calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

categories

archives

カウンター

twitter

カレンダー

プラセンタ 効果

ランキング

朝日放送おはようコール(2017/9/4) 伊藤惇夫が朝鮮民主主義人民共和国の核実験と民進党代表選、皇室問題を語る

0

    永岡です、朝日放送のおはようコールABCの朝イチ!NEWS、月曜日のコメンテイターは政治アナ
    リストの伊藤惇夫さんでした。

    本日の新聞一面紹介、各紙北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国、以下共和国)の核実験のことです。今日
    の朝〜夜のニュース、ワイドショーも共和国の核実験のことです。通算6回目、過去最大規模、ICBMに
    積むための水爆?というものです。

    その共和国の核実験、ICBMに搭載するための水爆の小型化と共和国はいうもので、地震波は昨日昼
    の0時26分にマグニチュード6.1で観測されて、過去最大規模、共和国の放送は実験成功を喧伝して、国際
    世論が反対していた核実験を強行し、共和国のメディアは昨日朝に金正恩氏の水爆視察を報じて、日本政
    府も過去最大規模のものとして、小野寺氏はマグニチュード5.8から計算して核爆発は70キロトンと言い、
    ASS(abe Shinzo Shusho(c)想田和弘さん)は断じて容認できないといきり、核実験は金正日氏の時に2
    回、正恩氏で4回と頻度が上がり、これから日米はどうするか?文在寅大統領も強硬姿勢に転じて、プーチ
    ン大統領も非難して、これについて伊藤さん、アメリカのレッドライン(軍事行動の基準)を超えてアメ
    リカはどうするのか?言葉は空しい、強く抗議する、断固容認できないと何度言っても無意味、共和国の
    暴走を止められず、ASSは容認できないと繰り返すだけで無意味、トランプ大統領と電話会談と言うも
    のの、日本政府のやれることは3つ、(1)日本独特の外交、対共和国、中国、ロシアにどうするか、特にロ
    シアとの関係が重要(共和国と関係が深い)、日中関係は良くなくどうするのか、圧力、制裁のことも決
    まっておらず、(2)国際協調、国連でどうするか、(3)国内の安全対策、Jアラートを鳴らしても無意味で
    あり、北海道で姿勢を低くしろとしても無意味、中でも原発をどう守るのか、抗議ではなく具体的にどう
    行動するか、日本、ASS政権はアメリカに頼りすぎで危機だけを煽るのはおかしいと言われました。

    眞子さんの婚約記者会見、公の場では初の2ショット、互いに月のように太陽のように、互いにファース
    トネームで呼び合うと語り、スタジオでも微笑ましいとの声、二人の出会いは2010年、交換留学時に席が
    前後で交際、一時金は1.35億、伊藤さん、皇族との結婚は勇気がいり、過去に女性は太陽であり、女性皇
    族が減ると、天皇退位の問題と女性宮家の問題、将来皇室をどうするか、皇室、皇族のあり方を議論すべ
    きと指摘されました。
    (ちなみに、昨日の15時からこの記者会見をNHKは生中継していたものの、後半は共和国の核実験の
    ニュースに差し替えでした)

    本日の気になる新聞記事、民進党代表選、毎日2面の記事、世論調査で前原氏に期待しないが期待するを
    上回るもので浮揚効果はなく、伊藤さん、こんなもの、前原氏も枝野氏も旧民主党政権の主要メンバーで
    変わっておらず、山尾氏は新しい顔で、幹事長は調整役でどうするか?一強多弱の最大の理由は民進党が
    だらしないからと言われました。以上、伊藤さんのお話でした。


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    -
    管理者の承認待ちトラックバックです。
    • -
    • 2017/09/04 11:24 AM