calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

categories

archives

カウンター

twitter

カレンダー

プラセンタ 効果

ランキング

飲食業24時間営業の危機

0

    永岡です、毎日放送のニュース「VOICE」にて、辻憲太郎さんの企画、食べて分かった、今や当た
    り前の飲食店の24時間営業が危機に瀕していることが取り上げられました。
     牛丼、ラーメン、ファミリーレストランと、飲食業の24時間営業は当たり前で、深夜まで働く方も多
    く、夕食が深夜の方に受けていますが、しかし、ここに人手不足による危機があり、これは24時間営業の
    店で、若い労働力の奪い合いになり、ある牛丼の店では、自動券売機にて、卵を生か半熟かを選ぶことに
    なり、従来は客と従業員のやり取りでやっていたものもやる余裕がなくなり、自販機で15秒の短縮です
    が、それでも効果があるというのです。
     飲食業の人手不足は、時給を深夜営業だと1400円出さないと集まらず、これは7年前のリーマンショック
    時の2割増し、それでも出して労働力が欲しい、であり、ガストなどを運営するすかいらーくは、24時間営
    業を止めるところも出ています(全国900数十店舗の2/3にて)。
     他方、この時代に、24時間営業を売り物にするラーメン店もあり、ここは店員とお客のやり取りはなし
    で、モニター越しに注文などして、回転すしの要領でラーメンをお客さんに出して、この投資に5000万円
    かかっても、面白いと言うので集客の効果はあり、どころか正社員を連れてきたら40万円、アルバイトの
    あっせんにも15万円出す、という状態です。
     背景には、若い労働力の不足、15歳〜35歳の人口は20年前の半分で、他方、飲食業やホテルなどのこの
    世代の戦力を要する求人はこの10年で10万人増えて、24時間営業のお店にはしんどいところもあるので
    す。
     
     これを見て、私が思ったのが、まず、24時間営業のお店を要するような長時間労働、深夜労働の問題、
    求人はあっても、非正規雇用などで、このような長時間労働を求める労働形態にまず問題があり、谷口真
    由美さんが、正月はみんなで休もうと言われていましたが、このようなことには疑問もあり、さらに、今
    の求人で悲鳴と言うのは、バブル期と瓜二つであり、40代以下の皆さんには理解できないでしょうが、バ
    ブル期にはいくつもの内定を取った場合、社員をホテルなどに拘束することが80年代まであり、しかし、
    このバブルは外国人観光客の激増などの要因によるもので、日本の景気が良くなったためではなく、そし
    て、昨日報じられた、神戸での赤ちゃんポストも、助産院のために許可が下りないと報じられて、熊本だ
    と病院なので許可された…と言うのですが、この国の根幹が崩れていると私には思えて、日本は大丈夫な
    のでしょうか?以上、VOICEの内容でした。


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック