calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

categories

archives

カウンター

twitter

カレンダー

プラセンタ 効果

ランキング

関西イベント 2/4(土)映画『太陽の蓋』上映 with 菅直人・橘民義 於:京都精華大

0

    京都精華大の細川です。Bccで失礼します。

    (複数MLに同報につき、重複してご覧になる方、ごめんなさい。)

     

    お正月にお知らせした上映会&座談会を、2月4日に無事おこなうことができました。

    300名以上の参加があり、盛会でした。

    ご来場いただいた皆様、また、広報拡散していただいた皆様、まことに有難うございました。

    http://itacim.blogspot.jp/2016/12/nuke.html 

     

    京都新聞が記事にしてくれていました。

    http://www.kyoto-np.co.jp/politics/article/20170204000099

     

    座談会といってもゲストとフロアの質疑応答が中心で、予定時間を40分以上延長して、熱く、深く、また時には可笑しく、トークが展開されました。

    当日の座談会部分の録画が下記サイトにて公開されていますので、関心のある方はぜひ御覧ください。

     

    (1)http://iwj.co.jp/wj/open/archives/361249(ハイライト動画5分)

     

    (2)録画完全版(1時間50分)はIWJ会員アーカイブ(上記URLからリンク)で視聴可

     ── 会員にならずにこの録画だけをスポット料金=300円で閲覧することも可能です。

    http://iwj.co.jp/shop/subscription/fee/single.php?imid=SN-0001&acid=M361249

     

    (3)当日のツイキャス中継の録画(内容は上記完全版と同じですが、画質が粗い)は

    こちら ↓ で、当分のあいだ、公開されています。 

    http://twitcasting.tv/iwj_kyoto1/movie/344449386

     

    また、座談会で紹介のあったゲストの著作は、下記の通りです。

    ・菅 直人(2012)『東電福島原発事故 ── 総理大臣として考えたこと』幻冬舎新書

    ・福山 哲郎(2012)『原発危機 ── 官邸からの証言』ちくま新書

     

     

    以上、御礼とお知らせまで

     

     

    2017/01/04 18:38、Hosokawa K. <magpie@kyoto-seika.ac.jp> のメール:

     

    恭賀新春 <(_ _)>

     

     みなさま本年もよろしくお願いいたします。京都)細川弘明です。新年早々 Bccにて失礼します。

     重複してご覧になる方、ごめんなさい。

     

     きたる2月4日、京都精華大学におきまして、映画『太陽の蓋』の座談会つき特別上映をいたします。

    皆さまどうぞお誘いあわせの上、お越しくださいませ。入場無料、予約不要です。

     

     

     以下、概要です。 転載・拡散歓迎

    ( http://itacim.blogspot.jp/2016/12/nuke.html )

     

     

    ***(後略)***

     

     

    細川 弘明 拝 < twitter.com/ngalyak > 

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    原子力市民委員会主催 公開フォーラム(2016.6.12)

    「 『人間の復興』に必要な医療と健康支援とは?

      ── 原発事故5年、いま求められていること」

    録画公開中 ☞ http://youtu.be/YwhJd6Sl65I

    【★New!】記録集 ☞ http://www.ccnejapan.com/?p=7353

     


    コメント
    管理者の承認待ちコメントです。
    • -
    • 2018/01/25 9:57 PM
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック