calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

categories

archives

カウンター

twitter

カレンダー

プラセンタ 効果

ランキング

朝日放送おはようコール(2018/4/13) 中川譲が福田財務事務次官のセクハラスキャンダルと安倍政権のデタラメと滋賀での警官による殺害事件を語る、安倍政権のデタラメを放置したら日本が沈没する!&荻上チキSession-22 愛媛県と官邸の言い分の食い違いをはっきりせよ!

0

    永岡です、朝日放送のおはようコールABCの朝イチ!NEWS、金曜日のコメンテイターは帝塚山学
    院大学客員教授の中川譲さんでした。司会は横山太一アナウンサー、アシスタントは斉藤真美アナウン
    サーでした。

     福田淳一財務省事務次官のセクハラ事件、昨日発売の週刊新潮の報道でこのスキャンダルが報じられ
    て、安倍政権の痛手となるのか?複数の女性記者にセクハラ発言をしたと報じられて、上司の麻生氏は注
    意のみで進退には言及せず、調査、処分しない、野党の合同ヒアリングでもみ消しと柚木氏が追及、福田
    氏は会合の予定が入り、辻元氏は辞任もの、自殺者も出ている財務省で更迭に値すると批判、午後6時に福
    田氏は財務省を後にして、財務省は不祥事続き、森友学園文書改竄問題、佐川氏の問題、福田氏のスキャ
    ンダル、1982年入省で福田氏は佐川氏、迫田氏と同じ、セクハラの音声データもあるのに、麻生氏は反省
    しているので訓戒でいいというもの。スタジオでも、芸能ジャーナリストの二田さん、否定したら女性に
    反論されるので逃げていると指摘があり、これについて中川さん、財務省の置かれている状況が麻生氏は
    分かっていない、25年前のノーパンしゃぶしゃぶ事件があり、当時の大蔵省は最強官庁の腐敗、しかし今
    は最強官庁の破綻であり、そして、愛媛県の職員は柳瀬氏と会ったことを認めて、安倍政権の前は総理が
    毎年変わっても、財務省がしっかりしているから大丈夫と海外から言われて、しかし森友学園は首相案件
    と言われて、財務省は国有地を書類改竄してもたたき売りのデタラメな役所になり、日本を支えていたと
    される役所が安倍政権でここまで落ちて、膿を出しきると安倍氏は言ったが、膿を作ったのは安倍氏たち
    であり、これを放置したら日本は沈没すると指摘されました。
    (この週刊新潮記事の概要は、元週刊現代編集長の元木昌彦さんが、J-CASTニュースに書いておられま
    す、https://www.j-cast.com/tv/2018/04/12326038.html?p=all )

     滋賀・彦根市での19歳の巡査が上司を射殺した事件、知人が容疑者の人物像を語り、19歳の巡査は背後
    から2発撃ち、頭と背中を撃たれて、死因は後頭部を撃たれての即死、先月26日にこの交番に勤務、警察学
    校→この交番、被害者が教育係、容疑者は制服のまま、50万円の現金を持ち、ATMから引き下ろし、配
    属から16日での犯行、拳銃を途中で捨てて、怒鳴られたからやったというものの、ちゃんと指導されたと
    も語り、中川さん、この事件はこの時期に就職したての若者が職場でトラブルはあるものの、拳銃を持っ
    ていたのが問題、拳銃がないと犯行にならず、警察でしか起きない事件、警官は常時拳銃を携帯する必要
    はあるのか?日本は一般人は拳銃を持たず、警官は常時拳銃を持っていいのか、容疑者は拳銃を捨てたら
    どうなるか分からなったのか、警察は拳銃の扱いを警察学校だけでなく現場でも考えるべきと問われまし
    た。

     本日の気になる新聞記事、毎日一面トップ、佐川氏の立件見送りというもの、森友学園事件、8億値引き
    についして、背任は検察にて困難ということで、中川さん、検察は刑事事件として成立するか判断に苦し
    み、検察は様々なデータを持ち、検察は客観的事実をつかんで、立件は無理でも、国会で政治的に追及す
    べきというメッセージであり、政治、国民の世論の力が試されると言われて、日刊スポーツで、加計学園
    問題、官邸の柳瀬氏と愛媛県の職員の面会はあったと、出席者が認めた件、中川さん、職員が柳瀬氏との
    面会を認めて、安倍氏は柳瀬氏を信用していると言うものの、地方公務員の発言にも安倍氏はちゃんと耳
    を傾けて、これは証人喚問が必要、朝日28面、藤井六段の偽サイン色紙を売った容疑者が逮捕されて、偽
    サインはスポーツ選手にもあるもので、中川さん、藤井さんは持ち物もきちんとする人だと締めくくられ
    ました。以上、中川さんのお話でした。

     昨夜のTBSラジオ、荻上チキSession-22、愛媛県の職員が柳瀬氏と会ったことを認めた件、チキさん
    の解説がありました。TBSラジオクラウドで公開されています。
    https://radiocloud.jp/archive/ss954/
     デイリーニュースセッションセレクト、加計学園問題、愛媛県関係者がTBSの取材に、柳瀬氏とあっ
    たこと、首相案件と記されていた件は正しいと証言して、辻元氏は柳瀬氏の証人喚問を要求、森山氏はし
    どろもどろであり、16日に回答、チキさん、加計学園は獣医学部も設立されて、安倍氏は学生もあるから
    配慮しろと言うものの、その学生を野党は攻めているのではなく、意思決定のプロセスに問題であり、総
    理の意向、総理は自分では言えないという、行政が歪められた可能性があり、加計学園の理事長は安倍氏
    と腹心の友、獣医学部設立で、総理が権限を正しく使ったのか問われた1年で、安倍氏は加計学園獣医学部
    のことを昨年1/20に知り、これはデッドライン、しかし、その前に愛媛県の職員と柳瀬氏の面談記録に首
    相案件とあり、安倍氏は1/20以前に知っていた可能性があり、下村氏は安倍氏と加計氏の関係を問い、総
    理と加計氏の間で学園の構想が話題にならなかったのか?愛媛県は真剣な計画だと思いメモを取り、職員
    は柳瀬氏と面会したと証言して、しかし官邸の面談記録がなく、柳瀬氏は記憶にない、官邸は記録なし、
    愛媛県は記録、記憶あり、これは対立ではなく、片方は記憶・記録なし、片方は証拠あり、玉木氏が問題
    を問い、論理的には、官邸の秘書官が勝手にやったことや、愛媛県の職員が嘘をついた可能性は低く、官
    邸、政府、総理の方に無理があり、柳瀬氏が言って忘れているなら、総理が責任を問うべき、首相案件と
    言われるもの、今回の文書を精査したら、首相案件として、構造改革の特区と、国家戦略特区、後者が勢
    いがあると、秘書官が証言して、具体的なルートがあり、首相案件と言うなら、特区構想をどう使うの
    か、ルートは首相が意思決定にかかわるもので、首相が関わっていないという擁護には無理があり、官邸
    も無理筋を通せず、議論が破綻するもので、記録と記憶の問題、公文書の問題もあり、野党も何を変える
    べきか提案して、しかし、言い分が食い違い、参考人招致でも証言拒否される危惧があり、時間をかけて
    問題も解明されるものではあり、文書について、総理、官邸の関係者は意味を熟読して考えるべき、証言
    と証拠がでたら、官邸、政権のガバナンスに問題があり、政治責任のことをチキさん強調されました。


     


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック