calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>

categories

archives

カウンター

twitter

カレンダー

プラセンタ 効果

ランキング

書評「ここまできた小選挙区制の弊害」上脇博之著

0

    書評「ここまできた小選挙区制の弊害」上脇博之著

    1994年に小選挙区制が導入されて24年になるが、
    2012年の総選挙でたった4割強の得票率だった自民党が
    8割近い237議席を獲得。
    その結果”つくられた多数派”の虚構の上げ底政権が
    戦争法や共謀罪法などの立憲主義を蹂躙(じゅうりん)する
    違憲の法律を次々と制定し、独裁国家と実質変わらない政治
    がまかり通っている。
    昨年10月の衆議院総選挙でも小選挙区制の重大欠陥が
    効果を発揮し、安倍政権の改憲への暴走をもたらしている。

    憲法学者の著者は、財界が望む「完全小選挙区制」導入の
    問題点を指摘し、「参議院の合区」や「1院制」論を批判しながら、
    今こそ憲法違反の小選挙区制を廃止し、民意を最大限に尊重する
    「完全比例代表制」にかえ、衆議院は定数600、
    参議院は定数300に増員すべし、と明快に説く。
    (あけび書房 1200円+税)

    https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/book/222619


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    -
    管理者の承認待ちトラックバックです。
    • -
    • 2018/02/08 10:43 AM