calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

categories

archives

カウンター

twitter

カレンダー

プラセンタ 効果

ランキング

朝日放送おはようコール(2017/4/17) 伊藤惇夫が日本の北朝鮮対策の無策と千葉での女児遺体遺棄事件を語る

0
    永岡です、朝日放送のおはようコールABCの朝イチ!NEWS、今朝は政治アナリストの伊藤惇夫さ
    んのお話でした。

     今朝の新聞一面紹介、朝日は北朝鮮弾道ロケット失敗、毎日、産経も同じ、狙いがわからず、アメリカ
    の副大統領韓国訪問直前の軟化か?読売は熊本大地震本震1年、まだ44000人が仮設住宅にいる、日経は景
    気拡大が家庭に波及していない、です。

     その北朝鮮のこと(トランプ大統領が恐喝しているのですが?)、ロケットは祝賀行事の翌朝に発射し
    ても発射直後に爆発して失敗、朝鮮半島情勢の緊迫する中、故・金日成氏の生誕105年の15日、正男氏は黒
    いネクタイで参加、アメリカの挑発→全面戦争、核戦争と息巻いて、パレードでは新型兵器などを初公開
    して、特殊部隊も初参加、しかしロケットは大失敗、式典の取材に来ていた海外メディアは自国の報道で
    知ったもので、準長距離のものであり、北朝鮮はロケット発射などを繰り返して、失敗の連続、核実験は
    準備が出来ているのか?昨日の発射は、ペンス副大統領の韓国訪問に合わせてか?これについて伊藤さ
    ん、今回の発射は正男氏にはギリギリの選択、アメリカに行くようなものをやる、核実験→アメリカにや
    られる、しかし何もしないと国内にアピールできず、国内アピール&アメリカに攻撃されないものをやっ
    たと言われて、日本は中国の大使館経由で抗議、20日に北朝鮮人民軍創設記念で、伊藤さん、アメリカの
    トランプ大統領が何をするのか?アメリカの挑発に引かない、チキンレースでの選択、アメリカは発射を
    予想していた節があり、北朝鮮は中国頼みのところがあり、キーは中国、日本は抗議しても、それ以外の
    外交的な努力は何もせず、傍観者ではなく、日本はアメリカと中国に任せっきりで危機感のみ煽るのみ、
    安倍総理はサリンを飛ばすと言っても何も対処せず、危機感のみ煽って何もしない、日本独自でなにか北
    朝鮮にやるべきと言われました。
    (ちなみに、ASS総理は、北朝鮮からサリンと言いながら、一昨日は桜を見る会を芸能人とやってお
    り、これへの批判がリテラにありました、http://lite-ra.com/2017/04/post-3079.html これは、瀧本邦
    慶さんが、自分たちが戦っている時に将校たちは銀シャリを食べていたと言うのと同じ、ASS政権の体
    質は太平洋戦争時と同じのようです)

     千葉で、小学生女児の遺体遺棄事件でPTA会長が逮捕されて(殺人容疑ではない)、遺体遺棄容疑で
    14日に逮捕、同じ小学校に通う二人の子供の父親で、女児が通う際に、容疑者は通学路におらず、事件
    時、女児の家の近くに容疑者がいて、容疑者の軽乗用車とキャンピングカーのことが防犯カメラに映り、
    行方不明時に軽乗用車で連れ去り殺害の容疑があり、キャンピングカーは数年前から動かしていなかった
    のに、今回動かして、あまりに近いところに容疑者がいて驚き、現場の遺留物とDNAが一致、容疑者は
    市の少年補導員もやっており、地域の防犯はどうすべきか?一度事故が起きたら被害の拡大を防ぐために
    集団登下校、ちなみに欧米では通学の保護者による見守りが当たり前で、ボランティアを監視するわけに
    もいかず、これについて伊藤さん、容疑者は過去に問題のある行動はなく、何も警戒する要素がなく、事
    件を防ぐべきでもこのような事態だと防ぎようがなく、知らない人について行ったらダメと言っても今回
    は顔見知りであり、近いところに容疑者がいて衝撃的、日本の見守りはボランティアで、保護者の見守り
    も共働き世帯だとできず、警備員を雇うにもお金のかかる問題に言及されました。
    (なお、遺体遺棄容疑で殺人の犯人視することへの批判も、弁護士の方からSNS発信されています)
     本日の気になる新聞記事、朝日35面、学芸員は一掃しろと山本大臣が暴言、観光客に暴言、伊藤さんこ
    ういう大臣を一掃すべき、安倍政権は支持率は高いが人選はムチャクチャ(稲田氏、金田氏、今村氏etc)
    と言われました、以上、伊藤さんのお話でした。
     

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    -
    管理者の承認待ちトラックバックです。
    • -
    • 2017/04/17 11:10 AM