイス、反骨のジャーナリストの青木さんがポケモンGOについて語られて、青木
    さん、久々と言われて、音楽、ゲームのどの文化で、最近は細分化されて、子供も大人も知っている歌
    は、永六輔さんの歌は同時代人はみんな知っていたのに、今の流行歌、テレビ番組でもみんな知っている
    文化はここしばらくなく、その中で大きな世代の共有できる文化だと語られて、青木さんは大学生でドラ
    ゴンクエストがゲーム、中学でインベーダーゲームであり、しかし今までのゲームは一人でして閉じこも
    るものなのに、これは交通事故などの弊害もあるものの、外にたくさんの人の出られるものはなく、青木
    さんの家の近くでも子供たちがたくさんやるコミュニケーションを取るツールであり、子供は考えてい
    て、卵を孵化させるのに歩かないとだめであり、青木さんは10km歩き、これは覚悟のいる距離で、赤坂−
    川崎の距離で、健康にもよく、使いようもあり、経済効果もあり、ボケストップ、アイテムをもらえるな
    どのものもあり、赤坂に20か所あり、ボケストップに行くと、名手旧跡もわかり、東京で広島の被爆した
    木を植えたものも、これであったことを青木さん知られて、勉強になる10km歩きであり、応用したら、町
    おこし、観光になり、マクドが提携して、ジムをやっているものの、自治体との連携もやったら観光資源
    になると青木さんはまられて、青木さんはしかしすぐに飽きると言われても、親子でポケモンを探す、新
    宿中央公園で知らない人がつながる、親子の会話を作るツールであり、危ない面、迷惑の面もあるもの
    の、肯定的な面を使ったら面白いと言われて、強啓さん、これで誘拐されるとか負の面を考えたのです
    が、青木さん、負の面を減らして正の面を大きくして、日本を理解してもらう道具になったらと青木さん
    締めくくられました、以上、デイ・キャッチの内容でした。
     


    スポンサーサイト

    0
      • 2019.10.14 Monday
      • -
      • 07:38
      • -
      • -
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする








         
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
       10代新有権者の参院選の都内投票率は全体の投票率より3ポイントも高い投票率だった・今後の政治革新の基軸になりそうだ、東京都知事選は、都内の18、19歳にとって参院選に続く投票の機会になる。教育政策や地域間格差、20代前半で迎える東京五輪・パラリンピッ
      • 国民の生活が第一は人づくりにあり
      • 2016/07/26 7:38 PM