calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

categories

archives

カウンター

twitter

カレンダー

プラセンタ 効果

ランキング

毎日放送VOICE(2017/4/19) 自民党敵基地攻撃能力のこと&段ボール回収で生計を立てる人たちの実情

0

    永岡です、毎日放送のニュース「VOICE」の注目、ご存知のように、自民党の国防部会が、敵基地
    攻撃能力について検討していることが報じられました、三澤肇デスクの解説でした。
    石破元防衛大臣が、VOICEのインタビューで、敵のミサイル基地の攻撃能力について語り、他方来
    日したペンス氏が、北朝鮮を批判して、アメリカは別の空母を朝鮮半島に向かわせており、核、ロケット
    開発の北朝鮮、軍事パレードではアメリカに届く?ICBMのことも公開されて、これについて石破氏
    は、アメリカまで届く核開発で国交正常化をしようとして、大変な能力を北朝鮮は持ち、今まで想定して
    いないことが起きると言い、石破氏は、敵から攻撃されるなら、先に外国にある基地を叩くべき、それ以
    外に日本の独立と平和を守れないならやるべきと言い、専守防衛に反しないかとの問いに、国民がやられ
    ても専守防衛かと言い、自民党は敵基地攻撃能力について安倍総理に提言、しかし軍事評論家の前田哲男
    さんは、冷静な論議なし、一方的に、北朝鮮情勢に乗っての暴走と指摘されて、北朝鮮情勢は従来の安全
    保障の転換になるのか?三澤さん、今はミサイルで狙われたらイージス艦とパトリオットミサイルで対
    応、しかし石破氏は何発も撃たれたらアウトで、先に敵の基地を叩く反撃能力を持つべきというもので、
    日本の専守防衛には反して、相手の領土にミサイルを放つことには異論もあり、毎日新聞の福本容子さ
    ん、相手のミサイル基地などの情報なしに攻撃はできず、基本的な情報なしで相手を叩くことのみ論じら
    れて、また北朝鮮は自国民を飢えさせても戦争する国、それに防衛力で競争できるのかと言われて、司会
    の西靖さん、石破氏は侵略戦争ではないと言うが、今から侵略するとして戦争をした国はない、満州も国
    防から始まったと言われて、福本さん、冷静な情報が必要で、間違えった判断からやったら大変なこと
    で、外交の努力で何とかすべきと言われました。

    また、VOICEでは、特集で、大阪でリアカーを引いて段ボールを収集する男性の取材もありまし
    た。最初にお断りしますが、これは現在の大阪での話で、シリアやイラクの話ではありません。
    大阪の高架下にある段ボールの中で寝ていた男性、日中はリアカーで段ボールを集めて、夜は段ボールの
    中で暮らす方、大阪、日本橋には、段ボールで生計を立てている人がたくさんいて、店舗の方もこういう
    方に段ボールを提供、廃品回収業者からリアカーを借りており、高齢でしんどいひともあり、70代の男
    性は妻と一緒に段ボールを回収、20年以上こういうことをやる人もあり、しかし段ボールの回収でもそん
    なに儲からず、そんな中、月に10万稼ぐ男性、聖一さん(40歳)、この道10年の方であり、VOICEは
    聖一さんの1日に密着、朝リアカーを引いて出発、コンビニや酒屋の前でもらい、しかしすべての段ボール
    をもらえるのではなく、行政の回収に任せていて、許可なく段ボールを持って行ったら大阪市の条例に反
    して、速足で歩くのは約束があるからで、マンションの建設現場、そこでずっともらい、時間を言っても
    らうのでお得意さんであり、マンションで工事も長く、いつも通るので、もらえるようになり、他のマン
    ション建設現場も行き、ここ数年大阪の土地が上がり、マンションにしているところもあり、またネット
    通販で段ボール箱の需要も増えて、しかし、それが収入増にならず、軽い段ボールだと、重さで値段の決
    まる段ボールではしんどく、リアカーいっぱいの段ボールを回収業者に買い取ってもらい、1日で1300円に
    なり、今は聖一さん、廃品回収業者のところで寝泊まりしているものの、その前はホームレス、高校では
    バスケをやっても、最初に就職した食品会社で体を壊して退職、その後派遣業を経て、29歳でホームレス
    になり、それで段ボール回収を始めて、しかし最初からうまく行ったのではなく、桜の咲き始めた今月始
    め、聖一さんが段ボール回収の際に呼び止められて、いつも前を通る聖一さんに気付いた家から段ボール
    ももらえて、生きるためにやむを得ずやっている段ボール回収で、聖一さんは生計を立てて、元旦以外は
    364日やり、1日25km歩き、福本さん、20代で派遣切り、ホームの方は日々の努力の中で信用ももらえた
    が、しかし健保には入らず、休めず、健康を崩したら終わりであり、まだ40代、次のステップも考えられ
    るものだと言われて、西さん、こういう方の目から社会も分かると言われました。
    これが日本の現実で、私もトンデモ企業で体を壊しており、何がドアホノミクスだ、です。日本という
    国そのものが、メルトダウンしています、以上、VOICEの内容でした。

     


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック