calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

categories

archives

カウンター

twitter

カレンダー

プラセンタ 効果

ランキング

ルネサンス研究所定例学習会の告知。

0

    服部です。
    明日ルネサンス研究所の公開学習会を行います。是非ご参加ください。

    日時 2017年8月7日18時開場18時30分開始

    会場 専修大学神田校舎7号館6階764教室

    報告者 岩佐茂(いわさしげる)さん

    テーマ 「環境問題は人間と自然の代謝関係のかく乱である」(『情況』2017年夏号掲載)を考える

    会場費 1000円(参加者特価で「情況」誌を資料配布します)



    内容紹介

    唯物史観およびマルクス主義にとって、環境問題は最大の弱点ではないかと思われてきた。とくにポストモダンにおいて、マルクス主義も資本主義と同じ生産力主義であって、環境倫理を接合する必要があるとされてきた。しかしながら、生産力の源泉である労働過程が人間と自然の代謝関係であり、マルクス自身も農業科学に関心が深かったことが、エンゲルスとの書簡のなかに確認できる。これは新MEGAの先行的な研究をふくめた、最新のマルクス研究によって明らかになりつつある。テーマもズバリ『マルクスとエコロジー――資本主義批判としての物質代謝』(堀之内出版)を編纂された岩佐茂さんのインタビュー記事(聞き手・中村勝己)をもとに、マルクスのエコロジー観に触れたい。



    岩佐茂さん略歴

    一橋大学名誉教授。著書に『環境の思想――エコロジーとマルクス主義の接点』(創風社)『環境保護の思想』(旬報社)『生活から問う科学・技術――疎外された工業化からもう一つの工業化へ』(リーダーズノート出版)『マルクスの構想力――疎外論の射程』(編著、社会評論社)『マルクスとエコロジー――資本主義批判としての物質代謝』(編著、堀之内出版)など。
     


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    -
    管理者の承認待ちトラックバックです。
    • -
    • 2017/08/06 11:11 AM