calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

categories

archives

カウンター

twitter

カレンダー

プラセンタ 効果

ランキング

TBSラジオ 荒川強啓デイ・キャッチ! (2017/7/18) 小西克哉 劉暁波氏死去に見る人権と国際政治の関係、自民党の傲慢さを語る&亀石倫子 蓮舫氏の二重国籍問題解説

0

    永岡です、TBSラジオの、荒川強啓デイ・キャッチ! 火曜日のレギュラーは国際ジャーナリストの小
    西克哉さんでした。

    ニュースランキング2位は加計学園問題での国会、自民党は野党の質問時間を減らしたく、24日に自民党
    は衆参両院で終わるつもりで、小西さんも自民党は逃げ回っている、ASSも丁寧に説明するというの
    に、言っていることとやっていることが違い、これは与党の質問する意味はなく、自民党はASSの説明
    に納得しており、納得していない野党が質問すべき、小西さんは民進党のやっていることに批判的だが、
    野党の質問時間を減らすことには問題で、基本自民党はなめている、反省していない、参考人招致で証人
    喚問ではなく、前川氏は証人喚問を求めて、籠池氏は証人喚問をして、竹下氏が総理を侮辱したからと感
    情的な、絶対主義政権のようなことをやり、前川氏はASSを侮辱すべき、ツィッターで批判したら、竹
    下氏は出てくる、また加計氏も証人喚問が必要で、内閣支持率は今月で下げ止まるとの見方があり、背景
    は経済は悪くなく、格差はあるものの、景気は悪くなく、トランプ政権が戦後最低の支持率でも悪くない
    というが、アメリカ経済は悪くなく、しかしこれはオバマ氏の貢献、スキャンダルをコントロール出来た
    ら支持率は上げられると、傲慢に見ていると言われました。
    民進党蓮舫氏が二重国籍について夕方会見、戸籍は開示しないもので、香山リカさんは参院選立候補時
    に日本国籍ありと証明されて、戸籍を開示しないようにと言い、法律事務所エクラの亀石倫子弁護士がこ
    れについて解説されて、小西さん、法的な問題と政治的な問題について問われて、亀井さん、日本は22歳
    までに国籍を取らないとならず、蓮舫氏は日本国籍を取り、台湾国籍からの離脱は努力義務であり、違法
    ではない、公選法235条で経歴詐称が問題になり、二重国籍の説明が間違いだとこれに抵触すると指摘され
    て、小西さん、蓮舫氏の説明が一定しないと言われて、亀井さん、説明が二転三転したのは政治的な問題
    はあると指摘されて、小西さん、蓮舫氏は民主党政権時に大臣をして問題ないかと言われて、亀井さん、
    政治家では例がなく、外交官は外国籍の離脱が必要で、しかしこれは法的なものではなく政治的な問題と
    説明されました。小西さん、欧米のセキュリティクラアランス、しかし蓮舫氏は外交は関わっておらず、
    どう説明するのかと言われました。

    デイキャッチャーズボイス、中国の劉暁波氏死去で、人権と国際政治の関係についてお話がありまし
    た。
    劉暁波氏死去は欧米で人権活動家としてノーベル平和賞を受賞した人として、しかし中国の中では若い
    人に知られず、天安門事件の検索は中国ではできず、劉氏のことは中国では知られず、日本だと新聞では
    大きく取り上げられても、テレビは3連休や渡辺謙さんの不倫が取り上げられて、しかし劉氏と国際政治の
    関係、劉氏は89年の天安門事件で、学生の理論的な手中になり、学生が攻撃されそうになったら学生を返
    して、武器を持たずに言論で対決して、これを小平氏は恐れて、89年に西側が制裁、7月にサミットがあ
    り、しかし当時日本は中国への制裁に消極的、ヨーロッパは中国への経済依存は低かったためで、しかし
    90年に日本が単独で制裁を元に戻して、93年の細川氏が総理になり、北京に行き、人権は西洋と東洋で違
    うと言ったら、北京で大喝采で、これを忘れてはならず、日本は中国に制裁は困難であったが、日本が
    ちゃんとしていたら、中国の人権状況は変わり、ニクソン氏は、日本で中国が本気で民主化すると思って
    いないと皮肉られて、人権の問題は、当時日本は推すべきで、人権は冷戦時に論議されず、冷戦後韓国に
    は慰安婦問題が浮上して、しかしヨーロッパは人権問題に及び腰、ヨーロッパに劉氏を来させるようと
    言っても、ノルウェーが批判したらサーモンの輸入禁止になり、人権問題は実行する機関がなく、国際世
    論が大事、メディアの報道が大事であり、これは中国の国内問題でも、人権問題なら国連は介入出来て、
    民族虐殺には介入しても、これは難しいが、しかし国際社会が人権問題をどう見ているか、日本はいつも
    ずれて、劉氏のことでも菅氏は批判せず、このようなことでちゃんと日本は外交が出来るのかと言われま
    した。以上、小西さんのお話でした。


     


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック