calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

categories

archives

カウンター

twitter

カレンダー

プラセンタ 効果

ランキング

朝日放送おはようコール(2017/10/9) 伊藤惇夫が解散総選挙の安倍政権の誤算と小池氏の意図を語る

0

    永岡です、朝日放送のおはようコールABCの朝イチ!NEWS、月曜日のコメンテイターは政治アナ
    リストの伊藤惇夫さんでした。司会は横山太一さんでした。本日より、おはようコールの5時台のタイム
    テーブル変更で新聞一面紹介はなくなり、またニュースのコーナーも縮小になりました。

    衆院選の党首討論、総選挙の公示を控えて、小池氏、志位氏が森友学園、加計学園に突っ込んでASS
    (abe Shinzo Shusho(c)想田和弘さん)は逃げて、社民党吉田氏の加計理事長喚問要求をASSは拒否、
    松井氏の質問に議員定数削減を自画自賛、枝野氏の格差拡大の質問に格差についてASSは自画自賛、小
    池氏は景気の実感なしでの消費税増税を否定、山口氏は小池氏に民進党丸呑みを追及などであり、民進党
    から合流を小池氏は否定、枝野氏は前原氏の主張に疑問、土曜日は8党の党首討論後の握手時に、小池氏は
    ASSと手をつなごうとして拒否、明日から公示であり、握手の主導権は小池氏、伊藤さん、勝敗ライン
    はASSが過半数というものの、与党で過半数でも、議席を減らすとASS政権の責任問題になり、過半
    数だと自民の議席は激減、小池氏はこれを狙い、反ASS勢力を支持すると指摘されて、また伊藤さん、
    「解散はASSには誤算」、9月上旬に自民党は調査して、総選挙でも最大30減るので済むとして解散した
    ものの、もっと減らす可能性があり、小池新党の準備が間に合わずと思ったものの、小池氏の出馬は100%
    ないとは言えず、読売新聞の世論調査だと小池新党は減って、立憲民主党が伸びて、伊藤さん、希望の党
    の排除とゴタゴタが効いて、小池氏は敵を作って支持を伸ばしたが今回はいじめる側になってしまい、与
    党と野党第一党の支持率が2:1以内だと良い勝負になるものであり、最後のサプライズは小池氏の出馬、小
    池氏は女性初の総理を目指すのに今回が最後のチャンス、次回の総選挙時には小池氏の人気、期待感は薄
    れて、今回以外に小池氏の出馬のタイミングはないと言われて、スタジオでも都民として小池氏は(都知
    事1年投げ出し)無責任との発言がありました。
    ASSは朝鮮半島情勢は年末に厳しくなるから今解散したというものの、今も朝鮮半島情勢は厳しく、
    なぜ解散したと伊藤さん指摘されました。

    本日の気になる新聞記事、朝日4面、核兵器廃絶のICANがノーベル平和賞、外務省のコメントは2日
    遅れて、伊藤さん、本当は外務省は称賛したくなかったと指摘されて、核兵器禁止条約に日本は入らず、
    核の傘にいるためで、しかし唯一の被爆国としてASS政権と外務省は情けないと言われて、読売31面、
    体育の日で、働き盛り30〜40代の体力が低下、仕事や子育てで運動離れであり、スタジオでも30〜40代に
    運動しないとダメとの指摘があり、青少年と高齢者の体力が伸びて、伊藤さん、高齢者が皇居の周囲を
    走っており30〜40代は一駅歩くなどの工夫が必要と指摘されました。読売9面、スペインのバルセロナから
    本社移転、伊藤さん、念のため、カタルーニャは稼ぎ頭、本社移転のみで、独立時の混乱は収まらないと
    指摘されました、以上、伊藤さんのお話でした。


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック