calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

categories

archives

カウンター

twitter

カレンダー

プラセンタ 効果

ランキング

注目の対談:ボリビア・ギリシャ左派政権の教訓(日本語字幕入り)

0

    Message body

    <ぜひ拡散を>

     

    パブロ・ソロン/マリー・ルー講演ツアー(10月)で来日されるパブロ・ソロンさんの注目の対談(映像)です。

     

    英語約5分、日本語字幕入り

     

    左派政権の変質を経験したギリシャとボリビアの教訓

     

    パブロ・ソロンさんの立ち位置が非常にはっきり示されています。

     

    今の日本の混迷する政治にも通じるところがありそうです。

     

    The Laura Flanders Show 2017/09/08 に公開されたもの

     

    https://www.youtube.com/watch?v=nFYQYuHxxko

     

    (タイトル)

     

    ボリビア・ギリシャ左派政権の教訓

     

    中心人物の2人が語った

     

    元シリザのアンドレスと

     

    パブロ・ソロン元ボリビア国連大使

     

    パブロ・ソロン)

    2005年にモラレスが勝利、新憲法を制定

     

    国名を「ボリビア多民族国」と改めた

     

    素晴らしい瞬間は3 - 4年続いた

     

    アンドレス・カリツィス)

    私は11年間シリザの執行部にいた。

     

    綱領は良いが具体的な行動計画がなかった

     

    どうやって政策を実行するのかということだ

     

    政策の実現に制約があった

     

    これまでの政治のやり方では

     

    社会の複雑さや官僚の抵抗に苦慮する

     

    国家は官僚的でエリート層の味方だった

     

    だから、それを変える戦略が必要だ

     

    意志決定の非集権化が重要だ

     

    新しいリーダーシップのモデル

     

    社会全体がそれを必要としている

     

    今の時代に権威主義では統治できない

     

    決定過程の分散化が必要

     

    政府やリーダーはそれを推進すべき

     

    異なる視点を導入しなければ

     

    間違った決定を行うだろう。

     

    パブロ・ソロン)

    私たちは政権維持を目的化しはじめた

     

    ボリビアは自然資源に依存してきた

     

    銀の次にゴム、それからスズ、天然ガス

     

    私たちはアグロエコロジーへの転換を目指した

     

    再生可能エネルギー、エコツーリズム

     

    転換は可能だったのに、そうしなかった

     

    政府は天然ガスの採掘への依存を続けた

     

    他の選択肢はあったはずだ

     

    政権を維持する最も安易な方法が

     

    天然ガスを抽出し、収入を得ることだった

     

    もちろんその収入で多くの社会問題に取めるし

     

    政権を安定させることができるのだが

     

    アンドレス・カリツィス)

    そこが大事な問題で、解決が必要だ

     

    私たちは債権者との闘いに向かっていた

     

    彼らは社会の基本機能を支配していた

     

    カネの力と融資を通じて

     

    社会の基本機能を社会全体で引き受け

     

    一定の自治を確立することによって

     

    この闘いに備える必要があった

     

    私たちは民衆の潜在力

     

    積極的参加の意志を引き出すべきだった

     

    しかし私たちはこの潜在力を受け入れ

     

    社会的な力にするメカニズムを欠いていた

     

    債権者たちとの交渉が不調に終わった時

     

    政府、つまり同志たちは言い方を変えた

     

    「人々が必要とするものを提供する」から

     

    「政権維持こそ優先されるべき」と

     

    政策の中身はどうでもよくなった

     

    パブロ・ソロン)

    ボリビアで、私たちの間違いは

     

    選挙に勝利した時、最も強力な勢力は

     

    政治機構ではなく社会運動だったのに

     

    私たちはそれを強化するのではなく

     

    各界の有力者を取り込もうとしたことだ

     

    あるべき戦略は想像以上に複雑だ

     

    国家権力を握って社会を変革するのでなく

     

    対抗権力を確立するということだ

     

    革命的指導者が政権に参加している場合でも

     

    戦略として結合させるべき・・・

     

    アンドレス・カリツィス)

    二つの要素だ。

     

    パブロ・ソロン)

    そう、二つの鍵となる要素だ

     

    他の国でも経験してきた問題にも通じる

    オリジナル映像(英語)は

    https://www.youtube.com/watch?v=hjcCug2yVI0&feature=youtu.be


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック