calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

categories

archives

カウンター

twitter

カレンダー

プラセンタ 効果

ランキング

朝日放送おはようコール 小西克哉が安倍総理の真珠湾訪問とヨーロッパの極右台頭を語る

0

    永岡です、朝日放送のおはようコールABCの朝イチ!NEWS、今朝は国際ジャーナリストの小西克
    哉さんのお話でした。
    今朝の朝刊一面トップは、全て安倍総理の真珠湾訪問です。現職総理初の真珠湾訪問、オバマ大統領と
    一緒です。

    その、安倍総理の真珠湾訪問、昨日の夜、突然の発表で、今月26,27日にオバマ大統領ととともに行き、
    犠牲者の慰霊のためであり、2度と戦争の惨禍を繰り返さない、日米の和解の価値を発信すると言い、真珠
    湾攻撃は75年前、死者2400人、真珠湾では毎年12/8に慰霊祭、安倍総理の訪問の背景、今年5月にオバマ大
    統領が現職大統領として初の広島訪問、謝罪外交と批判されて、安倍総理は未来への同盟の意味を世界に
    発信すると言い、これについて小西さん、訪問は今しかできないと言われて、この決定をアメリカのメ
    ディアも大きく報じて、8日で真珠湾攻撃から75年、先月のAPECで立ち話でやって、大統領交代の前に
    やり、しかしトランプ氏とも会談したのにオバマ氏は不満、大統領ではまだない人間に安倍総理が行って
    オバマ氏は不快感で、その代償にハワイで真珠湾に行き、安倍氏、オバマ氏にもプラスで、日米関係を見
    直すトランプ氏へのけん制、75年経って、中国は政治利用するが、これを、戦争していた国が仲良くでき
    ると見せることで、日米のジャーナリストでも、互いの交流を言っていた人もあり、オバマ氏はこういう
    ことに興味があり、キューバとの和解もして、安倍氏もそれで支持率を上げて、官邸外交が好きで、支持
    率の低い内閣ではできず、皆既日食みたいなもの、コンビネーションは75年に1回、フランスとドイツは和
    解をしているが、日本とはこの機を逃すとなく、アメリカでは日本の謝罪は不十分との声があり、今しか
    ないと言われました。

    イタリアの、憲法改正を問う国民投票は否決であり、レンツィ首相は辞意を表明、国民投票では議会の
    権限を小さくする(政府の権限拡大)ものなのに、レンツィ首相は否決されたら辞めると言ったことで、
    レンツィ首相の進退が関心になり、五つ星運動の元コメディアンのグリッロ氏の進展、イタリアでは若者
    の3人に1人が失業、緊縮財政も不満で、これからヨーロッパはどこに行くのか、EUは大丈夫か、小西さ
    ん、憲法改正と言っても、議会を1/3にするなど過激すぎて、イタリアはファシズムの本家、権力集中を反
    省して、分散させて、分散により決められない政治となったものの、右翼政権になったらトップのみで決
    められたら困り、これは極右を止めるためのもので、しかし反対したのは極右であり、レンツィ首相が辞
    めると言わなかったら結果は変わり、イタリアは銀行の不良債権も44兆、豊かな北部のみ賛成した。
    そして、ヨーロッパで極右が進展して、現状に不満だと伸びて、小西さん、EUの限界が来ており、失
    業率が高く、EUは各国に緊縮財政をやれと言うものの、お金持ちのドイツは良くても、ドイツの言うこ
    と=EUで、中央集権に各国が反発して、各国で左派の政党が弱く極右が伸びてしまい、来年は各国で選
    挙で、EUを引っ張ってきたドイツとフランスが右派になったら、EUは音を立てて崩壊すると言われま
    した。

    本日の気になる新聞記事、毎日の記事で、伊達直人が名乗り、タイガーマスク運動のきっかけとなった
    男性が本物のタイガーマスク35周年で名乗りを上げることになり、200年のクリスマスに伊達直人の名で寄
    付、タイガーマスク運動は広がらず、スタジオでもタイガーマスク運動のことを覚えているとの声があ
    り、小西さん、運動と言うより一過性のもので、これが起爆剤になればと言われて、朝日の記事で、バク
    チ法案で推進派の谷川氏が質問時間に般若心経を唱えており、40分の質問時間で28分から般若心経を唱え
    ており、スタジオでも失笑が漏れて、これについて小西さん、質問するのが議員の仕事でスピーチすべき
    ではなく、質問は質問だけ、税金を返せ、般若心経だと罰が当たる、こういうことこそニュースで報じる
    べきと言われて、読売の記事で、ニュージーランドの首相が辞任、家族のためというもので、小西さん、
    欧米の政治家で、家族のためにと引退する例はあり、しかし何があったのかと言われました。以上、小西
    さんのお話でした。



     


    コメント
    管理者の承認待ちコメントです。
    • -
    • 2016/12/15 8:15 AM
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    -
    管理者の承認待ちトラックバックです。
    • -
    • 2016/12/06 9:32 AM