calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>

categories

archives

カウンター

twitter

カレンダー

プラセンタ 効果

ランキング

TBSラジオ 荒川強啓デイ・キャッチ!(2018/1/29) 青木理 南北朝鮮対話と日本の姿勢を語る、北憎しで突っ走ると日本は蚊帳の外になる!今国会は安倍政権のスキャンダルで大荒れになる!辺野古に日本の安全保障を押し付けるな

0

    永岡です、TBSラジオの、荒川強啓デイ・キャッチ! 月曜日のレギュラーはジャーナリストの青木理
    さんでした。
     青木さん、原稿書きで大変、安倍三代の取材も大変、来月に新作が書店に並ぶそうです。
     ニュースランキング3位ははれのひの破産手続き、2位はヤジで辞任の松本氏、安倍総理は襟を正す、1位
    は仮想通貨NEMのことで、ネットカフェ難民が4000万人(4位)、かつては山谷などで可視化されていた
    ものが今は見えないのは深刻と言われて、ネットでは1位のものを青木さん取材したいと言われました。
     仮想通貨について強啓さんには遠い存在と言われて、青木さん、盗まれた時点で580億、相場下落のみ保
    証するのか?580億は中小信用金庫の預金の総額、中小信用金庫の倒産並み、仮想通貨の取引は、コイン
    チェックは審査中、それで中小信用金庫並みの額を盗まれて経営するのは、IT上の投機に法規制が追い
    付かず、これは刑事事件になり、大事件、3億円事件どころではなく、盗んだ人、組織があり、警察が大々
    的な捜査に乗り出すべきなのに、どんな捜査をするのか想像を絶するもので、昔ながらの事件取材、お金
    を盗む→通し番号でわかるようなもの、ハッキンググループにたどり着けるか、NEMから盗むと価値が
    下がるなど、犯行の目的は様々考えられると指摘されました。
     国会で、松本氏の、志位氏への何人死んだとヤジについて、安倍氏は襟を正すべきと言うものの、スパ
    コン汚職についても野党は追及、TBS澤田大樹さんの報告、安倍氏は松本氏について謝罪、スパコン汚
    職はまだ質疑に出ず、モリカケ問題は長妻氏が佐川氏の国会招致を断られた件で怒り、なぜ出世したと問
    うと、安倍氏は毎度おなじみ1+1=サルマタの答弁、先週の週刊新潮で、茂木氏が有権者に手帳や線香を
    配っていた件が立憲民主党から質問、茂木氏は2+2=モモヒキと日本語になっておらず、しかし公選法では
    秘書が配っていたので抵触するもので、小野寺氏は18年前にこれで立件されて処分されていて、つまり茂
    木氏もアウトだと澤田さん報告されて、青木さん、線香は小さいものだが違法、小野寺氏は議員辞職、公
    民権停止、松島氏もうちわで辞任、国会序盤で内閣のキーパーソンの進退問題になり、政権に打撃、モリ
    カケ問題、資料はないと言っていた佐川氏の答弁は嘘と分かり、言い訳でも、佐川氏の虚偽答弁になり、
    財務省は60日でメールを廃棄して、モリカケスパ問題、スパコン汚職は100億の補助金で斎藤被告が安倍政
    権と近く、リニア新幹線談合も安倍政権と関係して、共和国対応、国会は大揺れになると指摘されまし
    た。
     はれのひの問題、青木さん、社長は遅い記者会見、会社は火の車、青木さんゴールデンラジオでも言わ
    れて、成人式で晴れ着を着るのは1日30〜40万かかりもちろん構わないが、行政のやる式典でそんなことが
    当たり前なら、シングルマザーなどできない人もいて、刑事事件になり、一方で成人式のありようを考え
    るべきと言われて、強啓さん、年々お祭りの要素が増えて、強啓さんは公民館で辞書をもらったというも
    の、青木さんは成人式には出ておらず、晴れ着を着るのが当たり前の件に、冠婚葬祭の業者がたくさん出
    たというもので、強啓さん、育てた親は着飾りさせたいと思うというもので、片桐千晶さんも高すぎると
    いうもので、青木さん、お金がなくできない親御さんもある+18歳成人なら受験シーズンで成人式どころ
    でなくなると言われました。

     名護市長選、プチ鹿島さんの解説もあり、最大の争点は辺野古移設、稲嶺氏は反対、自公の候補渡具知
    氏は辺野古がNGワード、辺野古について語らず争点隠し、沖縄タイムスの記者さんは、自公の候補に進
    次郎氏、小渕優子氏、菅氏、二階氏が高速道路などを語り、これを1年半前からいい、中央では名護市長選
    をどれだけ重視しているかであり、稲嶺氏も給食費、奨学金を掲げて、自公の候補はプロ野球の日本ハム
    のキャンプがアリゾナに移ったのは稲嶺氏の責任といい、しかし沖縄タイムスの記者さんは、稲嶺氏の前
    から日本ハムは計画していた=自公の候補に根拠なし+2020年に日本ハムは戻り、球団も明言、後半も名
    護に来るので、沖縄タイムスの記者さんはこれは説得力なしと言われて、ゴミの分別も沖縄は16種であ
    り、これを自公の候補は批判しても、これも稲嶺氏の前からの政策、自公の候補は、かつての自分のこと
    にツッコミ、しかし投票率は下がる、18歳19歳が行かないためと、日刊スポーツだとパンダの誘致が争点
    になり、稲嶺氏が提案、しかし渡具知氏は批判するものの、沖縄タイムスの記者さんは争点にならず、青
    木さん、他に創価学会が前回は自主投票、しかし今回は渡具知氏推薦、前回は数千票の差でこれは大き
    く、渡具知氏は辺野古を争点にしないものの、辺野古賛成というのはもろ手をあげてではなく、抵抗して
    も無駄、振興策を取った方がいいであり、国が一自治体に国の安全保障を押し付けて、官房長官が自ら入
    るのは問題、結果は沖縄知事選にも関わると指摘されました。
     日中外相会談、相互訪問で一致した件を青木さん取り上げられて、中国外相は中日関係は船が遡るよう
    になどというもので、尖閣諸島の潜水艦についてのものらしく、青木さん、これが9位は残念、日中関係は
    日本が軍事力を増やす背景に共和国と中国があり、安全保障のパラドックス、互いが軍事力を増やすとこ
    ちらも、だが中国に日本が対抗できるはずはなく、意志を、日中関係を強くして対話すべき、まだ平行
    線、尖閣や中国の人権問題もあるものの、対話をするのは有意義であり、国家主席は2008年に福田総理の
    際の胡錦濤氏以来なく、日中のコミュニケーション、日中国交正常化から45年、経済的には日中は互いな
    しで成り立たず、これは二階氏や公明党山口氏の働きかけで実現して、日中間の話し合いにもって行って
    ほしいと指摘されました。

     デイキャッチャーズボイス、韓国と朝鮮民主主義人民共和国の南北朝鮮対話、日本は今の姿勢でいいの
    かについて、青木さんの指摘がありました。
     青木さん、様々な意見があると思うが、気になるのは共和国が平昌オリンピック参加で、しかし日本の
    メディアは冷たい、厳しい、共和国の時間稼ぎ、韓国を翻弄するとか、読売と産経だけでなく、朝日も米
    韓の歩調を乱すとか書いて、その通りでも、韓国の保守系の新聞も批判しているが、他方対話は必要と、
    韓国だけでなくトランプ大統領も歓迎、圧力作戦の効果と言うものの、日本のメディアは共和国憎しの風
    潮、慰安婦問題での韓国への反発で、南北朝鮮会談を侮蔑しており、青木さんはこれに違和感、強啓さん
    は共和国の対象はアメリカ、なら日本が仲裁すべき、直接対話できずともやるべきと指摘されて、青木さ
    ん、韓国を批判するのではなく、平昌オリンピックは共和国の参加でテロはなくなり、88年のソウル五輪
    は大韓航空機事件もあっても、今回は共和国のテロはない+共和国が出てきて、思惑はあるが、それを
    きっかけに日朝の対話にもって行くべきで、仲介すべき、安倍総理は積極的に行き、文氏と話し合いやる
    べきなのに、気になるのは、共和国の思惑はあるものの、これだけ冷笑する雰囲気がメディアで作られる
    と、政策、外交の選択肢は、対話の選択はなくなり、米朝は対話になる、対話のための圧力であり、そう


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック