calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

categories

archives

カウンター

twitter

カレンダー

プラセンタ 効果

ランキング

市民のための自由なラジオ(2017/9/30) 戦前回帰の教育改悪か?戦後72年ぶりに復活する道徳教育の危険性 相可文代さんのお話&今中先生 核に賛成する議員を総選挙で落選させよう!規制委員会は再稼働推進委員会に成り下がった!

0

    永岡です、市民のための自由なラジオLIGHT UP! 第79回、今週は新聞うずみ火代表でジャーナリストの
    矢野宏さんの司会で大阪から放送されました。矢野宏の寄り添い通信です。今週は市川うららFMを聞き
    ました。
     今週のゲストは元中学教師・子供たちに渡すな!あぶない教科書・大阪の会
    http://www7b.biglobe.ne.jp/~text2015/ )の相可(おおか)文代さん、道徳教育が正式な教科として
    72年ぶりに復活、小学校は来年、中学校は再来年、先生も生徒も評価の対象で、これは修身の復活の意味
    もあり、ASS(abe Shinzo Shusho(c)想田和弘さん)政権の意図、元中学教師で、教科書問題に取り組
    まれる相可さんのお話です。相可さん、この会は前職・現職の教員や市民の参加するもので、作られたの
    は新しい歴史教科書をつくる会=日本会議の台頭した、採択が2001年にあり、2000年に上杉聡さんが創
    設、相可さんは社会科の先生で、つくる会の教科書に強い危機感を持たれたのです。
     相可さんの、前半のテーマは道徳の教科書検定、パン屋→和菓子屋の無茶苦茶な面、道徳は教育勅語に
    基づく修身教育、戦後撤廃されても保守派は復活を目指して、道徳の復活はズバリASSと背後の日本会
    議によるもの、ASSは第1次政権で教育基本法を変えて、愛国心を教育でやるもので、公共の精神という
    ものの、第1時ASS政権は崩壊、第2次政権で復活を目指し、2002年に道徳教育の副読本が作られて、心
    のノート、小泉政権時、この際に道徳教育は復活、1958年に道徳の時間は作られても教科書なし、先生が
    適当に教材を作り、成績には関わらず、大阪では人権教育、しかし保守派は憲法改悪と道徳教育の復活が
    悲願、少年犯罪をきっかけにもりあげて、97年の神戸連続幼児殺害事件、99年の少年による殺人で、道徳
    教育の復活のために、京都大の河合隼雄さんによる心のノート、しかし事実上の国定教科書であり、必ず
    週1時間、抵抗はあり、各地域で使い方はバラバラ、その後民主党政権のやり方でASSは不満、第2次政
    権で道徳教育の復活を目指し、中教審の答申、委員を根こそぎ変えて、ASSシンパにしており、日本会
    議系が入り、あらかじめそれまで様々な考えの人があったのに、道徳教育の推進、中教審は意味なし、A
    SS個人の諮問会議の方に意味があったもの。
     道徳の教科化=国の検定教科書を使い、子供の心が評価の対象になり、今までは副教材を使い評価はな
    くオープンエンド、しかしこれで22の徳目、道徳教育の目的を22に整理して、低学年は19項目、高学年〜
    中学校で22、特別な教科、要であり、数学や英語より上!戦前は修身が筆頭、それほど露骨ではなくて
    も、4領域のものであり、(1)自分自身に関すること、(2)人との関わり、(3)集団、社会、(4)生命、自然と
    同心円状に広がり、自主自立=自己責任、礼儀、遵法精神、公徳心、国を愛する、命の尊さ、畏敬の念ま
    であり、日本の神道、日本ではすべてのものに神が宿る、矢野さん背筋が寒くなり(私、永岡も)、しか
    し矢野さん、平和、人権がないと突っ込まれて、相可さん、日本国憲法の人権、平和はなく、他社や社会
    に依存せず、国家に尽くす国民、命令=戦争になったらお国のために尽くす、権力に都合のいい人間つく
    り、矢野さん教育勅語を想起されて、そして教科書が作られる意味を問われて、相可さん、パン屋→和菓
    子屋の意味、学習指導要領との関係で、これは郷土、国を愛するもので22の中の17番目にパン屋なのに、
    愛国心の部分で不十分、不適切!で文科省は言わず、東京書籍の教科書が忖度して変えて、教育基本法に
    あるもの、東京書籍は郷土愛として載せたのに文句がついて、郷土愛ではなく国家愛を求められた→和菓
    子屋に変えて合格、パン屋さんは反発して、アンパンは日本のものなのに、当然の反応で、アスレチック
    →和楽器屋、三味線!というメチャクチャなもの、検定は細かく、笑い話ではあるが、パン屋の方は消防
    団に入っていると、地域の人への感謝が不適切、感謝は家族と高齢者のためのもので、ムチャクチャであ
    り、苦肉の策で、消防団のおじいさんに変えて合格(笑…で済むか!)。
     杉原千畝さんのことを4社が取り上げて、3社にインネン、ポーランドのユダヤ人を個人的に救い、外務
    省は拒否、ナチスと軍事同盟のためで、当時の日本の国際関係に誤解!とアカン、各社は削る、ユダヤ人
    がお金を持っていなかつたと忖度して、ビザ発給の理由を捻じ曲げていて、ムチャクチャ、日本に都合の
    悪いことは書かせないものなのです。

     LIGHT UP!ジャーナル、柏崎刈羽原発に原子力規制委員会こと核推進委員会が認可を出した件、東電に
    原発を動かす資格があるのか、元京都大学原子炉実験所の今中哲二先生のお話がありました。
     柏崎刈羽6,7号機、推進委は条件付きでOKだが、適合の意味、今中先生失笑されて、「規制委員会=再
    稼働推進委員会」であり、再稼働を認めるための委員会、本来ブレーキをかけるべきなのにアクセルであ
    り、引っかかるのは適格性、東電に核をやる資格はあるのか、今中先生、資格なしというなら分かるが、
    推進委が決めるべきではなく、核事故の始末も、廃炉もまったくめどが立っていないのに、東電にこんな
    資格はあるのか、たくさんの人たちが故郷を追われて、大変な交通事故を起こした運転手が責任も取らず
    にまた運転するようなもの。
     矢野さん、柏崎刈羽は福島と同じ沸騰水型軽水炉(BWR)を指摘されて、今中先生、BWRの方が加
    圧水型軽水炉(PWR)より問題があり、原発ゼロ→3原発5基が再稼働であり、矢野さん怒られて、今中
    先生、新潟県の米山知事は再稼働に慎重だが、東電はどうやって核なしでやっていくか感がるべき、高レ
    ベル廃棄物の問題も解決せず、これ以上高レベル廃棄物を増やしてはいけない=原発をなくすロードマッ
    プを出すべきで、損害賠償の費用も東電は出さず、そんなところに核をやる資格などあるはずはなく、電
    力会社にとっての経済性、東電を救うため、国民のための経済性ではない。
     再稼働推進委員会は、日本政府の方針がASS政権になり核を基盤とする方針で、それに従っている、
    これを何とかして変えるべき、矢野さん、ASS政権はインドに原発輸出、福島事故は終わったとする方
    針を再稼働推進委がやっていると指摘されて、どうすべきかと問われて、今中先生、「近くある総選挙で
    核に賛成する議員を落選させるべき」と締めくくられました。
     ここで音楽、道徳教育がテーマ、金八先生のことが矢野さん思い浮かび、海援隊の贈る言葉、です。
    2001年のライヴ映像がYou Tubeにありました。
    https://www.youtube.com/watch?v=Sgw8le5Ahug

     後半のテーマは、道徳の教科化の背景にいる日本会議についてのお話です。
     来年度、小学校の教科書の検定で、日の丸、日本、日本人を強調していて、相可さん、22の徳目で愛国
    心を強調しないと検定に合格せず、日本バンザイ、日の丸、これで教育だと、子供たちは日本がナンバー
    1、ASSみたい=他国への排外主義が身につく=在日の価値は肩身が狭くなり、ASSのいう、日本を取
    り戻すとは、ASSと日本会議の意図するのは歴史改竄、80年代より教科書で日本の加害が取り上げられ
    て、それでつくる会が出来て、まず歴史教科書を改竄、日本は悪くない、戦争に負けただけ、愛国兵士を
    作るための教育であり、矢野さん、育鵬社は道徳の教科書を断念しても、教育出版のものに流れていると
    指摘されて、相可さん、その通り、育鵬社版の編集者がつくり、教育出版に送り込んで作らせて、教育出
    版の教科書は大阪では採択されず、相可さんたちの努力もあり、採択の場が市民に公開されて、相可さ
    ん、採択手続きの民主化を求めて、現場教員の声を入れる、採択の場を公開、採択の傍聴を求めて、大阪
    ではある程度オープン、大阪では育鵬社採択の場合に非公開の秘密主義、フジ住宅のアンケートの水増し
    問題も発覚して、大阪で教育出版の問題も広めて、横浜市も育鵬社を採択させず、しかし沖縄の那覇、沖
    縄では教師が抗議して、しかし傍聴させず公開しない、教育委員会が好き勝手させられる。
     道徳の教科化=日本会議=ASSの狙いは、貝塚氏がはっきりと書いており、日本が溶解していく、家
    族の結びつきが弱く、国家と教育勅語を取り戻すため、道徳教育は肥大化した私を公的、日本の頂点は天
    皇陛下と言い、戦前の修身教育が理想、大日本帝国、大日本帝国憲法の復活が目的。
     矢野さん、教育勅語では塚本幼稚園のことを取り上げられて、相可さん、園児が軍歌、教育勅語を暗唱
    するのを昭恵氏が感動、ASSも同じ=ASSの感覚は我々と異なり、型に入れる→憲法改悪、命令に忠
    実に従う人間を作るもので、しかしASSや自民党、維新などの議員が当選しており、朝鮮民主主義人民
    共和国のこともあり、やられる前にやれ、戦前の強行突破と同じ、大勢の人が雰囲気に染められるのは怖
    く、相可さん、自由なラジオ、メディア、ジャーナリズムがこの危険性を伝えて日本の軍国主義化を阻止
    すべきと締めくくられました。以上、相可さんのお話でした。

     寄り添いコラム、矢野さんがASS政権の解散総選挙を批判されます。
     今旋風を巻き起こしている、希望の党、小池氏の危険な内容について、報道するラジオの案内であった
    平野幸夫さんがブログで指摘されています。
    https://ameblo.jp/hirano-yukio/entry-12315261548.html?frm_id=v.mypage-checklist--article--blog-
    ---hirano-yukio_12315261548
     平野さんは、小池氏が自民党と大連立することを想定していると警告されて、そのために森友学園、加
    計学園問題を口にしないと指摘されています。
     ASSの解散権に物申す、ASSは9/28に任期を1年のこして解散、森友学園、加計学園問題追及で支持
    率低下を危惧して、民進党が山尾氏ショック、小池新党も準備不足、しかし野党は憲法53条で1/4の賛成で
    臨時国会を求めて、ところがASSはこれを無視、憲法違反+民意無視、民意を問う理由もなく、解散す
    るのは森友学園、加計学園問題隠し、森友学園では籠池氏夫妻が逮捕、この二人が問題ではなく、国有地8
    億値引の問題も解決されず、加計学園問題も同じ、ASSの腹心に、行政が歪められたと前川氏の指摘し
    たものは解決されず、自公で2/3あるのを解散するのは解せず、自公で2/3を割っても、維新と小池新党で
    2/3になるとの読み。
     解散は不信任可決のみのはずが、総理が勝手な時に解散で切きるのは、7条の解散、1952年の吉田茂氏の
    解散、裁判にもなったのに、最低裁判所は憲法判断を回避して、以後いいようにされて、こんなことを認
    めたら、ASS政権の憲法破壊は止まらず、7条解散を見直すべきと矢野さん強調されました。

     今週の特集、矢野さん、ASS政権の教育改悪の一環での、憲法改悪後、国の思うままの人間をつく
    る、戦前の修身を大人が押し付けてはならず、この社会、答えは一つではなく、多様性を認めるのが道徳
    教育の本来と矢野さん締めくくられました。
     …相可さんのお話を聞いて、背筋が寒くなり、キーボードを叩く手も震えました、この内容、例により
    私に無断でいくらでも拡散してください、戦争を志向する安倍政権の超極右暴走を許したら、日本は、世
    界は破滅です!
     


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック