calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

categories

archives

カウンター

twitter

カレンダー

プラセンタ 効果

読書メモ

ランキング

毎日放送ラジオ 笑い飯哲夫の明るく楽しいニュースシャワー(2017/3/16) 有馬晴美 アッキード事件を語る

0

    永岡です、毎日放送ラジオの、笑い飯哲夫の明るく楽しいニュースシャワー、森友学園の問題、ニュー
    スフラッシュ、菅氏は籠池氏の献金をASSが受けていないと言い、事務所、昭恵氏の関係もないと語
    り、哲夫さん、オモロイくらいの話題と言われて、誰かシナリオを描いているのかと、政治評論家の有馬
    晴美さんのお話があり、今回は何と電話ではなく、スタジオに来られてのお話で、有馬さん、専門家の端
    くれでも、専門家でも人の気持ちはわからないと言われて、本当にあったか、献金は昭恵氏が講演時に置
    いて行ったというのも、本当かわからず、菅氏は昭恵氏の寄付かもしれないと言うものの、しかし昭恵氏
    からのものを、籠池氏はASSからと解釈した可能性があると言われて、しかしそれは野党の餌になる、
    野党はそれが仕事と哲夫さん言われて、有馬さん、菅野さん言い分だと、今日ぶちまけるとしていて、福
    島みずほ氏も行っており、お金の問題で、もともとは国有財産を有利に手に入れた疑惑、国有財産を有利
    にしたらだめで、さらに補助金のこともあって学校はアウトでも、稲田氏、そしてASSの関与があった
    ら、自民党の中で声を出しにくく、疑惑のみが独り歩きした。
     そして、稲田氏が10年前に縁を切ったと言うのに、籠池氏は2年前に会ったと言い、しかし稲田氏が忘れ
    たと言うから、憶測を呼び、大臣が虚偽答弁、男性議員が女性関係で追及されたらプライベートだが、国
    有財産の関係であり、大臣であり追い込まれて、このまま支持率が落ちたら、ASSが辞めろか、説明し
    ろか、しかし辞めさせたらASSの責任になり、辞めろと野党が攻撃するのは当たり前。
     稲田氏、靖国に行くのは当たり前と言い、思想的に一致するので、ASSは大臣にした、お友達内閣の
    可能性はあるかと有馬さん哲夫さんに問われて、哲夫さん、日本が好き(軍国主義ではない)の子供を育
    てるので任せても、教育勅語のことは知らず、日本を大事にする子供を育てると指摘されて、有馬さん、
    自分と同じ考えの人は信頼できるとなり、それで籠池氏と稲田氏は考えが近く、根っこが一緒であったの
    に、それが切れてしまい、以前は懇意→何かの原因で不仲であり、しかし理由がわかればすっきりするの
    に、わからないので一日稲田氏は追及されて国会は終わる。
     有馬さん、証人喚問でも籠池氏は何を言うかわからず、自民党は何か変なことを言われるかもとして消
    極的であったが、言ったことの裏付けを取るのに時間もあり、それまで風評被害の可能性があり、それで
    民間人に偽証罪を問うのは難しく、民間人に証人喚問は難しい。
     入学予定の子供は公立に振り分けても、特徴のある学校で、親が行かせたく、それで問題もあり、哲夫
    さん、そういう子供も、日本はいいに凝り固まったものを友達にほぐしてもらうのもいいと言われて、有
    馬さん、大阪は学力が高くなく、学力のためにハードルを下げて、そこに役人の弱みがあり、そこを籠池
    氏に突かれたと指摘されて、哲夫さん、様々なものをつけて問題になったと言われて、財政的に学校は厳
    しく、それで昭恵氏を名誉校長にしたら入学希望者が増える、安倍晋三小学校だと寄付金が集まる、小学
    校はみんな1年からで、財政も困難であり、しかし財政が籠池氏の思うままになり、そこに疑惑であり、A
    SSは、かかわりがあったら政治家を辞めると言ったものの、昭恵氏が寄付金としてやって辞めるのか?
    ASSは粘り、野党は攻撃する構図と見られて、今後の展開は有馬さんも分からず、籠池氏の意図、稲田
    氏の意図もあり、何が真実か、忖度は今年の流行語大賞になり、国会中継も視聴率が上がると締めくくら
    れました。以上、有馬さんのお話でした。

     なお、森友学園の問題を、最初に提訴された木村真豊中市議の、日刊ゲンダイへのインタビューがあり
    ました。
    https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/201557
     ご参照ください。

     


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック