calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

categories

archives

カウンター

twitter

カレンダー

プラセンタ 効果

ランキング

ご紹介 「野党共闘」成る 燃え始めた、4.1「共謀罪NO!諏訪地方100人委員会」結成集会・パレード

0

    権力者による国家の私物化を許すな!

               共謀罪粉砕!市民野党勢揃いで結成集会・アピール行動

     

    4月1日、諏訪地域各界の149名が加入する「共謀罪NO!諏訪地方100人委員会」が

    結成されました。共謀罪粉砕の一点で共鳴し合う個人が加入する勇気ある連帯が生れました。

    その共同代表7名は、飯田悦司・石川文洋・遠藤真弓・藤沢仙芳・松山孝志・毛利正道・山田皓一の各氏。

    まさに民進・共産・社民・無党派市民の大連合が発足しました。

    結成集会では、共同代表の2名、毛利正道さんによる「方針提起」と、

    遠藤真弓さんによる「結成総会宣言」が大きな拍手で採択されたあと、

    一斉に「共謀罪NO1」のボードを掲げて参加者の決意を示し、

    引続き、並木通りなどを大声でコールしながらアピールウオークしました。

    富士見町の作家下嶋哲朗さんが、集会に寄せたメッセージで

    「何より恐ろしいのは、国民が自己規制のため、自ら黒いマスクを付け始めること」

    と喝破したとおり、共謀罪の狙いは、まさに、国民に抵抗させずに悪政を推し進めること!なのです。

    戦後70年築いてきた、曲がりなりにも国民が主人公であるとする国の形を根っこから壊してしまう、

    もっと言えば、「森友」に一端が示された如き、権力者が国家を私物化してしまう共謀罪を決して許してはなりません。

    フェイスブックは、

    https://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=1906851469601719&id=100008306530326&pnref=story

     

    共謀罪でも明るくコールしましょう

    4月1日「共謀罪NO!諏訪地方100人委員会」結成集会後の
    アピールウオークで、このコールを初めて実施しました。
    共謀罪は、内容が恐ろしいだけに暗い感じに映りやすい、...
    だから、戦争法時以上に明るくアピールすることが大事、
    声は明るく元気に大きく!

    これで完成版とは思っていません。
    皆さんも各地での実践例を出して見て下さい。

    どこでも明るく大きな声でコールしましょう!

    ・テロに限らない共謀罪!     ・国を変えてしまう共謀罪!  
    ・「オリンピックに必要」、大嘘だ!・警察がウロウロ共謀罪! 
    ・盗聴、尾行にGPS、かべに耳あり共謀罪!  
    ・ウインクも危ない共謀罪!  ・メールも危ない共謀罪!  
    ・おしゃべりも危ない共謀罪!  
    ・デザイン写しても共謀罪!  ・うたごえも危ない共謀罪!
    ・「私たちの(区切る)声(こえー)を聞いて」が狙われる!   
    ・会社が赤字、危ないよ、 詐欺の疑い、かけられる!   
    ・戦争推進、共謀罪!    ・戦時体制 もうすぐだ!  
    ・だれもが危ない共謀罪! ・見ざる言わざる共謀罪!
    ・憲法がなくなる共謀罪!   ・本当にいいのか共謀罪! 

    フェイスブックは、

    https://www.facebook.com/photo.php?fbid=1906856156267917&set=a.1444682515818619.1073741828.100008306530326&type=3&theater

    ===================================================== 

    毛利正道   mouri-m@joy.ocn.ne.jp

    出張相談も大いに承りますhttp://www.lcv.ne.jp/~mourima/

    394-0005岡谷市山下町1-21-24-101法律事務所こんにちは

    tel0266-75-1512   fax0266-75-1513   携帯090-4096-7065

    =====================================================


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック