calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

categories

archives

カウンター

twitter

カレンダー

プラセンタ 効果

ランキング

和歌山放送ラジオ ボックス(2018/5/11) 伊藤宏 国民の常識が永田町、霞が関の非常識、国民をあきらめモードにする安倍政権を許してはならない!AI、機械と人間の共存を語る

0

    永岡です、和歌山放送ラジオのボックス、金曜日のコメンテイターは和歌山信愛女子短期大学の伊藤宏
    さんでした。司会は赤井ゆかりアナウンサーでした。

     伊藤さんの脳にきくニュース、リスナーより、米朝会談の本決まり、段取りは決まり、融和ムードが続
    いてほしいとの声があり、伊藤さん、融和ムードという言い方には疑問もあるものの、話し合いで解決す
    ることは期待できて、話し合いで食い違いを解決する方向になり、武力、戦争で封じるものから変わる兆
    しになることは望ましいが、世界がそう動く中で日本はどうか不安、昨日も加計学園でうんざりと思う人
    が多いが、秘書官の柳瀬氏の参考人招致があり、多くの方かは真実をしゃべらないと思っていたが、国会
    を一歩離れると釈然としないのに、国会ではデタラメが通り、柳瀬氏は記憶の中ではないというものの、
    加計学園の関係者と官邸で会ったと認めるとして、野党も審議拒否を解除しても、あれだけ証人喚問と
    言って審議拒否が、柳瀬氏が加計学園関係者と面会を認める方向でというのは、伊藤さんも会った人の記
    録を取るのは難しいものの、記憶をたどるより名刺、手帳を見たらわかる、人と会うと名刺交換になるは
    ずで、それなしは常識では考えられず、ついてきた人も必ず名刺を出す、大学の開学でも来た人は全員名
    刺交換するはずで、名刺とメモを取るはずで、それを否定するのはおかしい、伊藤さんよりたくさんの人
    と会う柳瀬氏ではあるが、国会の議論、与野党を問わず、有権者、主権者の常識と外れて、米朝会談とな
    るとそれで持ち切り、加計学園、セクハラの問題もあるのに忘れられる危惧があり、麻生氏は舌禍事件を
    よく起こすが、セクハラ罪はないとして済む問題ではなく、安倍政権は女性が輝くと、働き方改革でも女
    性として、セクハラは大問題、それを刑事罰なしで済むものではなく、こんなことがまかり通る、二枚舌
    ではなく言っていることとやっていることが違い、このままだとうやむやにされて、麻生氏は開き直り、
    これを認めたら、おかしなことに国民が異議を唱えられずあきらめムードになり、海外で大きなニュース
    になり、国内も問題山積、しかし、時間が経ちうやむやではこの国は破綻するもので、モリカケ問題も重
    要、国民民主党が出来て、しかし話題にならず、国民の期待をどう思っているのか、国民民主党、立憲民
    主党、社会民主党、そして自由民主党と、民主党と突いたらどうでもいいのかと説かれました。
    (永岡注:企業の間の会議などでは、名刺交換と、議事録を作り共有するのが常識で、議事録、打ち合わ
    せメモがない会合は信用性がないとされます)
     本日発売のフライデーに、安倍昭恵氏が誘拐殺人犯との2ショット写真が載っており、
    http://news.livedoor.com/article/detail/14698324/
     に詳報があります。元外務省の天木直人さんもこれ以上ないセクハラ、野党は追及せよと指摘されてい
    ます。
    https://twitter.com/amakinaoto/status/994727945154379776

     リスナーより、みかんの花を伊藤さんご覧になったかとあり、伊藤さん和歌山市内で見つけて、また、
    神戸のリスナーより、柳瀬氏は参考人招致で安倍総理を守るために嘘をつく、自分はブラック企業でトッ
    プが嘘をつき破綻、国が破綻するとあり、伊藤さん、嘘の問題、誠心誠意というのは、柳瀬氏は安倍総理
    のための誠心誠意であり、しかし主権者に対して誠心誠意を尽くすべきで、誠心誠意の意味を取り違え
    て、嘘をついたら、それがばれたら破綻する、日本という国が破綻する、愛媛県知事は柳瀬氏の発言を嘘
    と語り、これは誰が嘘をついているか白黒つけないと、うやむやだと日本が破綻するとありました。ま
    た、リスナーより、ゴジラについて言及もありました。
     ロボット、AIについて、人間がコンピューターにとってかわられる、人が機械に支配される一昔前の
    SFみたいな話もあり、中小企業などで、人にとってかわると、労働力、日本は超の少子高齢化、機械に
    変わり合理化、郵便番号で仕分けしたら職を失った人があり、これを視点として持たないと、AIなど、
    少子高齢化で機械に人を補わせることから、人が要らないではだめで、置き換えられるなら置き換える意
    味を考えないと、日本はソフトとハードではハード先行、スマホも一気に普及して、法規制は後付けにし
    たら大変なことになり、伝統的な工芸技術の継承があっても、人から人へのものを、ロボットにやらせら
    れるか、ロボットに文化を担えるか、どこまで機械に置き換えるか、人間とロボットの共存を考えない
    と、人がロボットにとってかわるだけなら問題、未来を見据えた夢のある話であるとともに、しっかり考
    えるべきで、作るのは人間であり、人間でないとできない仕事もあり、しかし手術すらロボットに出来
    て、人間は何をすべきか、これは機械がやる、機械を操作するスキルを人間が持つ、人間が機械に支配さ
    れるマトリックスみたいな世界も危惧されて、人間が疎外される時代もあり得て、政治の世界もこれを
    ちゃんと考えないといけないと締めくくられました。以上、伊藤さんのお話でした。


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック