calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

categories

archives

カウンター

twitter

カレンダー

プラセンタ 効果

ランキング

朝日放送おはようコール(2017/9/1) 中川譲が北朝鮮問題での日本の立ち位置とiPS細胞の可能性について語る

0

    永岡です、朝日放送のおはようコールABCの朝イチ!NEWS、金曜日のコメンテイターは帝塚山学
    院大学客員教授の中川譲さんでした。

    本日の新聞一面紹介、朝日はサッカーW杯予選通過、読売は北朝鮮問題、日本とイギリスが一致、産経
    は鳴日米軍事訓練、毎日は阪急が伊丹空港線を計画していること、日経は公務員定年を65歳に、です。

    アメリカと北朝鮮の鍔迫り合いが激化して、国連では北朝鮮への追加制裁に関して激してやり取りがあ
    り、朝鮮半島に爆撃機が展開して、グアムから爆撃機、岩国からステルス戦闘機、韓国からも出て、有事
    の際に北朝鮮の核ミサイル基地を攻撃する演習であり、国連でも激しい応酬、北朝鮮はアメリカに全責任
    と主張して、アメリカに対抗措置を取ると言うと、トランプ大統領はツイッターで北朝鮮に金をとられて
    きたと言うものの、マティス氏は外交的解決を諦めていないと言い、石油禁輸措置を画策して、ハードル
    があり、中国、ロシアの反対、中国は年間50万トン北朝鮮に輸出し、パイプラインを止めたら再開に手間
    がかかり、ロシアも北朝鮮との貿易を止めたくなく、司会の横山太一さんは国連は無力と言われて、これ
    について中川さん、日中韓の連携が必要で、アメリカは北朝鮮問題に真剣ではなく、中国にやらせたく、
    韓国は日米と距離を置いて、文氏は対話を模索して、我々日本は、アメリカとの協力、日米同盟に重きを
    置いているが、地上配備のミサイル、1つ800億を買っても、役に立つのか、日本のアジアでの立ち位置を
    考えるべきと言われました。

    iPS細胞でパーキンソン病の治療に近づき、京大のiPS細胞研究者たちが発表、パーキンソン病の
    猿に適用して改善、神経細胞になっており、移植から2年後は腫瘍はできず、来年にも臨床試験になり、脳
    のドーパミン不足で体が動かせなくなる、国内に15万人の患者、ゆっくり進行して、猿での実験に成功し
    て、これについて中川さん、iPS細胞の可能性は無限、多くの患者が期待して、しかし克服すべき課題
    もあり、iPS細胞はがんとの関係もあり、猿でOKでも人間に応用できるのか、2年腫瘍なしで大丈夫
    か、今後人間への適用は慎重になるべきで、人間に5年で適用というには、慎重になるべきと言われまし
    た。

    本日の気になる新聞記事、毎日1面トップ、阪急が伊丹空港線を計画、曽根〜伊丹空港、実現したら梅田
    と伊丹空港が直結になり、なぜ今までなかったのか?中川さん、驚いて、伊丹空港は関空開港時に廃港の
    予定が拡張して、関西の中心になるもので、伊丹空港が国際化して、関空はどうなるのかと言われて、読
    売4面の記事、民進党代表選、前原氏リード、中川さん、民進党は組織的な締め付けがなく、最後の演説が
    大きく影響すると指摘されました。以上、中川さんのお話でした。


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック