calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

categories

archives

カウンター

twitter

カレンダー

プラセンタ 効果

ランキング

『近代日本の植民地主義とジェンタイル・シオニズム―内村鑑三・矢内原忠雄・中田重治におけるナショナリズムと世界認識』

0

    皆さま

    役重です。
    恐縮ながら自著の案内をさせていただきます。
    日本・イスラエルの関係強化、エルサレム問題の浮上等々、
    現在の東アジアと中東において継続する植民地主義の歴史的
    連関を考える上で大前提となる問題について議論しています。

    「ジェンタイル・シオニズム」は、キリスト教シオニズムを
    含め、ユダヤ人を異民族と見做してパレスチナに送り込もうと
    する非ユダヤ人の人種主義的・植民地主義的イデオロギー・
    運動全般を指します。


    ---------------
    http://impact-shuppankai.com/products/detail/270

    役重善洋『近代日本の植民地主義とジェンタイル・シオニズム
    ―内村鑑三・矢内原忠雄・中田重治におけるナショナリズムと世界認識』
    (インパクト出版会、2018年3月、定価3700円+税)

    日本人クリスチャン知識人のシオニズム運動への共鳴は、グローバルな
    帝国主義の中でどのような意味をもったのか。占領された側の抵抗の
    歴史と重ね合わせながら考察する。

    【目次】

    序論
     はじめに
     第一節 日本人クリスチャンとナショナリズム
     第二節 日本の植民地主義とシオニズム運動
     第三節 植民地主義という用語について
     第四節 ジェンタイル・シオニズムとキリスト教シオニズム、千年王国論という用語について
     第五節 本書の構成

    第一章 植民地主義・民族・キリスト教
     はじめに
     第一節 近代ヨーロッパ主権国家体制の形成と植民地主義
     第二節 ピューリタン革命とジェンタイル・シオニズム
     第三節 一八世紀の英米植民地主義と海外ミッションおよびジェンタイル・シオニズム
     第四節 帝国主義時代の英国における海外ミッションとジェンタイル・シオニズム
     第五節 帝国主義時代の米国における海外ミッションとキリスト教シオニズム
     小括

    第二章 内村鑑三におけるシオニズム論と植民地主義
     はじめに
     第一節 内村鑑三の米国体験と贖罪信仰
     第二節 贖罪信仰と「日本の天職」
     第三節 世界帝国主義の進展と非戦論
     第四節 再臨信仰とナショナリズムの相克
     第五節 再臨運動の終わり
     第六節 再臨運動後の内村鑑三
     小括

    第三章 矢内原忠雄の再臨信仰とシオニズム
     はじめに
     第一節 内村鑑三の再臨信仰とシオニズム観からの影響
     第二節 矢内原忠雄の再臨信仰とシオニズム論
     第三節 矢内原の植民政策論と民族問題
     第四節 矢内原忠雄と満州移民
     第五節 矢内原忠雄における藤井武の影響、信仰と実践の関係
     小括

    第四章 エルサレム宣教会議と植民地主義
     はじめに:主流派プロテスタント教会におけるジェンタイル・シオニズム
     第一節 ミッショナリー運動からエキュメニカル運動への転換
     第二節 エルサレム世界宣教会議と朝鮮問題
     第三節 日本基督教連盟と「神の国運動」
     第四節 エルサレム世界宣教会議とパレスチナ問題
     小括

    第五章 中田重治のユダヤ人観と日本ホーリネス教会の満州伝道 291
     はじめに
     第一節 第一次世界大戦と日本におけるユダヤ人への関心
     第二節 軍国主義の伸張とホーリネス教会
     第三節 満州事変以降のホーリネス教会と軍部との関係
     第四節 「聖書より見たる日本」
     第五節 ユダヤ人問題への新たな関心と背景
     第六節 ホーリネス分裂事件からホーリネス弾圧へ


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック