calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

categories

archives

カウンター

twitter

カレンダー

プラセンタ 効果

ランキング

朝日放送おはようコール(2018/1/11) 二木啓考が小泉元総理らの原発ゼロ法案を語る&荻上チキSession-22 崎山敏也 原発ゼロ法案報告

0

    永岡です、朝日放送のおはようコールABCの朝イチ!NEWS、木曜日のコメンテイターはジャーナ
    リストの二木啓考さんでした。司会は横山太一アナウンサーでした。

     原発ゼロ法案、脱原発を目指し小泉元総理や細川元総理らが記者会見、菅元総理も賛同、脱原発を掲げ
    る民間団体、原発の即時停止、自然エネルギー比率を100%にする、小泉氏は原発に蹂躙されて、国会で国
    民の声を受け止める声が必要と語り、立憲民主党は即答、菅氏は原発ゼロでないと自民党も政権が持たな
    くするといい、共産党も歓迎すると表明、これについて政府はちゃんと答えず、民間団体を小泉氏は立ち
    上げて、3・11で被曝した米兵の救済のため、原発は稼働も新設も中止であり、原発の比率は0.7%、電力
    の供給力は増えて、これについて二木さん、小泉氏は総理時代には原発推進が、3・11以降反原発、福島事
    故は7年経ち風化して、それに危惧を示してのものであるか、実現は難しい、自民党は核をベースロード電
    源にして、それでも核を進めるのは、海外から石油などを輸入して価格変動するものであり、しかし小泉
    氏は郵政民営化も、やってみないと分からないであり、小泉氏はやれると思い実行する凄まじさ、しかし
    今も原発はほとんど稼働せず、菅氏は省エネと言うものの、原発の廃炉と核廃物の処理にめどはなく、核
    はリスクが大きすぎる、それでも核を止められないのはこれだけお金をかけているために、富める勇気が
    ないためと言われました。

     カヌーのドーピング問題、二木さん、サドルを盗むなど、アスリート以前に社会人として失格と言われ
    ました。

     最強寒波が日本列島を覆い、影響は週末まで続き、今シーズン最強、最長の寒波が来て西日本に影響、
    桜島も初冠雪、大阪でもみぞれが降り、各地で車も立ち往生、道も渋滞、石川県ではテレビ放送が見られ
    なくなり、電波塔で火災であり、石川県に雷注意報が出て、気象予報士の正木明さん、関空でも雪、冬型
    の気圧配置でも日本海側だけでなく、太平洋側でも雪、九州でもまとまった雪、西から雪雲であり、近畿
    地方にはその残骸か来て雪、日本海側より沿岸部で雪、日本海側の冬は天気の変化が激しく、週末はセン
    ター試験、私立中学の入試があり、寒気は日曜日まで居座り、日中は小康状態、近畿北部で雪に要注意、
    冬の天気は変わりやすく、一時的に大雪の懸念もあり、来週は気温が上がるが今週は寒いと言われまし
    た。

     本日の気になる新聞記事、産経29面、焼肉店でリンチ、元従業員に爪楊枝をボウガンで撃つなどして、
    被害者の顔に爪楊枝が刺さり、ネット通販で買ったもの、中国でも禁止のもの、二木さん200円くらいで買
    えるもので、人は見た目で判断してはいけないが容疑者は悪いと言われて、産経1面トップ、安倍総理は平
    昌オリンピック不参加、表向きは国会のため、本音は慰安婦問題のため、二木さん、韓国政府の慰安婦問
    題の件は日韓合意の覇気については理解できないが、安倍総理はちゃんとこれを進めると言うべきと指摘
    されました。以上、二木さんのお話でした。

     昨夜のTBSラジオ、荻上チキSession-22で、小泉元総理らが原発ゼロ法案を国会で記者会見、安倍政
    権では原発ゼロはできないが、国民により実現するというもの、TBSラジオ記者の崎山敏也さんの報
    告、TBSクラウドで公開されています、昨日のデイ・キャッチ!でもありましたが、これも書き起こし
    します。
    https://radiocloud.jp/archive/ss954/
     原発廃止+自然エネルギー推進、崎山さん、原発を全部止めて、自然エネルギーを2050年までに100%に
    する高い目標、使用済み核燃料の再処理も国の計画で落とし前をつけて、全ての原発を止めて、核燃料サ
    イクルも撤退、しかし日本に40トンあるプルトニウムについては話は出ず、核廃物のことは難しく、骨子
    の中には入らず、これはもっと考えて欲しかった。
     自然エネルギーを盛り上げる法案、立憲民主党も同様のものを作り、立憲民主党は2030年にゼロ、それ
    までできるだけ動かさない、自然エネルギーは2030年まで40%、100%自然エネルギーのためには送電線の
    整備が必要で、住宅地や農地に作ることの了承は得られるか、これは骨子にないもののクリアすべきであ
    り、安倍政権では脱原発できない、政権交代を求めて、安倍政権でも住民投票をする、世論調査でも核は
    反対が多いが、小泉元総理は安倍政権ではダメ、政権交代を求めて、細川元総理はほとんどしゃべらず、
    大半は小泉元総理が話し、若干河合弘之さんが言っても、ほとんど小泉元総理の独演会、質問で、東洋経
    済新報社の方が、今年日米原子力協定の改訂、小泉元総理は以前から日米同盟は大切と言っていて、しか
    しアメリカは原発の撤退を許さず、それでどうするのかと質問したら、小泉元総理は、アメリカは日本政
    府がはっきり意思表示をするなら聞くと語ったのみ、それ以上のツッコミはできず、崎山さん疑問、日米
    同盟は軍事的なものだけではなく、東芝、日立、三菱重工と、アメリカとフランスのアレバの寡占、GE
    と日立は一体、アメリカは日本の会社なくして原発を作れず、日本が脱原発でやめたらアメリカの核産業
    は破綻するのに、これについて小泉元総理は語らず、核燃料サイクルを民主党政権でやめようとして破
    綻、青森県を最終処分場にしないとしても頓挫、これに対して質問したら、小泉元総理は答えず、河合弘
    之さんは再処理は止めて、青森県にお金を払い置いてもらう、ごめんなさい、青森から搬出できないとい
    うのは崎山さん疑問、過疎地に核を押し付ける構図を温存してしまい、このグループには、東京でも核廃
    物を始末することをすべき、金で核廃物を我慢してもらうのは今までと同じではあり、青森以外の場所は
    今からでも検討すべきではあり、この問題、小泉元総理が答えなかったのは、なぜ日本は原発を止められ
    ないか、政治のことは答えず、河合弘之さんは核武装のためと言うものの、小泉元総理は自民党の政治家
    がなぜ原発を止めないか自分で答えず、自分も原発を総理時代にどうしたか、叩き台はできても、地方自
    治体と話し合うもので、立憲民主党とやる叩き台、小泉元総理は社民党や共産党とやっていけるのか、小
    泉元総理はアメリカと親しく、今回はネームバリューでの世論喚起であったのです、以上、崎山さんのお
    話でした。


     


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    -
    管理者の承認待ちトラックバックです。
    • -
    • 2018/01/12 10:30 AM