calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

categories

archives

カウンター

twitter

カレンダー

プラセンタ 効果

ランキング

5/27藤田早苗さん講演~共謀罪法案が上程された今、考えてみたい!~ 「国際社会から見た日本の表現の自由とメディア」

0

    藤井悦子です。
    是非ご参加ください。(拡散お願い)

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    ~共謀罪法案が上程された今、考えてみたい!~
    「国際社会から見た日本の表現の自由とメディア」
            国連特別報告者・調査報告を踏まえて

                藤田早苗さん講演会 @ 京都

    Facebookイベントページはこちら:
    https://www.facebook.com/events/1833142960341759/

    (転送自由です。拡散を希望します。)

    日時: 2017年5月27日(土)18時30分から(18時開場)

    場所: 京都教育文化センター103号 (定員100名、先着順)
    http://www2.odn.ne.jp/kyobun/

    参加費 : 1000円(原発事故避難者、学生、障害者/同伴者は無料)

    近年、表現の自由やメディアの独立性が危ぶまれる日本・・
    昨年4月に「表現の自由に関する国連特別報告者」のデビッド・ケイ氏が
    公式調査のために来日し、その中間報告で、特定秘密保護法、政府の
    メディアへの圧力とメディアの萎縮、ヘイトスピーチ、慰安婦問題や教科
    書検定などに触れ、メディアの独立性や国民の知る権利のために対策
    を講じるよう政府に求めて帰国しました。

    デビッド・ケイ氏が、日本外国特派員協会で記者会見を2016年4月19日
    に行いました。その様子が下記サイトから閲覧できます。

    「日本で報道の自由が危機に瀕している」
    https://www.youtube.com/watch?v=oqPJFsY7VWE

    この調査に基づき、今年6月には最終報告書が発表され、ケイ氏は国連
    人権理事会で報告し日本政府との対話が行われます。

    この国連調査の実現に尽力し調査にも同行して、かつ、最終報告書への
    情報提供も行ってきたのが、講演者の藤田早苗さんです。彼女は、人権
    理事会に先立って(英国から)一時帰国し、特別報告者の日本への勧告
    について説明し、また国際社会で日本の表現の自由やメディアがどのよ
    うに評価されているかを紹介します。

    講演会では藤田氏が独自に収録したケイ氏のビデオメッセージを公開し、
    BBCなどの海外メディアの例も紹介する予定です。

    特定秘密保護法が施行され、共謀罪新設も狙われている今、表現の自
    由とメディアについて、ぜひ一緒に考えてみませんか?


    講師: 藤田早苗(ふじた さなえ)さん

    (英国エセックス大学人権センターフェロー)専門は国際人権法。2013年、
    特定秘密保護法を英訳して国連に通報しその危険性を国際社会に周知。
    昨年4月に実施された表現の自由に関する国連特別報告者の日本調査
    実現のために尽力、現在も日本国内外で日本の表現と情報の自由にま
    つわる諸問題について問題提起を続ける。名古屋大学大学院国際開発
    研究科修了。英国エセックス大学で国際人権法学修士号、法学博士号
    取得。


    主催 : 藤田早苗さん講演会実行委員会 (実行委員募集中!)

    実行委員 :
    竹内由紀子(安全保障関連法に反対する医療・介護・福祉関係者の会)
    中川勉 (NHK を憂える運動センター・京都)
    藤井悦子 (アジェンダ・プロジェクト)
    松本修 (秘密保護法廃止を求める府民有志・ロックアクション有志)
    村上敏明 (元 京都市職員、元 向島図書館長)
    内富一 (NO BASE!沖縄とつながる京都の会)
    松竹伸幸 (かもがわ出版 編集長)

    問い合わせ先 : hujitasanaesankouen@gmail.com 、080-2009-6794 (携帯5/5~5/27)

    ・・・・・・・・・・・・・・・
    ここまで


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック