calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

categories

archives

カウンター

twitter

カレンダー

プラセンタ 効果

ランキング

朝日放送おはようコール(2016/4/16) 伊藤惇夫が安倍総理のゴタゴタとトランプ大統領のシリア攻撃の問題点と福田財務事務次官更迭を語る、安倍総理は憲法改悪をあきらめて総裁選生き残りを模索するほどおちぶれている!

0

    永岡です、朝日放送のおはようコールABCの朝イチ!NEWS、月曜日のコメンテイターは政治アナ
    リストの伊藤惇夫さんでした。司会は横山太一アナウンサー、アシスタントは斉藤真美アナウンサーでし
    た。

     安倍政権のゴタゴタ、内閣支持率は低迷して、相次ぐ不祥事でゴタゴタの中で、総裁選をにらみ大阪詣
    でであり、鶴橋で自民党の大阪の議員と焼肉を食べて、行政への国民の信頼を揺るがし、行政府の長とし
    て反省の弁を口にして、総裁選で自民党の大阪の組織票を欲しく、しかし、安倍総理は維新と近くて、自
    民党の大阪はこれに反発して、安倍総理は自民党の大阪の議員たちと焼肉、しかし、石破氏が総裁選をに
    らみ2月に大阪入りしたことも安倍氏を刺激して、もう一人のポスト安倍の岸田氏も総裁選をにらみ活動
    し、安倍氏の師匠の小泉氏が水戸で講演して、安倍氏の三選は難しい、信頼はなくなってきたと語り、そ
    の反面、安倍氏は自民党の大阪を支持して大阪徒構想反対で、これについて伊藤さん、焼肉食べても支持
    率は上がらず(笑)、焼き肉店に喩えるとモリカケ問題やイラク日報改竄問題で焦げだらけ、働き方改革
    は生焼け、総裁選をにらみライバル店が仕込みを始めて、憲法改悪は焼き肉の網にも乗らず、冷蔵庫に
    入ったまままであり、1か月前(朝日スクープの前)は総裁選三選は硬く、しかし一気に変化して、安倍氏
    は大阪の自民党にすり寄り、しかし維新は松井氏と菅氏との関係が深く、安倍氏が徒構想反対といった
    ら、安倍氏と菅氏の関係が悪くなり、逆に言うと「安倍氏は憲法改悪は無理だとして、維新との関係を
    切った(総裁選の生き残りを憲法改悪に優先した)」と言われて、内閣支持率は低迷、時期の総裁に石破
    氏が最多、石破氏が2月に大阪に来た際に1000人以上集めて、安倍氏の危機感は強く、小泉進次郎氏は次の
    総裁は早く、支持率は31%、安倍氏の固定的支持層がありこれ以上下がらず、安倍氏に期待できない、安
    倍氏に期待できないなら、対局の存在の石破氏を選び、しかし岸田氏は国民に期待されず、バランスは取
    れているが面白くなく、言い方が慎重すぎて、良い人だけでは総裁になれないことを示していると言われ
    ました。気象予報士の正木明さんは、焼き肉店の網を変えるべき(=安倍総理を替えるべき)(笑)と説
    かれました。

     トランプ大統領のシリア攻撃、アメリカ、フランス、イギリスが105発のトマホークミサイル攻撃を3つ
    の拠点に行い、国連の査察の入る前で、13日のシリアへの軍事攻撃、国防総省が攻撃した施設の写真を公
    開して、瓦礫と化した建物は攻撃の凄まじさを示して、化学兵器の製造を遅らせると、トランプ大統領と
    メイ氏、マクロン氏が電話会談してのもの、シリアではアサド政権と反体制派の内戦は8年目、アサド政権
    とそれを支援するロシアは化学兵器の使用を否定して、アサド政権は抗がん剤の開発施設と主張して、
    プーチン氏は化学兵器の使用はでっち上げといいこの攻撃を批判して、これについて伊藤さん、今回サリ
    ンが使われたと言われてもトランプ大統領側に証拠なしで(可能性が高いと言うだけ)、国連の査察の
    前、トランプ大統領は国連安保理の議決も国会の承認もなく、攻撃は法的に問題になり、トランプ大統領
    の中間選挙のためにやったら国内政治のために戦争をやったのは問題であり、背景にはシリアはアメリカ
    とロシアの代理戦争の舞台になり、アメリカは反体制派を支援し、ロシアはアサド政権を支援して、IS
    がいたらそれで共同歩調を取ったものの、シリア国民は悲惨であると指摘されました。そして日本の対
    応、化学兵器の使用は禁止、軍事行動は理解はおかしく、日本は中東でニュートラルなのに、アメリカに
    一方的な肩入れは問題と問われました。

     本日の気になる新聞記事、産経一面トップ、財務省福田事務次官の更迭は避けられないと安倍総理は判
    断、セクハラ問題が週刊新潮で報じられて、伊藤さん、事件はあまりにお粗末、財務省は最強の官庁で、
    取材を受けて福田氏はセクハラ、日頃からセクハラして、しかし相手は記者、それ相手にこんなことを
    やって許されると思っているのかと厳しく批判されました、以上、伊藤さんのお話でした。

     元NHK記者のジャーナリストの立岩陽一郎さんが昨日神戸で講演されて、その模様が神戸新聞に載り
    ました。
    https://www.kobe-np.co.jp/news/kobe/201804/0011167453.shtml


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック