calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

categories

archives

カウンター

twitter

カレンダー

プラセンタ 効果

ランキング

新聞うずみ火通信

0

    永岡です、ニュースなラヂオの司会もされる矢野宏さん率いる新聞うずみ火の通信をお送りいたしま
    す。


    _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

            ■□■ うずみ火通信 ■□■      
                        
                        No.082 2018.4.25発行
    _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

    春風のさわやかな季節となりましたが、お変わりなくお過ごしでしょうか。
    「新聞うずみ火」を応援して下さり、ありがとうございます。
    今後ともよろしくお願いします。
    さて、メルマガ「うずみ火通信」をお届けします。

                        新聞うずみ火編集部

    (私、矢野宏が名刺を交換させていただいた方など、
    ご縁をいただいた方に送らせていただいています。
    恐縮ですが、不用な方は
    uzumibi@lake.ocn.ne.jp までメールをいただけますか)。

    ┏┓━━━━━━━━━━━━━━━━━┏┓
     ┗■┓  「うずみ火」情報      ┏■┛
         ┗■━━━━━━━━━━━■┛

    ■新聞うずみ火5月号(NO.151)を発送

    創刊151号を数える5月号を23日に発送しました。
    遅くなりましたが、主なラインナップをご紹介します。

    ・1面〜4面「『4・3事件』70周年慰霊の旅 『済州島に春が来ている』」(矢野宏)
    主見出しの「済州島に春が来ている」というのは、
    犠牲者追悼式に参加した韓国の文在寅大統領の言葉。
    文大統領は「国家権力の暴力によりあらゆる苦痛を与えたことに深く謝罪する」と述べ、
    「4・3事件の真実はいかなる勢力も否定できない歴史の事実だ」と宣言した。
    ご存知でしたか、済州島で島民数万人が虐殺された「4・3事件」のこと。
    1945年8月15日、日本の敗戦は朝鮮半島が植民地支配から解放された日だが、
    朝鮮半島では北にソ連、南には米国と、38度線を境に分割統治される。
    南側だけで選挙が行われると分断されてしまうと一部の島民が48年4月3日に武装蜂起。
    米軍政側は「アカの島」とレッテルを貼り、軍や警察などを島へ送り込んだ。…
    現地での犠牲者追悼式は、大阪からも「70周年慰霊の旅」一行100人が参列。
    遺族や「朝鮮籍」の在日の人たち、北朝鮮のスパイにでっち上げられた元良心囚からは
    4月27日の南北首脳会談を前に融和や統一への期待の声が聞かれた。

    ・5面〜7面「森友問題テーマに前川さんら登壇 官邸肥大化で歪む行政」(栗原佳子)
    「ゆがめられた政治と教育〜森友問題から見えてきたもの」と題した集会が3月末、
    豊中市の市立文化芸術センターで開かれ、前文部科学事務次官の前川喜平さんと
    元文科官僚で京都造形芸術大学教授の寺脇研さん、豊中市議の木村真さんが登壇した。
    地元の市民団体「森友学園問題を考える会」の主催で、約1500人が参加。
    矢野がコーディネーターを務めたシンポジムの発言要旨をお届けする。
    森友問題のキーパーソンは…。

    ・8面〜9面「ヤマケンのどないなっとんねん なおも揺るがぬ安倍政権」(山本健治)
    ヤマケンさんは、安倍政権が目指す9条改憲について、
    「戦争と戦力の放棄を定めた9条を換骨奪胎する、狡猾な改憲案である」と述べ、
    <日報隠し問題で明らかになったような組織実態、シビリアンコントロールなど
    まったくどこ吹く風の自衛隊を憲法上の存在にしたならば、
    戦前の帝国陸海軍以上の無責任な暴走集団になることは火を見るより明らかである。
    こんな改憲、断じて許すわけにはいかない。
    この5月3日を絶対に最後の憲法記念日にしてはならない>と訴える。

    ・10面〜11面 新連載「ゴジラと憲法」(高橋宏)
    高橋は新連載のタイトルについて、こう記している。
    <先の戦争の反省から二度と戦争をしないと決意して出発したはずの日本が、
    どのような経過をたどって現代に至ったのかを、今一度振り返ることが必要だと思う。
    私はその語り部として、怪獣ゴジラを選んだ。
    私が自称「ゴジラ研究家」だから、というのが端的な理由なのだが、それだけではない。
    公開から最新作に至るまで、60年以上にわたって作られてきたシリーズ映画だから。
    第1作が公開されたのは1954年11月3日、憲法が公布された日。
    つまり、ゴジラは憲法と誕生日が一緒なのである>

    ・12面〜13面「世界で平和を考える『南スーダン最新報告』」(西谷文和)
    ケニアの首都ナイロビを拠点に南スーダン、ルワンダを取材した西谷はこう訴える。
    <南スーダン首都ジュバでは激しい戦闘が起きていたのに、日本政府は
    「戦闘ではなく衝突」と言い張り、現地の一次情報である「日報」を隠ぺいしていた。
    政府のウソによって、自衛隊員の命が危


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック