calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

categories

archives

カウンター

twitter

カレンダー

プラセンタ 効果

ランキング

文化放送ラジオ 大竹まことゴールデンラジオ(2018/5/11) 青木理 柳瀬氏参考人招致から安倍政権の究極のデタラメを語る&金子勝 安倍政権の政策は全て失敗、野党とメディアは息を吐くように嘘をつく安倍総理を追及せよ!

0

    age body

    永岡です、文化放送ラジオの、大竹まことゴールデンラジオ、金曜日の大竹紳士交遊録は経済学者の金
    子勝さんでした。パートナーは室井佑月さんでした。

     大竹メインディッシュのゲストはジャーナリストの青木理さんでした。
     情報隠蔽国家を出された青木さん、以前は室井さん青木さんの名前を間違えて(笑)、世の中はいろい
    ろ動き、一番話したいのは昨日の柳瀬氏の参考人招致、完全に加計学園獣医学部新設が官邸の案件であっ
    たとわかり室井さん、柳瀬氏の参考人招致を見て頭に来てハーゲンダッツを2つ食べて(笑)、青木さん、
    ごまかし、嘘があったが、愛媛県職員が首相案件といい、愛媛県の人は首相案件ととらえていると柳瀬氏
    にはわかり、色々なことが起きて、前川さん、内閣府から総理の意向という文書が文科省から出て、文科
    省、愛媛県から同一物が出て、二つとも嘘を言うことはない=嘘を言っているのは安倍総理周囲、獣医学
    部新設は官邸、安倍氏の意向の元であり、安倍氏が直接指示したか、周りの連中の忖度かは分からない
    が、加計理事長と安倍氏は親密で、室井さん、テーブルのあべかわもちがなくなり、部屋に一人しかおら
    ずそいつの口の周りにきな粉なら犯人は明確と言われて、青木さん、首相の親友に利益供与+口の周りに
    きな粉で、それでやっていないと言うと、民主主義は崩壊すると言われて、大竹さん、道徳は安倍氏が守
    るべきと言われて、青木さん、道徳は正式教科で評価するものだが、価値観の押し付けにならないか、第1
    次安倍政権で通らず、いじめ自殺で道徳はゴリ押し、しかし、嘘をついたりごまかしたりしない、公平公
    正に、過ちを改めると、全部安倍氏に当てはまり、しかしこれで安倍政権が持つとなったら大変。青木さ
    ん、テレビに出ないとひげをそらない(笑)。
     柳瀬氏は加計学園と3回も会い、京産大とは会っていない、3回も会い、安倍氏と加計氏は友達、2013年
    に安倍氏の別荘で柳瀬氏は加計氏と会い、ゴルフの支払いを誰がしたか覚えていないことはなく、柳瀬氏
    は官僚で、誰が支払ったか分からないゴルフをしたら便宜供与で官僚失格、誰が払ったか知っていて、そ
    れでいいというのは百歩譲りあるが、誰が払ったか分からないゴルフはあり得ず、大竹さん、野党の追及
    を問われて、青木さん、野党の追及が甘いという議論があり、その通りではなく、与野党の議席数の差が
    ムチャクチャであり、野党は麻生氏にセクハラ問題で辞任、柳瀬氏の証人喚問を求めて、しかし与党は2/3
    を持ち、働き方改革法案をやりたくやってしまい、そうしたら議員がボイコットしたらけしからんという
    雰囲気にされて、与党が野党の顔を立てて、柳瀬氏が加計学園と会ったことを認めるとして、シナリオ通
    り、しかし柳瀬氏が3回加計学園と会ったのを認めたのは重大であり、愛媛県、今治市と会った事より事業
    者の加計学園と会った方が問題で、嘘とごまかし。
     愛媛県の中村知事は、柳瀬氏の発言を嘘と語り、後ろに愛媛県の職員がいたのではない、テーブルにい
    たと語った事を大竹さん紹介されて、知事、地方の職員を冒涜と言われて、青木さん、中村知事は柳瀬氏
    の名刺を公開して、推測だが、首相秘書官が名刺を出した=柳瀬氏は愛媛県職員の名刺を持っている、昨
    日の参考人招致で、秘書官はスケジュール管理が大切というのに、柳瀬氏は自分がいつ誰と会ったか覚え
    ていない、語るに落ちるであり、記録を取っていないというのは嘘で、そして2015/4/2に、愛媛県職員は
    柳瀬氏と会談してメモを取っているはずで、秘書官は様々な要人と会い、いつ誰と会って何を話したかは
    公文書であり、これを柳瀬氏が残していないなら官僚失格であり、官僚として仕事をしていない、歴史の
    検証が出来ず、大竹さん、間違ったことをしていないなら記録を示すべきと問われて、室井さん、ここは
    強気、記憶と記録のどちらが大事かと問われて、開き直りであり、国会に母親を呼んで本当のことを話せ
    (笑)、青木さん、物事は悪い方向になり、文科省のことで公文書、役所で勝手に公文書を作るな、相手
    の役所とともに残せとされたら、加計学園の際の文科省の文書は残されない危惧があり、大竹さん、官僚
    は間違った事をしていないなら、証明に公文書が必要と言われて、青木さん、日本という国の素地番悪い
    のは、戦争の終わったときに公文書を燃やし、戦争責任を問われないためで、戦後の日本の歴史はアメリ
    カの公文書の開示で密約など分かり、日本からは出てこず、公文書がいずれ公開されるとなると役人には
    緊張感はあり、しかし青木さん、柳瀬氏、佐川氏を見て、可哀想なものもあり、やりたいことをするには
    出世がいり、しかし人事権を官邸に握られて、前川さんのように反旗を翻すと叩かれる、日本は官僚機構
    がしっかりしている、エリツィン氏も評価していたが、官僚機構は破綻しているのを通り越して、この国
    はちょっとひどい。
     大竹さん、選挙制度、内閣人事局のこと、権力者に自覚がないと問われて、青木さん、ああいえばこう
    いうは、国内も、外交もであり、朝鮮民主主義人民共和国、DPRKとのこともどう考えても日本は出遅
    れて、産経新聞は南北首脳会談が日本がリードしてきたからと、よくこんなことが書ける、であり、大竹
    さん、アメリカの顔色を見ながら日本はやり、トランプ氏と100%あると安倍氏はいうのは問題、拉致問題
    の前進には、交渉が必須で、DPRKと交渉なしに進まず、小泉氏の成果は、拉致被害者の一部を返し、
    交渉して、いずれ植民地支配の賠償もするとしたら、金正日氏は交渉で話を聞いて、金正日氏は国交正常
    化を考えて、うまく行かず、あの時はDPRKも悪かったが日本も悪く、安倍氏は圧力一辺倒で、DPR
    Kは対応することはなく、安倍氏はDPRKと直接交渉するパイプがなく、韓国には植民地支配の賠償は
    しており、しかし今は難しい、DPRKの立場だと、兆単位の゜お金を払うのは日本だが、今の金委員長
    にしたら、日本は積極的にやらなくてもアメリカのいいなりで、そうしたら、アメリカと日本の立場は違
    い、日本の言うことを聞く必要はない、安部氏にとって、日朝会談をして成果を挙げられなかったら逆に
    エライことで、大竹さん、冷戦以来世界の軍事費は最悪になり、それでどう解決するべきかと問われまし
    た、以上、青木さんのお話でした。

     続いて、金子勝さんのお話、今回は柳瀬氏の参考人招致のこと、柳瀬氏のヤラセ、みんな余り言わず、
    ど真ん中、柳瀬氏は辻褄合わせをしようとして、愛媛県と今治市とは合わず加計学園と会い、国家戦略特
    区で、選考対象と会わずに、事業者の加計学園とのみ会って、本来は今治市の申請であり、しかし加計学
    園と会い、バーベキューも安倍氏と会い、加計学園ありきと自白したも同じであり、中村知事が怒るのは
    当たり前、テーブルで会い、名刺交換している、総理に知らせていないわけはなく、こんなメチャクチャ
    が許されたら官僚として処分対象、中村知事を国会に呼び、そして柳瀬氏を証人喚問すべき、こんなにふ
    ざけた、国民をバカにしたことはなく、柳瀬氏は加計学園と会ったのは、安部氏と加計理事長が友人だか
    ら、官僚は事業者として決まっていないものと会うと、それも官邸でなら利益供与であり、愛媛県と今治
    市の職員を忘れたという言い訳は通じず、中村知事に国会でしゃべってもらい、そして柳瀬氏の証人喚問
    が必要、愛媛県は選定される方であり、しかし愛媛県は国からいじめられないかと室井さん言われて、金
    子さん、佐川氏がないと言っていた交渉記録が500ページ出てきて、昭恵氏と谷氏、田村氏、今井尚哉氏、
    文春に出るなら国会に今井尚哉氏は出るべき。
     野党の姿勢について、金子さん、文書に基づいて新しいものが出ず、安倍政権側に総理の意向などのも
    のがあり、裏を取る努力を野党はすべき、しかし野党のおかげで、柳瀬氏のデタラメを引き出した意味は
    あり、今後の展開は、これで自公は一段落といい、それで子供を3人産めと言うが、中村知事に出てもらう
    べき、出させない=隠している、そしてメディアの検証も必要で、500ページの資料、交渉記録は当事者が
    籠池夫妻、10か月以上人質司法、詐欺罪で勾留はおかしく、籠池夫妻に国会に出てもらうことは必要で、
    室井さん、佐川氏もと言われて、金子さん、いつまでモリカケ問題をやっているかと批判もあるが、働き
    方改革のデータ改竄もあり、裁量労働を拡大したらサラリーマンを奴隷制度にしてしまい、批判すべき、
    モリカケ問題と同じく、働き方改革もデタラメ、野村不動産り過労死自殺もあり、これら安倍政権のデタ
    ラメを追及すべきであり、室井さん、時間が足りないと問われて、金子さん、政策をやれというものは政
    策を語らず、安倍政権の政策は全て破綻、日銀が株を買い株価を上げた件や、円安誘導、しかし金融緩和
    は円安誘導と安倍政権は語らず、銀行のビジネスモデル破綻で、銀行で人員削減、ゼロ金利で保険、年金
    破綻、財政健全化目標、2%の物価上昇で4%成長などあり得ず、インフラ輸出の原発は全て破綻、女性活
    躍も、セクハラ、レイプもみ消し、野田聖子氏のみが救い、待機児童は増加して、家計収入も減り、中東
    も危険で石油価格上昇、安倍政権は政策は何も成功せず、息を吐くように嘘をつく安倍政権を許したら日
    本は破綻で、野党とメディアは安倍政権を追及し続けるべきと締めくくられました。以上、金子さんのお
    話でした。

     

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック