calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< November 2020 >>

categories

archives

カウンター

twitter

カレンダー

プラセンタ 効果

ランキング

朝日放送おはようコール(2017/11/3) 中川譲がトランプ大統領の娘イヴァンカ氏の来日と座間市での殺害事件を語る

0

    永岡です、朝日放送のおはようコールの朝イチ!NEWS、金曜日のコメンテイターは帝塚山学院大学
    客員教授の中川譲さんでした。司会は横山太一アナウンサー、中川さん、風邪気味を押しての登板でし
    た。

    トランプ大統領の娘のイヴァンカ氏の来日、ファーストドーター、補佐官の来日でも、トランプ大統領
    ははすれ違いの来日であり、初来日の第一声、空港に到着するやインスタグラムにアップ、トランプ大統
    領の信頼は厚く、トランプ大統領の外交に常に同行して、ところがイヴァンカ氏は11/2〜4日滞在、トラン
    プ大統領は11/5〜7日、トランプ大統領の税制改革を年内に目指しても、共和党の中でゴタゴタ、トランプ
    大統領の不在時にホワイトハウスで執務、日本政府も特別な対応をするものになり、イヴァンカ氏は今日
    ASS(abe Shinzo Shusho(c)想田和弘さん)と夕食、成田空港でサンキューエブリワン、国際女性会議
    で発言、フォーブス誌の世界で影響のある100人の女性、自身のブランドも作り、3人の子供がいて、シリ
    ア攻撃の後押しもあったものの、クシュナー氏はロシア疑惑で窮地ではあり、これについて中川さん、ト
    ランプ大統領に大切な存在、トランプ氏の側近は次々とやめて最初から残っているのはイヴァンカ氏とク
    シュナー氏くらい、トランプ氏は問題を抱えて日本でも好感を持つ人は少なく、イヴァンカ氏がトランプ
    氏の来日を露払いで盛り立てても、クシュナー氏やイヴァンカ氏ら身内しか残らず、軍人と家族だけのホ
    ワイトハウスがいびつではあり、スタッフの権利争いの中でイヴァンカ氏の位置は何か、トランプ氏の対
    応には日本は一筋縄ではいかないものがあると指摘されました。

    神奈川県座間市での9人殺害事件、捜査陣は遺体の発見された部屋の捜索を続けて、容疑者は被害者とツ
    イッターで知り合い、女性8人、男性1人を殺害、新宿歌舞伎町などで女性をスカウトする仕事をして、今
    年5月に売春させる意図で女性を紹介して執行猶予の罪、生きていても仕方ないと、父親に打ち明けて、父
    親も数か月前に悩んでおり、容疑者も消えてしまいたいとツイッターで書いた後に殺害、道具は揃い、
    きっかけと、死への願望ときっかけを探しており、一部報道で部屋に入るとすぐに殺害で覚えておらず、
    他にも自殺を募っており被害の拡大した可能性もあり、若い女性を標的にして、被害者の所持品を処分、
    これについて中川さん、31日に逮捕されて、様々な事実が出て、自己顕示、殺人を、自身の性的欲求を満
    たすためにやっており、恐ろしい事件で、被害者の身元特定は困難、自殺願望がインターネットで増幅さ
    れて、SNSによる接触の問題もあり、今の世の中はどうなっているか真剣に考えるべきと指摘されまし
    た。

    本日の気になる新聞記事、各紙1面に加計学園の認可が報じられて、文科省が大臣に答申、総理の意向
    か、ASSの関与か、中川さん、前川氏が歪められたといい、加計理事長は公の場に出ず、このままうや
    むやなら国民の政治不信は極致と言われて、読売35面、ピラミッドに謎の空間があり、最新技術での
    ミュー粒子での透視によるもの、中川さん、ピラミッドは王の墓で250万の石で作った物で謎だらけと言わ
    れて、朝日の記事で、小泉進次郎氏が反省会、政府にくぎを刺して、ASSが経済界に拠出というもの
    で、中川さん、進次郎氏はどこまで本気か、危険人物と見られても進次郎氏の発言は結局はガス抜きと指
    摘されました、以上、中川さんのお話でした。

     


    スポンサーサイト

    0
      • 2020.11.24 Tuesday
      • -
      • 08:38
      • -
      • -
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする








         
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック