calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

categories

archives

カウンター

twitter

カレンダー

プラセンタ 効果

ランキング

【3・17、3・27@京都】 山城博治さんらの長期勾留弾劾! 山城博治さんらを直ちに釈放せよ! 抗議と連帯の行動を共に!!

0

    山城博治さんらの長期勾留弾劾! 山城博治さんらを直ちに釈放せよ! 抗議と連帯の行動を共に!!

    山城博治さんらの長期勾留弾劾! 山城博治さんらを直ちに釈放せよ! 
    https://www.facebook.com/events/1417479911605734/
    https://www.facebook.com/events/439300063076102/ 
    https://www.facebook.com/okinawakyoto/?ref=bookmarks

    沖縄県東村高江のヘリパッド建設に反対する非暴力直接行動のなかで、沖縄平和運動センター議長の山城博治さんらが逮捕され、長期勾留が続いています。 

    辺野古新基地建設反対、高江ヘリパッド建設反対の先頭に立ってきた山城博治さんは、昨年10月17日に北部演習場で器物破損したとして逮捕されました。10月20日には拘留棄却されたにもかかわらず、その日のうちに公務執行妨害罪と傷害罪容疑で再逮捕、11月11日には 公務執行妨害罪で起訴、11月29日 には、昨年 1 月のゲート前ブロックを積み上げたことを威力業務妨害として逮捕されました。そして一連の捜査で山城さんのほかに2人が長期勾留されています。(うち1名は3月8日釈放) 

    逮捕以来、山城議長は接見禁止処分が付き、弁護士以外、家族とも面会ができないままでした。3月13日になってようやく妻多喜子さんとの接見が実現しましたが、裁判所側の主張は長期勾留の理由と同様、共謀・共犯による「証拠隠滅のおそれ」です。 

    しかし、有刺鉄線の切断や防衛局職員に対する公務執行妨害、傷害罪の事件、更にゲート前でのコンクリートブロック積み上げについて、隠滅できる証拠が果たしてどこにあるのでしょうか。3月17日に第1回公判が確定していることから見て、検察及び裁判所は公判維持のために必要な捜査を終えています。これ以上、勾留を続ける相当の理由は認められません。直ちに釈放すべきです。 

    山城博治さん等への長期拘留と接見禁止は、これらの事件を「共謀による共犯罪」として仕立て、沖縄平和運動センターを組織的破壊集団にデッチ上げ、辺野古新基地建設阻止の先頭で奮闘する沖縄平和運動センターを組織解散に追い込む狙いが隠されています。断じて認めることはできません。 

    長期勾留は、従来から問題視されてきた日本の「人質司法」が、在日米軍基地をめぐる日本政府と沖縄県の対立の深まる中で、政治的に問題化したとみられる非常に憂慮すべき事態です。 

    このような中、最高裁は2月20日付で山城議長の保釈を求める特別抗告を棄却しました。「法の番人」どころか、またもや「三権一体」となって国策を遂行する「権力の番犬」に堕した姿をさらしました。 

    私たちは改めて山城博治さんらの即時釈放を求め、微罪での国策逮捕を弾劾します。 



    【当面の行動予定】 

    ■3月16日〜19日 第一回公判傍聴・辺野古現地抗議行動 

    ■3月17日(金)18:30〜19:30 京都タワー下 第一回公判連帯 街頭宣伝 

    ■3月27日(月)18:30〜21:00 ひと・まち交流館第5会議室 第二回公判連帯 現地報告会 

    【呼びかけ】 
    No Base! 沖縄とつながる京都の会 
    米軍Xバンドレーダー基地反対・京都連絡会 


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック