calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

categories

archives

カウンター

twitter

カレンダー

プラセンタ 効果

ランキング

報道するラジオ(2018/1/29) 変わりつつある沖縄の米軍と自衛隊 日本の専守防衛、前田哲男さんのお話

0

    永岡です、報道するラジオ 第283回、今週も毎日放送アナウンサーの水野晶子さんの司会で放送されま
    した。
     モリカケスパ問題と安倍総理について、報道するラジオの案内であった平野幸夫さんがブログで指摘さ
    れています。
    https://ameblo.jp/hirano-yukio/entry-12347847576.html?frm_id=v.mypage-checklist--article--blog-
    ---hirano-yukio_12347847576
     私(永岡)ももちろん同感です。
     今週はどうなる、日本の専守防衛、2018年度予算で軍事費が激増、厳しい財政の中で軍事費は5兆円を超
    えて、これの意味を問います。
     ニュースは上田崇順さんの担当でした。
     国会は衆院予算委員会で質疑、安倍総理は志位氏にヤジを飛ばした松本氏について表向き謝罪し、任命
    責任は自分にあると、基地負担軽減と言うものの、水野さん、松本氏のヤジの対応は早いと言われて、上
    田さん、沖縄県名護市長選があり、昨日告示、稲嶺氏と自公の候補の一騎討ち、翁長知事の支援で稲嶺氏
    は闘い、秋の県知事選の前哨戦、稲嶺氏は辺野古反対、自公の候補は振興策のみ、しかし市議時代は移設
    容認で、2/4に投開票、それで松本氏の選挙への悪影響を恐れてのものであり、水野さん、一つの市長選
    て゜はなく、国政レベル、日米関係、沖縄の将来がかかっていると言われました。

     来年度予算を軍事費の観点から解説、軍事ジャーナリストの前田哲男さんがお電話で参加されて、沖縄
    で米軍機の墜落のラッシュの背景や、敵基地攻撃能力をキーワードに、いずもを空母に改修することや、
    長距離巡行ミサイルについての、専守防衛を逸脱するとの指摘もあり、前田さんの解説がありました。
     共産党志位氏の質問は、米軍機の墜落の関係で、前田さんのお話、松本氏についての、安倍総理の謝罪
    でも、松本氏のヤジの理由は志位氏の、事故が起こっても米軍は何もなかったように飛行再開、これを安
    倍政権は容認していると追及、安倍総理の言うことは官僚の作文丸読みでまったく説得力なし、1+1=サル
    マタと言ったのであり、なぜ米軍機の墜落の意味、ヘリは80年代に作られたオンボロで部品がない+整備
    員の不足=整備されず+朝鮮民主主義人民共和国への圧力のために訓練強化、オンボロ機体を活用しない
    とならないエライことで事故であり、オンボロヘリに乗らざるを得ない米兵もエライことで、予算の問題
    もあり、議会で政府機関の凍結もあり、軍隊にお金なし、アメリカは2003年のイラク戦争以来15年も戦争
    を続けて、アフガニスタン、シリア内戦とアメリカの歴史で最長の戦争で部品なし、整備員なし、共和国
    対策、とてもではないが兵士もやっていられない。
     米軍司令官は不時着(予防着陸=事故でない)でよかったと嘯き、海兵隊のトップが嘯き、沖縄の安全
    への配慮はゼロ、予防できたから良かったは米軍の本音、パイロットのけがなし、機体も回収、しかし沖
    縄の周辺住民のことは何も配慮されていない。
     水野さん、沖縄の皆さんの思いもあるのに、日本政府の要請も無視して飛行再開の意味を問われて、前
    田さん、日本政府がちゃんと抗議していない、昨年小学校に窓枠落下、小野寺氏が安全確保まで飛ぶなと
    申し入れて反故にされて、6日後に真上をヘリが通過、沖縄県民は怒り、米軍は上を飛んでいないと言うも
    のの、証拠あり+ヘリ不時着3回、小野寺氏は全機種の停止を求めても無視されて、ヘリは毎日飛んでお
    り、防衛大臣が相手にされない、異常な状態、今日の予算委員会で、安倍総理はないがしろにされている
    怒り、日本の主権侵害への怒りはなく、足元を見られて、安倍政権は本気で抗議していないと海兵隊は思
    う、それにしても甘く見られている。
     米軍は原因究明しているのか、日本側は追及している模様だが、では人為的なものか、機体の問題かは
    明らかにされず、日本側も国民にちゃんと説明していない、沖縄県に対して交渉のやり取りは開示されて
    いない。
     水野さん、米軍再編について言及されて、沖縄の海兵隊は戦争時に殴り込み部隊、戦争するとなったら
    大統領の命令で戦闘機と海兵隊が先兵として行くもので、訓練は過酷、危険であり、日頃の訓練は大変で
    あり、しかしオンボロヘリ+整備ボロボロ、兵隊は疲弊、沖縄はたまったものではないのです。

     前田さんのお話の続き、国会で審議される2018年度予算案、過去最悪の軍事費、国会の答弁、希望の党
    の玉木氏が、巡行ミサイルを8月に示さず年末に入れて、専守防衛逸脱、イージス・アショアもミサイルを
    持つと敵基地攻撃能力を持ち、安倍総理は専守防衛と言ったと追及して、従来でない=敵基地攻撃能力を
    持つのかと問うと、安倍総理は書き起こし不可能!ヲイ、答弁を書いている官僚!日本語で書け!
    (怒)、しかし玉木氏の中に気になることがたくさんあり、巡行ミサイルの経費計上、長距離巡行ミサイ
    ルをアメリカから買うもので、長距離巡行ミサイルは言ってみたら無人ジェット機、弾道ミサイルはロ
    ケットで飛ぶもので音速の6倍、巡行ミサイルはジェットエンジンで音速程度で飛び、しかし低い海面、山
    陰の敵レーダーに発見されずに飛ぶもので、無人ジェット機に爆弾を積んだものであり、日本は短い射程
    の200kmのミサイルは90年代から持っているが、長距離巡行ミサイルは専守防衛に反するので持たないとし
    ていたのを反故にして、射程900kmの巡行ミサイル導入=専守防衛に反する危惧があり、射程が200km→
    900kmになると、空対地ミサイル、F35に乗せるもので、射程900km、戦闘機F35は空を飛び相手の領土に
    入れて、そこから900kmだと、日本海→朝鮮民主主義人民共和国全域を標的に出来て、敵基地攻撃能力を持
    ち、専守防衛から逸脱であり、リスナーより、イージス・アショアについて、どういう効果があるのかと
    質問があり、玉木氏の質問にもイージス・アショアがあり、これは敵から来るミサイル防衛なのに、敵基
    地攻撃能力なのかと玉木氏は追及して、前田さん、イージス・アショアは開いてのミサイルを打ち落と
    す、それも宇宙空間でやるもので、攻撃兵器ではない、それも宇宙で、そこまで必要あるのか論議はある
    ものの、玉木氏の言うように、発射筒に巡行ミサイルを置けば即攻撃可能、共和国を射程に置けて!秋田
    市と山口県萩市にイージス・アショアの計画があり、それ自体は共和国のロケット対策になるとしても、
    発射筒にミサイルを詰め込めて、巡行ミサイルを導入したら、たちどころに攻撃能力が出て、安倍政権は
    答えられなかったが、専守防衛を逸脱する。
     水野さん、巡行ミサイルについて政府は敵基地攻撃能力ではないと言うもののと問われて、前田さん、
    イージス・アショアは弾道ミサイルを宇宙で打ち落とすのが目的でも、攻撃に使うことも容易、イージ
    ス・アショアに巡行ミサイルを設置したら即攻撃兵器になり、これまで専守防衛は、相手国に達する兵器
    は持たないとしていたのに、この垣根を破る兵器が予算計上→配備、かなりエライことであるのです。


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック