calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

categories

archives

カウンター

twitter

カレンダー

プラセンタ 効果

ランキング

TBSラジオ 荒川強啓デイ・キャッチ!(2018/5/2) 近藤勝重 加計学園問題、柳瀬氏の記憶に関する支離滅裂な言い訳はもう通じないことを語る、米朝会談の意味&時事川柳「逃亡は 屋根裏部屋か 外遊か」

0

    永岡です、TBSラジオの、荒川強啓デイ・キャッチ! 水曜日のコメンテイターは毎日新聞客員編集
    委員の近藤勝重さんでした。今日はどのテレビもTOKIOの会見、ニュースランキング3位は米朝会談の
    場所、2位はTOKIOのゴタゴタ、1位は柳瀬氏が加計学園関係者との面会を認めていることであり、近
    藤さん、連休っぽいが、柳瀬氏の関心の高さを説かれて、その1位、政府・与党は柳瀬氏が加計学園関係者
    との面会を認める方向で、国会は野党6党が審議に応じず、連休明けに柳瀬氏の参考人招致、柳瀬氏は記憶
    の限りでは今治市、愛媛県の関係者と会っていないとしているものの、これについて近藤さん、一言言っ
    ておきたい、子供の記憶はほめてやる、叱るなど皮膚感覚で残り、大人は体験で記憶が残り、側頭葉に残
    る、柳瀬氏の記憶の限りと言ったら脳科学者は認めないし、柳瀬氏は愛媛県、今治市の人と会っていない
    というものの、加計学園関係者と会ったというのは嘘にならず、しかし加計学園関係者と会ったことを認
    めたら、話はそこから、これは加計学園ありき+首相案件、単に柳瀬氏が嘘を言っていないのレベルでは
    なく、野党の追求が始まり、近藤さん、安部氏は膿を出しきるというものの、安倍氏自身が膿にかかわっ
    ている、辻元氏が安倍氏のことを膿の親と語り、連休明けに大きく動くと説かれました。
     朝日放送のキャストでも柳瀬氏のことは取り上げられて、二木啓考さん、柳瀬氏は安倍総理と一心同体
    であり、安部氏は関係していたら辞めると森友問題で言ってしまい、それで財務省の改竄であり、そして
    加計理事長とお友達で、おごりおごられることはあっても、柳瀬氏が総理案件と言ったこと、県や市の職
    員が官邸に行くことは一生に一度あるかないかであり、そして昨年1月20日に安倍氏が加計学園のことを初
    めて知ったというのが崩れて、そして二木さんは連休明けの解散の可能性を示唆されて、森山氏は解散を
    示唆して、しかし二階氏は否定について、二木さん、永田町で総理のついていい嘘は解散のみ、中曾根氏
    は死んだふり解散をして、永田町で解散は噂されても、二階氏が否定して、国会が開けて、解散はあると
    いうのが永田町の空気だと言われました。
     TOKIOのゴタゴタ、近藤さん、性的なものがジャニーズにはダメなのか、事件は2月、4月に捜査は
    終わり、厳重注意で起訴猶予、不起訴ではなく、起訴猶予の意味は、性的な問題だからか?アイドル所属
    プロダクションは性的な問題にはこういう反応をすると説かれて、清潔さ、SMAPもそうで、余計ダ
    メージと言われました。
     3位の、米朝首脳会談、トランプ大統領が数日中に場所と日付が発表されると語り、CNNでは文大統領
    が板門店でやるべきと語ったと報じて、シンガポールの可能性もあり、中国の王外相が平壌に行き、南北
    首脳会談について報告を受ける予定で、これについて近藤さん、南北首脳会談があり、融和、平和ムード
    が出来て、これをアメリカも無に出来ず、問題は非核化の取付をどうするか、リビア方式、半年かけて、
    共和国はそんな時間ではできないが、アメリカがどう受け入れるか、金正恩委員長は朝鮮半島の非核化=
    在韓米軍のことも言及して、板門店でやるとなったら、この流れを止めるのは無理で、トランプ大統領が
    この流れでどう判断するか、あれだけ世界が注目したところで、トランプ大統領がどのような判断を示す
    か、トランプ大統領らしい動き、シンガポールのような中立的な場所ではなく、板門店の選ばれる意味を
    説かれました。

     時事川柳、「アイドルの 方が去り際 潔し」、43点、「会ったのか 会ってないのか 加計(賭け)
    ましょか」、44点、「会ってない 記憶はやっぱり 合ってない」、46点、「逃亡は 屋根裏部屋か 外
    遊か」(笑)、48点、「宙ぶらりん 絶叫マシン モリとカケ」(笑)、47点、屋根裏部屋がトップでし
    た、以上、近藤さんのお話でした。



     


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック