calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

categories

archives

カウンター

twitter

カレンダー

プラセンタ 効果

ランキング

サンテレビニュースPORT(2017/4/18) ひまわりおじさんの被災地支援の書籍出版

0

    永岡です、サンテレビのニュースPORT、火曜日の震災特集、人と防災未来センターで語り部として
    活動される荒井勣(いさお)さん、被災地にひまわりの種を贈られて、がれきの町に花を咲かせる活動を
    続けられて、先月「あなたにもできる被災地支援」という本を出版されて、荒井さんの思いと、被災地支
    援について報じられました。
    https://www.kobe-np.co.jp/news/kobe/201703/0010021952.shtml
     若い世代に読んでほしいと言われて、人と防災未来センター、震災の記憶を後世に伝える資料が展示さ
    れて、国内だけでなく海外からもたくさん来て、荒井さんはボランティアスタッフをされて、阪神・淡路
    大震災以降20年以上全国の被災地を支援されて、自分の思いでするのではなく、相手の気持ちでやるも
    のであり、あなたもできる被災者支援、先月本を出版されて、被災者支援には資金も人材もいるが、荒井
    さんは大量の汗と少しのお金を使い、被災者に寄り添った荒井さんの活動、断水地域には水道の工事現場
    を見たらわかる、工事しているところは断水して、100ある中で何ができるかを、語り継ぐのではなく
    書き綴ったものであり、荒井さんも神戸市西区で被災し、自宅は半壊、これが荒井さんの支援活動の原
    点、震災後避難所に仮設の風呂を作り、4日で1000人以上集まり、ひまわりプロジェクト、被災地に
    ひまわりの花を、というもので、その後も、荒井さんは東日本大震災などの被災地を訪問して、被災者に
    喜ばれて、ひまわりおじさんの愛称で呼ばれて子供たちにプレゼントを届けるなどして、年賀状一つでつ
    ながるものもあり、大切なのは、善し悪しの判断は受けた人にさせて、状況把握が必要と言われて、防災
    士の杉尾須美子さん、荒井さんと協力して被災地でAEDの活動をされて、杉尾さんは荒井さんの雰囲気
    に入るのが良いとされて、荒井さん、この本をこれから支援活動を始める高校生、大学生に読んでほし
    い、普段祖父母の世話をしていなくても、被災地の支援に役立つものと言われて、荒井さんは、本にこめ
    た思いが花開くことを信じ、ひまわりおじさんも一人では旅ができず、多くの人に支えられて、全国の支
    援者への感謝があり、荒井さんは7冊目の出版で、文字による支援活動の継承です。以上、ニュースPO
    RTの内容でした。

     


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック