calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

categories

archives

カウンター

twitter

カレンダー

プラセンタ 効果

ランキング

朝日放送おはようコール 二木啓考&小西克哉がトランプ大統領当選とその影響を語る 

0

    永岡です、朝日放送のおはようコールABCの朝イチ!NEWS、今朝はジャーナリストの二木啓考さ
    んのお話で、アメリカ大統領選のために、国際ジャーナリストの小西克哉さんも参加されました。
    今朝の朝刊一面トップはもちろんすべてトランプ大統領当選です。まさかの結果であり、トランプ氏の
    勝利宣言は過激ではないのですが、今後どうなるかです。

    そのトランプ新大統領、どこに向かうのか、大方の予想を裏切ってトランプ氏がクリントン氏に勝って
    次期大統領になり、これもアメリカン・ドリームなのか、70歳のトランプ氏が45代大統領、クリントン氏
    が勝利を祝福したということであり、クリントン氏のねぎらいに始まった勝利宣言、トランプ氏は富豪で3
    度の結婚歴があり、政治経験はゼロであり、クリントン氏は女性が大東洋になれないのをガラスの天井と
    言い、ヒスパニック系の方も、クリントン氏は支持できないと言い、他方、トランプ氏反対のデモも全米
    にあり、アメリカは分断されて、トランプ氏はアメリカの結束を語り、これについて二木さん、トランプ
    氏の圧勝について、ほとんどの予想はギリギリでクリントン氏が勝つとしても、隠れトランプ氏、世論調
    査ではトランプ氏支持と、大きく言えなかった人たちが大量に投票した結果と言われました。
    ニューヨークの現地で取材されている小西克哉さんの電話報告があり、ニューヨークは冷たい雨が降
    り、ニューヨークは静かで、今回の結果、世論調査ではクリントン氏が勝つと予想されて、小西さんもク
    リントン氏の勝ちを予測して、しかしトランプ氏の勝利宣言を取材されると、トランプ氏も勝てるとは思
    わず、世論調査は外れて、これがこの1年のアメリカの、けば立ったものを表しており、識者同士が衝突し
    て、トランプ氏のクリントン氏をねぎらったのは、伝統にしたがったものであり、FBIの捜査関係が、
    オクトーバーサプライズの最たるものであり、前代未聞のことが無数に続いたと言われて、二木さん、小
    西さんに聞かれて、ニューヨークの町の中でトランプ氏とクリントン氏の対立はあるかと聞かれて、小西
    さん、政敵には悪口を言わず、様々な要素があり、ニューヨークも分裂しているというのです。

    そして、トランプ氏の勝利に日本も大変であり、開票とともに円が暴騰して、一時101円まで上がり、株
    は900円以上下げており、同盟国のリーダーとして向き合う安倍総理は日米同盟をやると言い、稲田”白紙
    領収書”防衛大臣はトランプ氏の当選は想定内と語り、松井知事は橋下氏に似ていると言い、各国の反応
    は割れて、プーチン氏は今最悪な米露関係の改善に期待、中国は警戒、韓国も不安に思い、ドイツも警戒
    であり、フィリピンは歓迎、ドゥテルテ氏は祝福であり、トランプ氏は中国から雇用を取り返す、日本車
    に38%の関税をかける、など、これについて二木さん、日中韓の東アジア情勢、世界の力学が変わり、メ
    ルケル氏は移民問題で人間の尊厳と言うものの、東アジアの安定に関しては、トランプ氏の関心は少な
    く、これが各国の反応につながり、本来なら金正恩氏のコメントもあるべきで、中国の南シナ海問題もト
    ランプ氏がどう思っているのかも重要だと言われました。

    トランプ氏の国内政策はどうか、移民を排斥して、メキシコと国境に壁、イスラム教徒入国禁止、アメ
    リカは世界の警察官ではいられない、日本にはすごい金持ちであり、莫大な金を払う気はない、北朝鮮か
    らは自分で守れ(守ってほしければ金を出せ)と言い、日本政府がTPPのごり押しをしても、しかしト
    ランプ氏はTPP反対であり、小西さん、トランプ氏の政策について、過激な政策の実現性は不明で、し
    かしメキシコとは壁があり、これを万里の長城みたいにするのか、ゼロから作るのではなく、イスラム教
    徒入国禁止は非現実的であり、実現性のないことをバンバン語っており、トランプ氏は政策を語らず、外
    交もほとんど語っておらず、誰がブレーンになるかで決まり、アメリカの外交は、クリントン氏の当選を
    想定しており、誰が外交を担当するかは懸念されて、大統領の権力は大きく、アメリカは政権が変わると
    官僚も変わり、優秀な側近に恵まれたらいいが、トランプ氏一人ではできず、しかし周囲は二流の人たち
    ばかりであり、優秀な側近はないと言われました。TPPは仕切り直しであり、現地ではトランプ氏の政
    策は論議されず、要するに過激さで受けており、この結果はエライことだと言われました。
    そして、トランプ氏の対日政策、在日米軍にもっと金を出せ、日本は核を持て、TPP反対、二木さ
    ん、日本への影響は大きく、これは選挙戦の公約で、実際に実現するか、トランプ氏は再び強いアメリカ
    であり、オバマ氏の、世界に優しいアメリカから、世界に手を貸さないアメリカ、内向きになり、国内政
    策は他人に手を借りない、移民を排斥、強いアメリカであり、感情だけでものを言い、日本も核を持ては
    もちろん実現できず、集まったスタッフが止めると思われて、では強いアメリカを作るために邪魔なもの
    を排斥する、日本に基地の負担を知ろというのは無知の成せるものであり、世界の組み換えをできるか、
    これで支持を集めてしまい、しかし大統領としてうまく行くかは未定で、アメリカ国民がどうついていく
    かと言われました。
    また、レディ・ガガが抗議しており、アメリカの芸能人は政治的な立場をはっきり言い、女性の大統領
    誕生のなかったことを抗議したと言われました。

    本日の気になる新聞記事、トランプ氏の記事で、日経の記事、トランプ氏のプライベートを書いて、二
    木さん、聖書を重んじると言っても、奥さんは3人と言われて、朝日の記事で、連邦議会選もあり、共和党
    が両院で過半数であり、民主党壊滅、二木さん、これも事前の予想と外れて、隠れ共和党の支持者、圧倒
    的にクリントン氏に人気がなかったと言われて、朝日の記事で、パリ協定への影響、トランプ氏は地球温
    暖化はでっち上げ(中国のでっち上げ)でパリ協定を破棄すると言い、二木さん、強いアメリカ=工業を
    伸ばす、環境のために我慢するのではないと言われて、毎日の記事で、円高株安で中小企業にしんどく、
    外国人観光客にも影響して、二木さん大変なハレーションを危惧されました、以上、二木さんと小西さん
    のお話でした。

     


    スポンサーサイト

    0
      • 2020.08.15 Saturday
      • -
      • 07:51
      • -
      • -
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする








         
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック