calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

categories

archives

カウンター

twitter

カレンダー

プラセンタ 効果

ランキング

朝日放送おはようコール(2017/3/14) 小西克哉が森友学園と稲田大臣のいかがわしい関係とサウジアラビアの情勢、大阪万博を語る

0

    永岡です、朝日放送のおはようコールABCの朝イチ!NEWS、今朝は国際ジャーナリストの小西克
    哉さんのお話でした。

    今朝の朝刊一面トップは、朝日は政府の働き方改革の残業時間月100時間規制、読売も残業上限のこと、
    毎日は天皇退位の特例法成立へ、日経も同じ、産経は森友学園に大阪府が刑事告発を検討、府に建設費の
    過少申告が理由です。

    森友学園問題、稲田大臣が顧問弁護士であったと野党が追及して、稲田氏はこれを否定し、籠池氏が法
    律相談などしていないと必死に否定、先週は面識があっても10年会っていないと言うものの、籠池氏の証
    言で2年前に会っていると証言して、民進党の小川氏が、森友学園の訴訟の準備書面で、稲田氏の名前の書
    かれたもの(2005年)を出すと、稲田氏は1+1=サルマタと言い訳して拒否、本当に稲田氏のいうように無
    関係か、籠池氏は菅野完さんのインタビューに答えてネットで流れており、稲田氏と2年前に会ったと言
    い、稲田氏は業界の筋の会合であったと言い、稲田氏は2005年に初当選、今朝の毎日、産経には、稲田氏
    が森友学園の裁判に出廷した記録が載っており、これについて小西さん、2004年の裁判記録が毎日に載っ
    て、13年前に森友学園の裁判に関係して、籠池氏と一切関係ないという答弁は間違い、籠池氏と稲田氏の
    思想は、教育勅語の肯定も共通しており、日本会議に所属、しかし日本国憲法で教育勅語は否定されて、
    主権は天皇ではなく国民なのに、それを否定するのは稲田氏も籠池氏も同じで、籠池氏の裁判に出たと言
    うべきで、何が後ろめたいのか、右翼なら堂々と右翼と言うべきで、自分の思想を否定するのは、何かや
    ましいことがあるからで、前顧問弁護士でも、霞が関の官僚は忖度するもので、それの立証は困難で、国
    会で野党に頑張ってもらうしかないと言われました。

    世界屈指の大富豪、サウジアラビアのサルマン国王が来日、1000人の王族らの随行員と来て、どれだけ
    のオイルマネーを日本の店に落としてくれるのか、サウジは世界2位の石油埋蔵量を誇る国(日本に最大の
    原油供給国)、国家収入の7割が石油で、労働人口の7割が公務員、1日1時間も働かず、そのサウジが高級
    車ベンツの大名行列、オイルマネーを見せつけるようなもので、総理主催の晩餐会もあり、明日まで日本
    に滞在、その後中国に行き、専用のタラップ、高級ハイヤーが来て、小西さん、ベンツもサウジから持っ
    てきたが、ヨドバシカメラではなくもっと高いところで買ってほしいとまず言われて、来日の理由は、原
    油安で財政がしんどく、財政赤字、失業率も高く、資源のない中成長した日本を学びたく、サルマン国王
    は石油を売るだけでは国が傾くとして改革しているものの、サウジは王家の国で、中東の北朝鮮みたいな
    もの、少数民族になったら弾圧されて、税金がなく、公務員は働かずともやれて、議会もなく国王の意の
    ままにできる国で、地方は部族長がやり、部族長にお金を出さないとだめ、日本の平安時代のようなも
    の、部族がたくさんいてその上に国王がいる体制が21世紀に生き延びているのはアメリカの庇護のため
    で、日本人を拉致しないのと石油があるだけが北朝鮮との違いで、しかしオバマ氏はサウジを見限ろうと
    したこともあった、と言われました。

    読売の36面の記事で、大阪万博の報告書がまとまっても、命がキンキラキンに輝くと言うものの、2025
    年の万博にはパリが立候補して、政府は来月にも正式に立候補であり、ツッコミどころ満載の関西弁での
    企画であり、スタジオでも誰に対するアピールかとの声があり、小西さん、命輝く未来なら何でもあり、
    霞が関の役人がそう思っただけ、関西出身者が書いたのか?霞が関は大阪を小ばかにしており、2025年は
    パリに勝てると言うものの、、本家のパリとの闘いはしんどいと言われました。

    本日の気になる新聞記事、読売35面の記事、勉強の調査、高校生は居眠りも多く一夜漬けの勉強も多い
    と言うものの、小西さん、正直日本が報告しているためで、アメリカの高校生は先生が言うだけのものは
    少なくアクティブラーニングを2,30年前からやり、日本の授業のやり方にも問題があると言われて、朝日
    の35面の記事で、犬のかみつき事故が相次ぎ、しつけられても、乳幼児がいると注意する必要があると小
    西さん言われました、以上、小西さんのお話でした。


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    -
    管理者の承認待ちトラックバックです。
    • -
    • 2017/03/14 10:30 AM