calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

categories

archives

カウンター

twitter

カレンダー

プラセンタ 効果

ランキング

半田滋さん(東京新聞)と学ぶ 安全保障関連法の正体は?

0
    以下の通り、半田滋さんの講演会を企画いたしました。
    安倍政権の狙い、安全保障関連法の影響なども含め、いまいまの状況をお話しいただけると思います。
    東京の世田谷ですが、お近くの方はぜひお誘いあわせてお出かけください。
    =半田滋さん講演会のお知らせ=
    ◎半田滋さん(東京新聞)と学ぶ 安全保障関連法の正体は?
    お話:半田滋さん(東京新聞論説委員)
    日時:2016年10月25日(火)午後7時〜9時(開場6時半)
    会場:世田谷文化生活情報センター5Fセミナールーム
    (東京都世田谷区太子堂4-1-1 キャロットタワー内 
    東急世田谷線、東急田園都市線三軒茶屋駅下車)
    資料代:800円
    共催:今とこれからを考える一滴の会 03-5313-1525 hitosizukunokai@gmail.com
    世田谷市民運動いち 03-3706-7204 
    協賛:ふぇみん婦人民主クラブ平和部会 
    新任務を付与される自衛隊の南スーダンへの派遣が迫っています。このままでいいのでしょうか? 安全保障関連法によって、自衛隊はどうなるのか? 廃止のために私達ができることは? 東京新聞の半田滋さんにお話を伺い、ともに考えましょう。
     
    【半田滋さんからのコメント】
     天下の悪法、安全保障関連法が施行されて半年。安倍首相の「日本はますます平和になる」との言葉とは裏腹に中国、北朝鮮は軍事攻勢を強める一方です。誤算をごまかしたい安倍首相は11月に南スーダンPKOに派遣される青森市の陸上自衛隊部隊から「駆け付け警護」「宿営地の共同防衛」を新任務として与え、「安保法は必要だ」と強調することでしょう。内戦に陥った南スーダンで、自衛隊はいつ武器使 用しても不思議ではありません。決断すべき新任務の付与ではなく、部隊の撤収ではないでしょうか。安保法の正体を一緒に学んでいきましょう。(東京新聞論説件編集委員・半田滋)
    半田滋(はんだ・しげる)さんプロフィール
     1955年(昭和30)年生まれ。下野新聞社を経て、91年中日新聞社入社、東京新聞論説兼編集委員。獨協大学非常勤講師。92年より防衛庁取材を担当している。2007年、東京新聞・中日新聞連載の「新防人考」で第13回平和・協同ジャーナリスト基金賞(大賞)を受賞。

    スポンサーサイト

    0
      • 2019.10.17 Thursday
      • -
      • 21:35
      • -
      • -
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする








         
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック