calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

categories

archives

カウンター

twitter

カレンダー

プラセンタ 効果

ランキング

サンテレビニュースPORT(2018/1/25) 垂水中学生自殺、遺族の思いは

0

    永岡です、サンテレビのニュースPORT、一昨年、神戸市垂水区で中学3年生女子生徒が遺書のような
    メモを残して自殺して、神戸市の教育委員会が調べて、自殺した生徒さんは同級生から顔面凶器などと呼
    ばれていたと言うものの、遺族への報告ではいじめの原因は明らかにされず、この件でサンテレビが遺族
    に取材しました。
     母親は仏壇に手を合わせて、娘は一昨年自殺、いつも通り家を出て、学校に来ていないと連絡があり探
    し、2016年10月、学校に行くと家を出て、自宅近くの川で首を吊り自殺しているのが見つかり、現場には
    遺書のようなメモ、死にたい、死ね、娘さんの血で書かれたメモ!であり、その後、学校が全校生徒に調
    査、中学3年の際に顔面凶器と言われていたとんでもないあだ名、娘さんは家庭ではそんな話をせず、親に
    は隠しており、しかし、話してくれないと分からないと母親はつらい、傷つくものであり、娘さんは4歳か
    らマリンバを学び、好きなことに一生懸命取り組み、書道でも賞を取り、中学校では美術部に所属して、
    服のデザイナーになりたいと語っていた娘さん、生きていたら色々な可能性があったのに、と母親は悲し
    み、祖父と祖母は、孫が命を絶った川を訪れて、こんなことになるなら、どうして相談してくれなかった
    と悔い、しんどかっただろうと祖父は嘆き、自殺から1年3か月、花は絶えず、友人からのメッセージもあ
    り、人に恨まれる性格ではなかったと、なぜのけ者にされたかと、祖父母は憤り、亡くなる直前、ツィー
    ターに学校は嫌、死にたくなるといい、中学2年から休み気味、心療内科を受診しても状況は変わらず、母
    親は娘の死後、ツイッターを知り、リストカットの跡もあったと知り、それも気がつかず、なぜ娘はいじ
    めを受けたのか、神戸市の教育委員会は第3者委員会で調査して、去年8月に報告、いじめの事実は認定さ
    れても、いじめの原因は究明されず、母親はさらなる調査を求めて、なぜ自殺することになったか、説明
    してほしいと語り、神戸市の教育委員会は母親の再調査の要求を拒否、母親は神戸市長に調査を求めて、
    スタジオで、遺族に沿った調査の必要性を問い締めくくられましたが、このようないじめ、私もやられた
    こともありますが、弱いものいじめに走る日本人の醜態は、今もヘイトスピーチなどをするものと共通し
    て、こんなことでは日本に未来はありません、以上、サンテレビのニュースの内容でした。

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック