calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

categories

archives

カウンター

twitter

カレンダー

プラセンタ 効果

ランキング

TBSラジオ 荒川強啓デイ・キャッチ!(2018/5/7) 青木理 道徳を真っ先に学ぶべきは安倍総理の周囲の政治家であることを語る、与党にこれだけ議席を与えたら日本は破綻、安倍政権はアメリカのみ頼り中国と韓国とのパイプなしは国益に反する&毎日放送ちちんぷいぷい 

0

    age body

    永岡です、TBSラジオの、荒川強啓デイ・キャッチ! 月曜日のコメンテイターはジャーナリストの青
    木理さんでした。

     毎日放送テレビのちちんぷいぷいにて、ジャーナリストの立岩陽一郎さんが朝鮮民主主義人民共和国を
    取材報告されて、中国経由で共和国に入り、今年春の取材を予定していたら、急遽南北首脳会談があり、
    それで共和国に親和的な立場の人が来るもので、立岩さん4/28に共和国に行き、共和国との交流協会の人
    間が同行するもので、これは立岩さんと共和国が譲歩し合い、監視もあるものの、取材も出来て、歴史的
    会談の後、28日の平壌にて、中心部には高層ビル、去年なかった物が、金委員長の指示で作られて、対外
    文化交流協会の方が全部同行するもの、中国の合弁会社のタクシーもあり、不屈の精神力などの看板もあ
    り、金正恩体制を支えるプロパガンダもある。
     金日成広場、28日の労働新聞は南北首脳会談を報じて、共和国には翌日テレビにて報じられて、平壌市
    民の反応は南北首脳会談を高く評価して、日本の印象は、植民地支配の責任を取るべきというもので、日
    本人が悪いのではなく、日本政府を批判する声もあり、立岩さん、意外なのは日本に厳しいことを言うか
    と思うと、植民地支配への批判はあっても、日本と仲良くしたいとの意図があったというもので、共和国
    の人間の監視があってもこれで、松尾貴史さん、南北会談の影響を問われて、立岩さん、ガイドの方が、
    日本にはどう思うのか、敵視されてトラブルも予想された中で、日本の反応は意外と悪くなく、農家の方
    にアポなしインタビューで日本政府は批判しても日本人の印象は悪くなく、そういう教育があるものの、
    入国はスムーズに行き、平壌空港でスマホは画像をチェックされる、デジカメもチェックされると思い、
    しかし画像の消去はされずどうぞ持ち込んでくださいであり、平壌は明るく、車は多く通り、タクシーは
    多く、車は増えて、立岩さん買い物はできず市場は見なかったものの、経済制裁でエライことではなく、
    都市と農村の格差はある模様で、しかし平壌は建物が多いと立岩さん報じられました。明日明後日も立岩
    さん報告されるものです(今夜のニュースなラヂオにも出られます)。
     青木さん、GWは無縁で、五月病+連休+天候の悪さを説かれて、植木等さんの、何とかなる(笑)と
    言われて、 デイ・キャッチ!のニュースランキング3位は低気圧の本州通過、2位はTOKIOのゴタゴ
    タ、1位は柳瀬氏の国会招致で野党の国会復帰、自民党森山氏と立憲民主党辻元氏が会談して、他方国民民
    主党の結成、62人のみ参加であり、青木さん、ランキングに国民民主党は入らず、国会正常化というのは
    正しいのか、与党はゼロ回答、加計学園問題で与党は柳瀬氏の証人喚問を認めず、野党は審議拒否、野党
    批判もあるが、与党に責任があり、それで柳瀬氏を呼ぶとしても、参考人招致は4/23に提案していて、与
    党はゼロ回答、進展があつたとしたら、柳瀬氏の記憶が戻った?というもおかしく、巨大与党が数を言わ
    せて、野党を蹴散らし、ズルズル与党ペースで進められる危惧を説かれて、野党の追及も、参考人招致だ
    と、佐川氏の証人喚問同様与党が多く茶番劇になる危惧があり、野党は情けないものもある、国民民主党
    のことも話題にならないが、「与党にこれだけの数を与えると暴走する」、次の選挙、他に投票するとこ
    ろがないでは済まないと説かれました(国民民主党のゴタゴタは日刊ゲンダイに記事あり、
    https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/228537 )。
     TOKIOのゴタゴタ、青木さん、女子高生へのことでジャニーズ事務所は厳しい処置に出て、町のア
    ンケートだとダントツのトップであってもこれがトップなのはどうか、リスナーだと6位、他の4人の記者
    会見で連帯責任と言っても、山口氏は46歳の、大人がやったことで、他のメンバーが謝る必要はあるの
    か、TOKIOは福島復興、東京オリンピックのこともして、事件時の格差のことも説かれました。
     安倍総理の中国李克強首相と会談、リスナーの関心は3位で、尖閣を巡る動き、両国が偶発的な衝突を避
    けるための連絡メカニズムに、尖閣が入るか明示せず、中国は対象外としたら日本の領土と認めるという
    もので、青木さん、安倍政権はトランプ政権やプーチン大統領と親密でも、隣国と仲良くなく、中国の首
    相の来日は8年ぶり、韓国の大統領の来るのは6年半ぶり、安倍政権は長期政権でも、隣国の中国や韓国の
    トップが日本に来ておらず、中国との関係は人権問題もあるものの、話し合い、連絡メカニズムは必要
    で、これだけ中国、韓国のトップが来日しなかったのは異常で、共和国とのこと、日本は拉致問題を取り
    上げられても、文大統領は南北会談成功の立役者、中国も有事を望まず、しかし日本は圧力と言うだけで
    何もしていない、文大統領と中国は共和国にもっと関与しろというもので、安倍総理は共和国にちゃんと
    すべき、戦後72年、産経のインタビューで安倍氏は日本が蚊帳の外ではないというものの、世論は蚊帳の
    外と思っているから、韓国自体が驚き、トランプ大統領が米朝会談に積極的で、日本は置いてきぼり、し
    かしいずれ日朝会談になり、このまま行くと、共和国から見たら、日本はアメリカについてくる=日本は
    無視していい→拉致問題は解決不可能になり、去年の今頃まで朝鮮半島で戦争と言われていたものを、文
    大統領の努力と共和国の思惑で、韓国と中国は朝鮮半島有事を回避するため動き、朝鮮半島の平和は日本
    の国益になり、安倍政権は中国と韓国との絆を固めて信頼関係を作るべき、日本が賠償金を共和国にはら
    う義務はあり、韓国には問題はあっても1965年に賠償金を払い、共和国にも今後兆単位のお金を払うこと
    になり、それへ日本が主導権を握れるかと説かれました。

     デイキャッチャーズボイス、この春から道徳が小学校で正式教科になることについて、先生が道徳で児
    童をどう評価するのか取り上げられました。正式教科になり、道徳がなるなら、先生が評価することにな
    り、中学校でも来年春から、第1次安倍政権の教育基本法改悪、教育再生会議で徳育というもので、大津市
    でのいじめ自殺を悪用して道徳を正式教科にしたものの、道徳=モラルであり、教えてもどう評価、数値
    化するか、先生が記述式で、身の回りのことも良くできたと、点数は付けないものの、先生は免許がいる
    のに道徳は入らず、笑い話でなく、中央教育審議会、子供たちの意欲を出す記述(笑)、知り合いの先生
    に聞いたら頭が痛く、先生のためのマニュアル本があり、例文集、先生のための模範解答、学校や教育委
    員会で例文を作るというものの、道徳は第1次安倍政権の愛国心、自虐教育へのものだが、戦前の修身教育
    否定が、右傾化でこれ+現場の先生はエライことになり、これに基づいて先生は教えても、学習指導要領
    で道徳はどうすべきか、文科省の意図を見たら、HPで、小学1年生は善悪の判断、良いことをする、正
    直、誠実、嘘をつかない、過ちはすぐに認める、規則の尊重etc、公平公正社会正義(笑)…言うまでもな
    く、安倍総理が一番やらないといけないことであり(笑)、過ちはすぐに改める、約束は守る、公文書改
    竄はダメ、嘘、ごまかしはダメ、ブラックジョーク、全国の小学生が気の毒、道徳が一番必要なのは安倍
    政権の政治家が守らず、その口で愛国心などちゃんちゃらおかしい、全国の小学生は道徳を安倍政権に押
    し付けられる必要はないと締めくくられました。以上、青木さんのお話でした。

     青木さんが出された情報隠蔽国家(河出書房新社刊)について、AERAの記事がネットに載りまし
    た。
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180427-00000005-sasahi-pol
     この本では青木さん、サンデー毎日の連載をまとめられて、特に昨年暮れに青木さんのスクープされ
    た、自衛隊の機密情報が共産党に流れた件で、幹部が濡れ衣を着せられていた件、大幅加筆で読み応えが
    あり、こんな組織に武力を持たせるのはそれこそ日本という国にとって自殺行為であり、この国は安倍政
    権のデタラメでモラルも何もなくなり、国家そのものが破綻する危惧さえ感じました、皆さんお読みくだ
    さい(青木さん、私はこの本B〇〇K 〇〇Fで少し安くGETしました、ごめんなさい!(笑))

     

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック