calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

categories

archives

カウンター

twitter

カレンダー

プラセンタ 効果

ランキング

TBSラジオ 荒川強啓デイ・キャッチ!(2017/6/26) 青木理 岩盤に加計学園しか通れない穴をあけた、敵基地攻撃能力保有はマンガチック、加計学園問題とメディアのあり方を問う

0

    永岡です、TBSラジオの、荒川強啓デイ・キャッチ! 月曜日のレギュラーはジャーナリストの青木理
    さんでした。
    青木さん、テレビCMの、北朝鮮の攻撃に対するものをご覧になり唖然、そんなことをするより、ミサ
    イルの来ないように外交すべきで、しかしこのCMはテレビでも流されて、都議会選挙と同時期で、費用
    は4億もかかり笑えず、危機を煽ると政権に、自民党に有利と穿ってみたくなると言われて、強啓さんはそ
    れなら大笑い、何をやっているのかと言われて、青木さん、こんなものに億単位の金を使うことと、都議
    会選挙との関係、メディアには広告収入になり、こんなことをやっていていいのかと指摘されて、強啓さ
    んも、竹やりでB29を通すのと同じ、青木さん「原発を動かして頭を守っても仕方ない」と言われて、独
    裁政権に近いものだと言われました。
    (永岡注:私は神戸製鋼というASSもいた会社にいて、おかしな男が行き詰って、竹やりでも頑張った
    らB29と戦えると目の前で言われたことがあるのです、日本の「エリート」教育の欠陥、知性より痴性を
    持ったものが出世する戦前の体制はまだ生きているのです…ASSの日本語にならない答弁も、サラリー
    マン時代に嫌というほど聞かされました…)
    ニュースランキング1位は加計学園問題、2位は都議選、3位が藤井四段で、青木さん、精神的ケアの必要
    な保育士のことは気になり、待機児童問題もあるものの。受け入れる保育士の過酷さ、総合的な対策が必
    要と言われました。
    4野党は加計学園問題で臨時国会を要求したことがランキング1位、萩生田氏の新しい文書が出て、AS
    S(abe Shinzo Shusho(c)想田和弘さん)は逃げるなというもの、政府与党は応じず、ところがASSは
    週末に応援演説をしておらず、萩生田氏も姿を見せず、他方ASSは神戸で獣医学部の全国への新設を認
    めると言うもの、青木さん、官邸HPを見て、6/19のASSのコメント全文があり、言っていることと
    やっていることが正反対であり、加計学園問題、萩生田氏=首相の最側近が総理の意向と言い、臨時国会
    はもちろん、説明すべきなのにASSは逃げて、記者会見して反省しているふりであり、ASSへの支持
    不支持を問わず、誰が見ても説明しておらず、東京新聞が書いていたこと、憲法は1/4の賛成で臨時国会を
    開けるものの、いつまでかは書いていないと言うものの、自民の改憲草案には20日以来に開けとなってお
    り、ASSは自分の改憲草案を無視するのは納得できないと言われて、萩生田氏の発言の新文書、萩生田
    氏は加計学園で教師をして報酬ももらっており、岩盤規制と言うものの、加計学園のみ通る、自分の利害
    当事者しか通れない穴を通ったなら汚職の可能性があると言われました。加計学園しか通れない穴しか開
    いていないわけであり、頭を守ればミサイルから逃れられるもの、野党も、メディアも頑張らないといけ
    ないと言われました。
    2位は都議選、世論調査で自民と都民ファーストが競り合う展開であり、関心あるのは8割を超えて、こ
    れについて青木さん、30代以下の若い層の自民党支持が多い件、若いころは理想に傾倒して与党に批判的
    であったのに、若年層の自民党支持の強さには分析が必要で、都議選は都民ファーストが過半数を取れる
    かとともに、自民が敗北したら国政に打撃で、公明党が自民と離れているなどあるものの、青木さんの気
    になったのは、どの政党を支持する課より、新たな都議に取り組んでほしいのは医療と福祉、雇用であ
    り、豊洲と東京オリンピックは下位であり、都民は生活の不安などに取り組んでほしく、豊洲やオリン
    ピックよりやってほしいものがあり、若い人が自民党支持は将来への不安、青木さんの世代も不安だが、
    若い世代は変化より今の持続を望んでいると言われて、ASS政権がいい悪いより、切実な考えを持って
    いる人が都市部でも多く、ましてや過疎地はさらに深刻であると言われて、福祉、医療、子育て、生活な
    密着したものを都民が望んでいることを都議選の立候補者は知るべきと言われました。
    敵基地攻撃能力、自衛隊に最新鋭ステルス戦闘機に空対地ミサイルを配備と読売が報じて、2018年度予
    算につけるというもの、これについて青木さんのチェックが入り、ノルウェーの開発したミサイル、空自
    が今持っていないもの、射程は300kmで、他国基地の攻撃が可能になり、敵基地攻撃能力は憲法で認められ
    ても政府は保有しないとしていたものの、中国や韓国の反発は必至で、青木さん、離党防衛の美名で、大
    きな日本の軍事政策の転換で、専守防衛を放棄して、外国から侵略のためと見られても仕方なく、自民の
    軍事部会が中間報告書で、基地攻撃能力を検討すると3月に求めており、次期中期の計画に要求するもの
    の、それに合わせて読売に出て、憲法で認められても持たないとしていた敵基地攻撃能力を持つなら、敵
    基地攻撃能力を持つ持たないは机上の空論、対象は北朝鮮、中国、ロシアか?北朝鮮と思われても、世界
    最大の軍事国家アメリカも出来ないことを、日本のようなショボイ国に出来るのか、北朝鮮の政権中枢を
    叩くことはアメリカでも不可能で、日本が敵基地攻撃能力を持って何をするのかと言われて、敵基地を叩
    くには天文学的なお金が必要で、他方ミサイル防衛がいることになり、THAADミサイルもいるとかあ
    り、米軍と一体化して、戦後日本の軍事態勢の根本的な転換になり、戦争準備法案で変わった日本の矜持
    をこのままでいいのか、これに注目しないといけないと言われました。

    デイキャッチャーズボイス、新聞記事にある記者の署名についてのお話がありました。皆さん、見てお
    られるかと青木さん提起されて、加計学園問題に関して、新聞記事には書いた記者の名前があり、青木さ
    んが共同通信時代にはなく、海外の特派員のことのみ名前が載って国内記事にはなく、海外の特派員はス
    テータス、しかし毎日新聞が記者の名前を載せ始めて、朝日、東京新聞に載るが、欧米のメディアだと最
    初に書いた記者の名前が載り、誰が書いたか、どういう記者か、これまでどんな仕事をしていたか注目さ
    れて、読売は今も署名なしが多く、前川氏の出会い系の記事も署名なしで、しかしあれが署名記事なら、
    誰も書かなくなり、読売の社会部長は問題なしと開き直るが、署名をつけたら読者も記者の顔が見えて、
    記者も自分の書いた記事に責任を持つことになり、前川氏のことは、メディアの問題、情報源の秘匿、告
    発者と権力の関係などあり、前川氏は23日の会見でメディアについて語られて、NHKが最初に取材して
    も報じず、9/26の文書は朝日新聞の前にNHKが報じても黒塗り、テレビだと官邸の擁護しかしないコメ
    ンテイターがいて、自身の性犯罪がもみ消された疑惑のある人もあると指摘しており、青木さん、前川氏
    本物とのインタビューを取って流さないのはあり得ず、NHKが流さなかったのは、元事務次官の発言は
    それだけでニュースになり、NHKは萩生田氏の問題をクローズアップ現代で報じており、NHKの中で
    も政権に忖度と、逆のものもあり、また青木さんTBSのことや、読売のこともあり、公益に資するので
    はない、前川氏の誹謗中傷記事を署名記事で書く記者がいたのか、書くなら理由を言い責任もあり、加計
    学園問題、前川氏の証言と、それをどう報じるかについて、ジャーナリストは組織だとフリーだと責任が
    生じて、様々なことを考えさせられたと青木さん言われて、強啓さん、前川氏のように危機感を持ってい
    たことを取り上げられて、青木さんが問題にしたのは、メディアが守秘義務違反と言っており、これは青
    木さんは守秘義務違反をそそのかしていることになり、しかし世の中のためにを報じているのに、記者が
    守秘義務違反を問う倒錯、NHKのインタビューを報じない、政権の太鼓持ちジャーナリスト(山口敬之
    氏、元TBS)もいる、メディアのあり方を前川氏があぶりだした、前川氏の警告に耳を傾けないとメ
    ディアは崩壊すると締めくくられました、以上、青木さんのお話でした。


    スポンサーサイト

    0
      • 2019.10.17 Thursday
      • -
      • 20:34
      • -
      • -
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする








         
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック