calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

categories

archives

カウンター

twitter

カレンダー

プラセンタ 効果

ランキング

朝日放送おはようコール(2018/4/25) 木原善隆が安倍政権、財務省の世紀末底なしゴタゴタスキャンダルを語る&毎日放送VOICE 近畿財務局OBの語る森友学園文書改竄問題

0

    sage body

    永岡です、朝日放送のおはようコールABCの朝イチ!NEWS、水曜日のコメンテイターはABCコ
    メンテイターの木原善隆さんでした。司会は横山太一アナウンサー、アシスタントは斉藤真美アナウン
    サーでした。

     財務省の混迷は底なし状態、福田次官のセクハラ問題、結論の出ないまま辞任を決めても、財務省とし
    ての処分はなく、調査の結果セクハラがあっても福田氏は懲戒処分はなしで、退職金5300万は留保、麻生
    大臣は福田氏がはめられたと発言して、記者の追及に誰が給料を払うのかと逆ギレして、はめられたとい
    う言葉を使い、下村氏も講演でテレビ局の人間が週刊誌に流しはめたと暴言、福島みずほ氏がセクハラを
    麻生氏、財務大臣がやっていると批判して、財務省は日本語にならない答弁で、麻生氏は福田氏がはめら
    れたと罵詈雑言、安倍政権、財務省から信じられない発言のラッシュ、矢野氏は女性記者が名乗り出るの
    が苦痛かと、長尾氏がME TOOに罵詈雑言であり、ABCアナウンサーの伊藤史隆さん、被害者を加害者扱
    い、エリート相手に女が文句を言うなの姿勢は、人間として考えが間違いとコメントされて、これについ
    て木原さん、公人として、ネットの書き込みと同じことを言うのは何の根拠もなく、被害女性は録音デー
    タを持ち、反論できないので罵詈雑言をしている麻生氏や福田氏、矢野氏らは問題であり、被害女性が名
    乗り出るのは苦痛に決まっている、そんなことも分からないのか、長尾氏は場外乱闘、下村氏の発言も論
    外であり、福田氏辞任させないと税金で給料払うのかには国民への説得力はなく、麻生氏の首に誰も鈴を
    つけられない、安倍総理の盟友、重鎮であるためで自民党内もなさけない、安倍政権は女性活躍を掲げ
    て、安倍政権、財務省はますます傷口を広げているのを知るべきと言われました。

     羽生結弦選手が仙台での祝賀パレードで、ファンが羽生選手の顔が隠れた写真をネット投稿して、うま
    く写真を撮れず、それでもツイッターに投稿されて、1時間に17万回のツイート、トレンド入り、木原さ
    ん、この状態でスマホではいい写真を撮れず、それを逆手に取り、写真に見出しをつけるのはなかなか難
    しい中で注目と言われました。

     本日の気になる新聞記事、日刊スポーツ19面、林文科大臣の公用車でのセクシーヨガ通い、週刊文春の
    スクープ、2時間やって、文科省は公用車についてルール上は問題をないというものの、木原さん、ルール
    上ではなく、公用車は保育園に行き問題とも言われて、毎日新聞1面トップ、佐川氏の答弁に合わせての改
    竄を了承していたというものを、木原さん、毎日新聞のスクープ、読売は事後に知ったというものの、検
    察の捜査も大詰め、検察は結論を出すべき、日経4面、希望の党+民進党=国民民主党になるもので、しか
    し新党の規模は小さく、細野氏は参加しない、岡田氏らも未定、木原さん、新聞の扱いもひっそり、名前
    は折衷案、パッとしないと締めくくられました。以上、木原さんのお話でした。

     24日の毎日放送のVOICEにて、森友学園文書改竄問題について、近畿財務局のOB、数年前に退職
    されて、それまで40年間国有地の仕事をされた方が、匿名にてMBSの取材を受けて、あのような公文書
    改竄について、自分たちの時代あり得ず、中でも政治家、昭恵氏の名前を公文書に書くことはあり得ず、
    要するによほどヤバいネタで、何かあったら財務省本省の指示だというものを残し、しかし本省から改竄
    をさせられて、佐川氏が改竄を指示したと、複数の近畿財務局の職員が語り、このOBの方は佐川氏が良
    識を持っているかと思いきや、安倍政権を守るために嘘を通したことに失望されて、さらに、近畿財務局
    の50代の職員が3月7日に自殺されて、この方の周囲で自殺の前に異変もあり、自殺された職員の方の葬儀
    に、近畿財務局の有志で出たのみで、近畿財務局、ましてや財務省は何も関与せず、自殺された方が不憫
    だと語られて、要するに、上から無理筋でやらされて、そのために現場の職員が詰め腹を切らされた、ど
    ころか死に追いやられたもので、歴史家の磯田道史さんは、佐川氏らの刑事責任について問わないことは
    あり得ない、刑事責任を問わずに、この国の正義は成り立たないと怒られました。
     これは、無理筋の仕事を押し付けられたことも私にはあり、その場合、職場は戦前の全体主義的な意味
    合いで、上に逆らうと出世できず、出世はゴマスリで決まり、そのような戦前からの全体主義的なもの
    は、どうやらこの国の役所や企業に残り、その結果無数の不祥事を生み出すと感じました。太平洋戦争の
    責任を取らず、反省しなかったことが、今も全体主義を日本に残していると思いました。

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    -
    管理者の承認待ちトラックバックです。
    • -
    • 2018/04/26 10:23 AM