calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

categories

archives

カウンター

twitter

カレンダー

プラセンタ 効果

ランキング

パブロ・ソロン、マリー・ルー・マリグ講演ツアー・実行委員会ニュース第3号

0

    Message body

    パブロ・ソロン、マリー・ルー・マリグ講演ツアー(10月26−31日)

    実行委員会ニュース第3号(2017年10月8日)

     

    あと2週間 宣伝と賛同拡大にご協力ください

     

    1)日程がほぼ確定しました

    1025日(水)

    8;40 成田着、東京都内泊

    26日(木)

    1500-1700 議員会館

    「ビビール・ビエン(良く生きる)」の考え方

    参議院会館B106(どなたでも参加できます)

    27日(金)

    1100-1230 上智大学 図書館9911教室

    全学共通科目「グローバル・コンサーンと平和の促進」にゲストとして講演。一般参加も可能です(英⇔日逐次通訳付き、参加無料)

    18:30-21:00 講演会 連合会館 5階501

    28日(土)

    秩父でセミナー、交流など。一般参加も可能(実行委員会にお問い合わせください)

    29日(日)

    30日(月)

    京都へ移動

    18:30-21:00 講演会 同志社大学 志高館sk110

    31日(火)

    大阪

    18:30-21:00 講演会 エルおおさか5階研修室2

    11 1日(水)

    東京へ移動

    2日(木)

    成田発(マニラへ)

     

    2)チラシの配布にご協力ください

    印刷チラシ(A4、両面カラー)を団体、公共施設や店舗、学習会や集会などで配布していただける方は実行委員会までご連絡ください

    チラシ(大阪、京都、東京)はATTAC関西グループのブログからダウンロードすることもできます

    http://attackansai.seesaa.net/article/453852213.html

     

    ☆メーリングリスト、フェースブック、ツイッター等でも拡散してください

     

    3)賛同を広げてください

    10月7日現在、以下の団体が賛同していただいています。

    記載漏れはご容赦ください。

    これ以降の賛同団体・個人についても引き続き紹介させていただきます。

     

    <東京>

    日刊べリタ/ATTAC Japan国際ネットワーク委員会/日本消費者連盟/水情報センター/地球的課題の実験村/TPPに反対する人々の運動/プエンテ/FoEジャパン/ATTAC Japan(首都圏)/聖コロンバン会/ピープルズプラン研究所

     

    <京都>

    グローバルジャスティス研究会、ATTAC関西/ATTAC京都、メキシコ先住民運動連帯関西グループ、インタグSOSキャンペーン、ジュビリー関西、RECOM(日本ラテンアメリカ協力ネットワーク)、個人10人。

     

    <大阪>

    AMネット、ATTAC関西グループ

     

    4)関連情報

    ■パブロ・ソロンさんとギリシャ・シリザの元リーダーとの対談

    英語、6分間

    日本語字幕入りを公開しています。

    ボリビアとギリシャの左派政権の教訓を当事者が語る興味深い内容です。

    ぜひ拡散してください!

    https://www.youtube.com/watch?v=nFYQYuHxxko

     

    5)実行委員会の日程

    首都圏

    第3回実行委員会

    未定

     

    京都

    4回実行委員会

    10月23日(月)

    直前の打ち合わせと確認、当日の役割分担など

    呼びかけ:グローバルジャスティス研究会

    問い合わせは080−2742−2590(ささき)まで

     

    大阪

    第2回 10月11日(水)

    第1部:「水は誰のもの? - 水への権利をめぐる世界の動き」

    お話:武田かおりさん(AMネット)

    2部:実行委員会

    呼びかけ:AMネット/ATTAC関西グループ

     


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック