calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

categories

archives

カウンター

twitter

カレンダー

プラセンタ 効果

ランキング

ネットワーク1・17(2017/5/7) もし、ドライブ中に災害にあったら?水害編 平井寛稔さんのお話

0

    永岡です、ネットワーク1・17、第1065回、今週もMBSアナウンサーの千葉猛さんとフリーアナウン
    サーの野村朋未さんの司会で放送されました。
     リスナーのお葉書、お菓子リュックの輪が大人にも広がるように、とあり、千葉さんも家族のコミュニ
    ケーションになったと指摘されました。宮城の防災リポーターの方からも、震災後店に食べ物がなく、震
    災後甘いものを6日目に見つけて勤務先でみんなで食べたとの声もありました。お菓子は災害時に、役に立
    ち心を満たすものなのです。

     今秋は車で出かけることも多いシーズン、車で災害に会ったら?がテーマで、冠水したアンダーパスで
    死亡事故もあり、こういう時の対策、車のロードサービスをする、一般社団法人・日本自動車連盟JAF
    のロードサービス(http://www.jaf.or.jp/bousai/index.htm )の、平井寛稔(ひろとし)さんのお話が
    ありました。
     GW最終日、これから行楽シーズン、車で出かける人も多く、JAFは車のトラブル時に駆けつけてく
    れるものであり、野村さんもお世話になったというもので、災害時に、邪魔になった車両の排除のロード
    サービス特別支援隊を2008年から開始、特別な訓練もして、経験ある隊員を集めて研修であり、大災害で
    は、東日本大震災、熊本大地震で救援活動して、これからの季節、台風、大雨の水害、雨の日はJAFの
    出動は、雨だと車で出るのが多く、視界も悪く車のトラブルは多くなり、大雨の際に気を付けるべきは、
    大雨のニュース、ある程度の水なら走行できても、水深10cmで走行は可能で、しかし30cmでブレーキに水
    が入り効きが悪くなり安全に問題、水たまりでエンジンが止まるのは、30〜50cmでマフラー浸水でであ
    り、ひざ下くらいで止まってしまい、車は意外に水に弱く、深いところは走れず、しかし車に乗ると水位
    は分からず、水も濁ると水深も分かりにくく、タイヤを溝に落とす例もあり、大雨時に危険なのは、雨水
    がアンダーパスにたまり、すり鉢状のところに水があったら絶対に入ってはいけない、道路、鉄道の下
    の、下の掘っているところだと沈み、ゲリラ豪雨だとそういう道は避けてほしい。
     ゲリラ豪雨が多く、瞬く間に水はたまり、車が止まったらすぐに車を置いて避難、しかし車を置くのは
    ドライバーには不安で、ブレーキを確実にかけて、鍵をつけて、緊急車両移動時に対処するためで、アン
    ダーパス、注意しても深いところに入り、車が水浸しになることもあり、その際には、ドア、窓が開いた
    らそれで足元に地面を確認して、足元が不安定だとけがもあり、車の進行方向と逆に避難してほしい、先
    はもっと深くなっており、車の進行方向と逆に戻るようにして、ドア、窓が開かないと、水深の深いとこ
    ろで、車はすぐには沈まず、シートベルトを外して、車は密閉されており、緊急時に慌てず、シートベル
    トが引っかかることもあり、まず外して、ドアが開くか、深い水深だと水圧差でドアが開きにくく、その
    後水が車内に入るとドアは開きやすくなり、そこまで我慢して、ドアが開いたら社外に脱出、ドアは、半
    分まで水があったら人の手で開けるのは困難で、水圧は大きくかかり、車が沈んだら、ガラスを割るに
    も、車のガラスは素手では割れず、ガラスを割る緊急脱出ハンマーがあり、大きいカッターナイフみたい
    な、工事現場で使うようなタイプであり、これで割れる、カッターでシートベルトも切断できて、これで
    フロントガラスを割り、しかしなかなかバラバラにならず、運転席や助手席のガラスを割り、ガラスは飛
    び散らないようになっており、取り外しに手間はかかり、割れない場合、どうしたらいいか?割るのは時
    間もかかり、千葉さんも車にハンマーを用意しておられて、しかし平井さんの紹介されたものとは異な
    り、千葉さんのタイプだと割れず、接触面積が大きいと割れないものであり、金槌型だと割れにくく、専
    用の道具が必要であり、専用のハンマーを用意、フロントガラスではなく横の窓を割るべきで、大雨だと
    水が濁り、なかなか分かりにくく、道路と溝、境目が見分け付きにくく、脱輪のこともあり、四輪駆動は
    通常より高くても、タイヤを落とすとエンジン停止、四輪駆動も水には弱い。
     車で、津波により浸水したものが、後日自然発火する可能性があり、塩水でショート、発火であり、海
    の水だと、高潮の時も同じであり、海水でなくても、冠水したら電気機器がさびてショートの危険性もあ
    り、冠水後はちゃんと整備すべきで、冠水したらエンジンをかけない、可能ならバッテリーを外すべき
    で、水害対策は、緊急脱出ハンマー、青い丸い、座布団のような、一人用のテントがあり、トイレの個室
    になるもので、トイレ本体もセットされており、他には工事現場にあるようなヘッドライト、懐中電灯は
    手に持つと作業しにくく、頭につけるものは便利で、女性用の日用品をまとめたセット、リュックサッ
    ク、中にはシート、コットンがあり、リュックにも水を入れられて、車にあったら便利、JAFのHPか
    ら、災害対策の商品も買える。
     HPには、水に沈んだ動画もあり、一度見たら、何かあった時に役に立つものなのです。
     平井さん、大雨時の車の心得、ハザードマップがあり、普段から知っておくべきと締めくくられまし
    た。
     千葉さんも、色々なことが分かったと言われて、命を守るためのものであると言われました。以上、今
    週のネットワーク1・17でした。


     


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック