calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>

categories

archives

カウンター

twitter

カレンダー

プラセンタ 効果

ランキング

朝日放送おはようコール(2018/1/23) 小西克哉が安倍総理の施政方針演説と大雪被害、万博は20世紀の遺物であることを語る&荻上チキSession-22 チキさん安倍総理の施政方針演説を斬る&サンテレビニュースPORT 神鋼の石炭火力発電の問題

0

    sage body

    永岡です、朝日放送のおはようコールABCの朝イチ!NEWS、火曜日のコメンテイターは国際ジャーナリストの小西克哉さんでした。司会は横山太一アナウンサーでした。

     安倍総理が憲法改悪にアクセルの件、国会では抑え気味、しかし自民党の会合では強気、施政方針演説の冒頭は働き方改革、非正規をこの国から一掃、外交では中国との関係改善をいい、演説の締めくくりは憲法改悪であり、自民党は3月の党大会に改憲案をまとめて、年内に国会で発議、安倍総理は自民党の会合で結党以来の憲法改悪をやると意気込み、来年の参院選で2/3を割ったら発議できず、長時間労働の是正、社会保障、高等教育の無償化、外交と安全保障、最後に憲法であり、ANNの世論調査では支持より不支持が上回り、期待するのは外交と安全保障、社会保障で国民の優先度は高くなく、スタジオでも年金と社会保障をやってほしい、これについて小西さん、国民の議論してほしいので憲法改悪は最下位、国内の望むのは社会保障、安倍総理の本音は憲法改悪、トランプ大統領のロシア疑惑を外すのと同じ、スローガンを出すものの、憲法改悪発議を今年中にやるのは困難、働き方改革は実際に働く人たち深刻なこと、結婚・出産で大変だが、安倍氏は25歳の労働時間の根拠がなく、高齢化解消の方策はなかったと指摘されました。

     雪で首都圏が麻痺の件、交通が止まり、交通事故は昨日のみで700件、バスなどの事故が相次いで、道路の通行止めもあり、坂道も危険になり、渋滞、ハザードランプを付けた車が麻痺して、車が滑り事故のラッシュで、雪の中車が動かず、次から次へと車がクラッシュ、多くの企業が早めの帰宅を促して、電車の駅で大混雑、いつになったら電車に乗れるか、銀座でスキー板をはいて動く人もあり、300人以上ケガ、関西でも新大阪駅でトラブル、関空に飛行機が緊急着陸、気象予報士の正木明さん、関東の大雪は予想されても生産活動は休止できず、小西さん、週末から大雪と言われていて、それでもノーマルタイヤは問題、スタッドレスタイヤに替えられず、一般の車はともかくトラックは対応すべき、東京は雪国から来ている人が多くてもこれで、大阪は坂は少ないが東京は坂が多く、居酒屋で、電車が動かないから飲む、11時には電車もすいて、人と違う行動も必要、小西さん毎週秋田に行かれて、これへの対応は問題、企業が早く帰れでも、それでも出社する日本人、働き方改革と言っても、こうなったら会社を休めるようにすべきで、地震のようなものではなく、雪害の交通機関のトラブルは人が少ないとコントロールができると言われました。

     京都大学のiPS細胞の論文捏造問題、京都大学での論文捏造は初、山中所長は所長辞職を示唆、助教は論文の見栄えを良くすると言うものの、スタジオでも山中氏の名前で信用があったと指摘があり、小西さん、不思議なのは、山中氏がトップとしてチェックのこともあるものの、捏造した助教がなぜ出てこない、なぜ山中氏が謝るのか、山中氏はお金を集めてノーベル賞のこともあるが、所長の責任まで問うのかと指摘されました。

     本日の気になる新聞記事、読売36面、2025年の万博誘致、フランスが誘致断念、これで日本にとってロシアとアゼルバイジャンがライバル、しかし大阪もお金が準備できるか、日刊スポーツの井関さん、70年と世界を知ることは違い万博の魅力なし、小西さん、愛知万博もお金を集めるのは大変で、万博は20世紀と異なりテレビ中継なし、オリンピックは放送権料で儲かるが、万博はテレビ放映がなく経費回収が大変だ(=大阪万博の経費如何ではエライことになる)と締めくくられました、以上、小西さんのお話でした。

     昨夜の荻上チキSession-22、デイリーニュースセッションセレクト、チキさんが国会について、働き方改革と憲法改悪についてコメントされました、TBSクラウドで公開されています。
    https://radiocloud.jp/archive/ss954/
     予算総額、軍事費ともに過去最大、憲法改悪について国民に提示、国会は150日間であり、野党はモリカケスパ問題を追及、チキさん、第196回通常国会、安倍総理の施政方針演説、今年は明治150年に絡めると予想して、山川健次郎氏の件について言及、安倍総理の演説は矢野さんの指摘される通り自己陶酔型で聞いていて気持ち悪く、TBSラジオ記者の澤田大樹さんの報告があり、明治150年、働き方改革と社会保障に時間を割いて、働き方改革は長時間労働の是正、非正規をなくす、しかし専門性の高いところは残業代ゼロ、憲法については、原稿29ページの中でわずか2行、しかし施政方針演説では2行でも、自民党の議員総会では憲法改悪の実現の時が来たと鼓舞しており、発議ではなく実現、石破氏はていねいな説明をしろと注文で、国会は召集の日で和服の議員が多く、見た目華やか、記念撮影も多く、議場は晴れ着でもヤジをして、与党は安倍総理に賛同、粛々と、野党は立憲民主党、憲法について、憲法は何か安倍総理は分かっていない、自由党の小沢一郎氏も批判で、与党側は石破氏の発言くらい、小泉進次郎氏は変えるのは大変で与党だけだと変えるのは無理と言うものの、野党と議論できるのかというもので、施政方針演説与野党は党派で集まり、立憲民主党は勢いを感じて盛り上がり、枝野氏が前に出て、希望の党や民進党はお葬式?これから大変、執行部と距離を置く、民進党と希望の党の統一会派は困難。
     国会の日程は、24日から代表質問が衆参であり、来週から予算委員会、質問時間の配分で揉めて、辻元氏は去年と同じにしろ、総理も出て来いであるのです、以上、澤田さんの報告でした。
     チキさん、安倍総理の演説は長め、エピソードを使い、オバマ氏のやり方を踏襲して、要点が報道されて、〇〇するとつないでおり、南部広美さん、やったことを強調してすごいでしょうというものと言われて、チキさん、同一労働同一賃金などを言うものの、生活保護支援を拡充と言うものの、生活保護を切り捨てしており、ヤジの飛ぶところは国会で追及されるもの、安倍総理は格差、貧困について言及、過去海外の貧困について語っていたものの、国内の格差について昨年来再分配、教育支援と言い出して、チキさんの気になる論点、公文書問題、日報問題、モリカケ問題で注目されても、他の論議に混ぜて見えなくして、オンラインで登記できるようにすると言うものの、パスポートなどのやり取りはどうするのか?期限はいつまでと語られず、さらに、声、ヤジも大きかったのは沖縄の基地問題、最後の憲法のところで、安倍総理の締めくくり、静岡の治水について語り、明治150年にこだわると冒頭とラスト、しかし、チキさん、引っかかるのは明治では女性の教育に配慮と言うものの、女性や子供は雑草を取るとして、女性活躍と言うものの、女性蔑視のエピソードが出て、今年は明治のエピソードが飛び交う1年になるとチキさん締めくくられました。

     昨夜のサンテレビニュースPORT、神戸製鋼の石炭火力発電について、兵庫県はOKを出して、神戸新聞の林芳樹さん、これについて兵庫県知事と芦屋市長の判断がどうするか、さらに、反対している住民が公害調停を申し立てて、神戸製鋼が調停に乗らないと裁判になると指摘されて、神鋼の石炭火力発電は環境問題を抱えていて、しかし、この神戸製鉄所の跡地の石炭火力発電は瀕死の神戸製鋼にとって最後の命綱、これが認可されなかったら間違いなく神戸製鋼は倒産(もちろん、実質経営破綻状態ですが)、そうなると税収と雇用先が無くなり、兵庫県と神戸市は真っ青であり、さらに、今の神戸製鋼は、私は実質的な会長は安倍晋三氏だと見ています。今の社長兼会長の川崎氏は安倍総理と頻繫に会っており、神戸製鋼はかつて、総会屋、右翼の木島力也が本当の社長、右翼の児玉誉士夫が本当の会長、99年に逮捕された奥田一男は神鋼にたかっていたのではなく、神鋼の尻拭いをしていた、つまり被害者であり、真犯人は当時の神鋼の経営陣、そして今の社長の川崎氏は今ある石炭火力発電の建設の功績で社長になり(週刊文春の記事による)、ほとんどタダの石炭を燃料にして売り上げ600億/年のもの、ボッタクリであり、これの功績で安倍総理が川崎氏を社長に任命したと思われて、だから、神鋼が倒れたら安倍総理も無傷ではないでしょう。
     神戸製鋼の石炭火力発電の公害調停は、
    https://kobesekitan.jimdo.com/
     参加するには3000円要りますが、皆さん、よろしくお願いいたします。
     

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    -
    管理者の承認待ちトラックバックです。
    • -
    • 2018/01/23 10:27 AM