calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

categories

archives

カウンター

twitter

カレンダー

プラセンタ 効果

ランキング

報道するラジオ(2017/5/15) 憲法9条に自衛隊明記の意味、高作正博さん、武田一顕さんのお話

0

    永岡です、第244回報道するラジオ、今週も毎日放送アナウンサーの水野晶子さんの司会で放送されまし
    た。
     本文の前に、皆さんこれを読まれたら驚き、怒るでしょうが、これが現実です!明日、読まれた皆さん
    の血圧が上がっていても私(永岡)は一切責任を取りません!

     その前に、本日の、毎日放送ラジオの、弁護士の放課後、ほな行こか、で大阪弁護士会の方が、オバマ
    大統領の広島訪問は共謀罪なしで行けた、東京オリンピックはASSが世界一安全と言って招致したと批
    判があり、共謀罪、一般人は関係ないというのは詭弁と言われて、今の日本には数えきれない法律、刑罰
    があり、共謀罪の対象犯罪に著作権法があり、ピアノ教室を経営して、楽譜を勝手にコピーして使ったら
    共謀罪に引っかかるとの意見があり、安いコピーの店を調べたら準備行為と見なされるとのお話もあり、
    日常にありふれた行為が準備行為に問われる、これを準備行為と捜査機関、警察が決めたら共謀罪の対象
    になるというものであり、大阪弁護士会は共謀罪のパンフを作られて
    http://www.osakaben.or.jp/02-introduce/conspiracy/ )、電話やメールが盗聴される、話し合いを
    処罰するには監視が必須であり、監視社会が来る、監視社会はアカンと大阪弁護士会は主張されていま
    す。共謀罪反対のイベントが、5/21に大阪靭公園であります。
     また、毎日放送のVOICEにて、共謀罪のことが取り上げられて、民進党山尾氏の質問に、金田法相
    は毎度おなじみ日本語になっておらず、与党は維新を取り込んで衆院通過を目指し、維新の馬場氏は国民
    の立場から見てブレーキになったと自負して、自公維で与党は強行採決の印象を逃れるつもりというので
    す。VOICEは、馬場氏にそれなら連立を組まないのかと突っ込むと、こちらも日本語になっておら
    ず、連立ではなく政権にモノを言うとしており、そしてASSの悲願の憲法改悪に、共謀罪は布石か、立
    命館の松宮さんは、維新が共謀罪の妥協でやったと指摘されて、しかし自公維の野合で衆院を通過であ
    り、中野雅至さん、人権問題があり、その点の配慮がなく国民にブレーキではない、一般人についてのブ
    レーキでないと指摘されて、三澤肇さん、身柄拘束後の可視化であり、小手先で大事なものが決められ
    る、視界の西靖さんも、テロ対策だといいと思ってしまうと指摘されて、三澤さん、捜査の適正化どころ
    か、GPS捜査を合法化するもので、これには批判があり、西さん、与党を飛び越して右寄りと言われ
    て、三澤さん、維新は法案通過の魔法の杖、これで野党も賛成していると与党は言い訳できると指摘され
    て、西さん、大阪発の政党が本来の目的を逸して、与党にすり寄っていると指摘されました。

     本題、ASS(abe Shinzo Shusho(c)想田和弘さん)が5月3日の憲法記念日に、2020年に憲法改悪、9条
    に自衛隊を明記するメッセージを発したことが波紋を広げており、石破氏らの異論や、公明党からも慎重
    な発言があり、9条に自衛隊を明記する意味は何か、関西大学法学部の憲法学者の高作正博さん(2015/6に
    集団的自衛権の件でゲスト出演)と、TBSラジオ政治部記者の武田一顕さんが出られました。
     武田さん、東京からの出演、これまで唯々諾々とASSの言うことを聞いていた自民党の中でさすがに
    反発がある!と最初に言われました。高作さんは大阪のスタジオでの出演、かなり突っ込んで「この考え
    通りに行くか」、その通りに行った場合の意味を国民は考えるべきであり、国民はこの意味を理解してい
    るのか、と水野さん指摘されました。
     その、9条に自衛隊を明記する意味、ASSが何を語ったか、5/3の憲法記念日、憲法改悪を意図する集
    会へのビデオメッセージ、(1)2020年に新しい憲法、(2)9条の1,2項は残して、自衛隊を明記、(3)高等教育
    無償化、であり、高作さん、ASSの発言の印象は、2020年の「オリンピックの政治利用」の問題があ
    り、オリンピックと憲法は別であるべきで、政治利用は大問題、改悪案が唐突で、自民総裁としての発言
    としても、党内の合意なしであり、自民党の中で論議なし、武田さん、総理と総裁の一個人の中での分
    離、戦略としては正しく、国会で総理は憲法の遵守義務があり、国会の外で発言するにはこれしかない、
    窮余の一策でも「戦術はオリンピックだから」はおかしく、読売新聞を読めは不適切、戦略なし、生煮え
    で、本音を言っても、あまりに反発を招いて自分から憲法改悪から外れており、しかしビデオメッセージ
    は官邸で撮られた=総理としての立場、武田さんはそれほど問題ではないと言われて、水野さんも読売を
    読まれて、武田さん、一番怒るべきは読売新聞、人民日報ではない(笑)、習近平氏の言うことをそのまま
    書くのではなく、私企業が総理の機関紙と言われて読売は怒るべき、ASSは朝日の取材に応じたら本気
    だと思われて、自分の好きなメディアしか出ない、戦術ミス、反発を呼んでいる。
     リスナーより、総理と総裁の使い分けに批判があり、国会答弁、蓮舫氏の質問に、憲法にこの条文なし
    ではないと突っ込むと、ASSは例により日本語にならず、憲法学者の7,8割が自衛隊違憲、これについて
    高作さん、9条は憲法学者のために変えないと言い、9割が違憲とした戦争準備法案を強行採決しており、
    ASS発言は整合性なし、学説として9条の解釈の問題、自衛隊について、必要性と全く違うところで論議
    しており、水野さん、一般国民は自衛隊が必要か?災害時に活躍、緊張時に自衛隊否定はどうかと思うと
    指摘されて、しかし高作さんは憲法学者として、現実に変えないといけないではなく、9条から自衛隊は説
    明できず、だからと言って要らないという考えは別であり、違憲と言う憲法学者の多い理由は、根拠、理
    由は憲法で国家機関に権限を与える=憲法に規定なしで権限なし→自衛隊はそれに抵触して、自衛隊は9条
    の自衛権は出てこず、それが違憲の根拠。
     ASSは、政府が自衛隊合憲と言った意味、9条1項で戦争放棄、2項の戦力、しかし自衛権は否定されて
    いない、自衛のための最小限は、自衛隊発足時からの解釈=歴代政権は自衛隊をどう見てきたか、自衛隊
    は高作さんの上の世代から違憲と言い、それで変えるのは理由にならない。
     ASSは3項を追加する意味、戦争と戦力の放棄、不保持、武力行使否定、それで3項に自衛隊と言って
    も、それ以上具体的な中身はなく、どんな文言を入れるのか、高作さん、憲法審査会に任せるとしても、
    自衛のための最小の組織を置く、という条文は考えられて、自衛権の行使のため、必要最小限の「実力」
    (武力と使わずに議論してきた)と想定されて、もし、仮定として、自衛権行使のための自衛隊と位置付
    けると、自衛権は何かと論議になり、現状をそのまま認めるかも知れないが、自衛権、自衛隊については
    改悪後の政府見解にゆだねられて、自衛隊を軍隊と呼べず、しかし軍隊としての認められるものがあり、
    自衛隊と軍隊の違い、自衛隊は国家組織として武力行使する=ところが、軍隊では戦闘で殺傷しても隊員
    は責任を問われない、軍人として、殺人罪にならず、ところが、国外では軍隊、国内は9条のため軍隊では
    ないも、国外では捕虜となった場合のために軍隊として扱わないといけないというもので、そもそも国外
    に自衛隊の出ることは憲法は想定されず、矛盾する想定を日本政府が作ってきており、軍隊=殺人罪に問
    われない、自衛隊=殺人罪に問われる。
     自衛権の行使、自衛はどこからどこまでか、誰が決めるのか、戦争準備法案以前は、憲法にない自衛隊
    を想定=個別的自衛権のみ、ところが戦争準備法案にて集団的自衛権を認めてしまい、この自衛に、集団
    的自衛権が含まれる!
     今までの解釈と違うものになり、水野さんも難しいものの、皆さんには自衛権を9条に入れるのは現状追
    認と思っている人があると指摘されて、リスナーより、憲法が変わって国民生活はどうなるかと質問で、
    これについても共産党小池氏の質問、戦争準備法案での集団的自衛権が認められたら、自衛隊を9条に書き
    加える意味は、ASS政権が憲法蹂躙=憲法違反を憲法で追認→自衛隊は制限なく海外で武力行使と追及
    して、ASSの答弁は今まで通りの憲法の制約下と詭弁して、自衛隊を明記したら、海外派兵可能と小池
    氏の追及、ASSはそれを否定して、戦争準備法案の3つの要件に制限されていると言うことについて、こ
    れについて高作さん、「小池氏の言うことに説得力あり」、1,2項と3項の整合性、これが取れないと、武
    力行使する自衛隊を認めて矛盾、矛盾をなくすために憲法改悪、1,2項に3項を合わせるのか、逆に3項に1,
    2項を合わせると、1,2項を変える、憲法に矛盾する条文が複数あって、どうするか、後から作った規定が
    優先されて(後法有利)=9条の1,2項は抹殺される!3項が優先される!水野さん絶句!3項が最新で、
    1,2項の意味がなくなると指摘されて、高作さん、解釈の議論の際の決着の付け方であり、憲法についての
    考えがいろいろあっても、3項を追加したら1,2項に優先→9条文言、空文化の危惧がある!
     水野さんまた絶句、リスナーより、1つの条項では聞こえがいいが、総合で意味を成すとの質問があり、
    高作さん、体系になり、矛盾する条文の決着は後が優位になる!後で出来た→矛盾とあり、リスナーよ
    り、自衛隊を明記=9条の抹殺、戦争の出来る国になるかとの質問で、高作さんその通り!9条のなかっ
    た明治憲法時、自由を確保できず、9条と自由の確保は一心同体!9条は平和に生きる権利の土台=9条が無
    くなると自由がなくなる!
     軍事上必要だから基地を作る→表現の自由の否定、軍事が、人権も蹂躙するのです!

     後半のお話、水野さんもASSの意味を知り、しかし2012年の憲法草案、国防軍について、武田さん、
    ASSは国会答弁で、自民草案は忘れてくれ!あのままだと通らない、文章を読むと、あのままでは野党
    が議論しない&公明党も賛成しない、維新も乗れない、国会答弁でASSはあれを持ち出さない→草案は
    忘れて、別のもので、であり、しかし自民党内の反応は、これから話してくれとASSは言い、二階氏に
    指示、しかし石破氏も勢いの改憲を否定しているが、石破氏や、岸田氏(ずっと外務大臣)も否定、反
    発、批判、戸惑いもあるものの、新たな憲法草案にみんな反対するのではなく、今反発しても、党の中で
    反発したら出て行け、公認されない、お金をもらえない、最終的に反対者が出ても、自民党の分裂はあり
    得ないと武田さん言われて、今は小選挙区制で、楯突いたら選挙に勝てず、自民党で結論を出す、ASS
    が2020年と言い、下村氏は来年に案として、今年は案を出すのに集約で、2020年に憲法改悪になるか、A
    SSが自分の任期に改悪するか、それとも改悪の端緒を付けるのかわからず、しかしASSは揺れて、〇
    〇を変えたいとしても、去年は9条に手を付けないと国会で示唆して、親しい人にも言い、それが今年9条
    の本丸になり、憲法改悪は未知の部分があり、教育無償化は改憲の必要はなく、姑息、9条に加える→公明
    党は加憲と言い、ASSに話が合い、武田さんの取材で「ASSの体調が悪い」、2020年まで総理が出来
    るか、第1次政権はそれで崩壊、今回も焦り、読売を読め、オリンピックまでと荒いのは、その体調の悪さ
    によるもの。
     公明党は今は慎重でも、自民同様落としどころかと水野さん聞かれて、武田さん、平和の党として9条を
    変えるのは許されず、しかしそれで連立政権から離脱するか?憲法改悪にはそれまでに選挙があり、それ
    までに自民党の出す草案に乗るか、しかし公明党は踏まれても与党から離れない。
     維新も、基本的には憲法改悪について行くものであり、自公維でASSの通りに、多少の遅れはあって
    も、そのために一石を投じるものであったと武田さん言われるのです!


     ニュースは千葉猛さんの担当でした。
     昨日の北朝鮮のロケット発射、大きなもので、アメリカ本土も標的、アメリカに譲歩を迫るものであ
    り、ロケットの大気圏再突入も確認したと言い、2000kmまで行く、国際宇宙ステーションの400kmより上
    で、アメリカの専門家はこのロケットは4000km、しかしテポドン2号は10000km行き、今回は核弾頭が詰め
    ると北朝鮮は言うものであり、確実に攻撃できる兵器としての成功と自画自賛しても、韓国軍はこの自画
    自賛を検証すべきと言い、大気圏再突入の可能性も韓国は疑問、北朝鮮はアメリカとの交渉のためにこう
    いうものをやったと言うのです。
     今日、北海道で自衛隊機が消息不明、墜落の可能性もあると防衛省は言い、北海道知事の要請での病人
    搬送のため、自衛隊員4人、患者は乗っていません。
     沖縄は本土復帰45年、翁長知事は基地が沖縄振興の最大の阻害要因と言い、子孫が安心して暮らせる沖
    縄をと語り、人によっては、沖縄経済は基地に依存すると言うものの、今も米軍基地が沖縄に集中して
    も、「沖縄経済の依存度は下がり」、基地の収入は15%→2014年には5%! 那覇新都心は米軍基地の後
    を開発して、52億→1634億!経済効果は基地撤去で30倍、高作さんは沖縄でも教鞭を取られて、9条の考
    えと米軍基地は矛盾、本土復帰は9条を持つ日本へ行くのではなく、辺野古ゴリ押し、沖縄は意図している
    ものと異なり、これは黙っている本土の問題なのです。
     経営破綻寸前の倒芝(東芝)はまたまた決算発表延期、9500億の損失、5400億の債務超過!社長は謝っ
    ても、半導体売却、四日市の工場を運営するアメリカ企業が裁判で、これ次第では、倒芝が本当に倒産す
    るかも知れないのです。
     
     今週の内容、高作さんと武田さんのお話、武田さん、国会の共謀罪はどうか、与党は今週衆院通過を狙
    い、しかし遅れるかも知れず、金田法相の答弁はムチャクチャ、しかし来週かもしれないが、衆院は通過
    して、国会の会期を延長しても与党は共謀罪を通したく、リスナーから安倍一強のゆるみとあり、武田さ
    ん、野党がだらしない、野党を鍛えないとダメと言われて、高作さん、共謀罪と9条の改悪、市民の批判が
    やりにくくなり、政府に反対する動きがしにくくなり、逮捕されるかも知れないと萎縮すると締めくくら
    れました。

     もうお判りでしょう、ASS政権は戦争にまっしぐらで、共謀罪はその一里塚であり、この内容、私に
    無断でいくらでも拡散してください、共謀罪、9条抹殺をASS政権に許したら、日本は、世界は破滅で
    す!

     


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック