calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

categories

archives

カウンター

twitter

カレンダー

プラセンタ 効果

ランキング

「首相の政府」から「私たちの政府」に! 構想  No1:2018年5月12日

0

    sage body

    乞う、ご意見

    「首相の政府」から「私たちの政府」に! 構想  No12018512

    安倍主権政権に変えて、国民主権回復連合政権を打ち立てよう

     

     

    現在は、(国民が望まない改憲を含む)国民主権を蹂躙して憚らない安倍政権

    に対し、これら理由も付したうえで結論として「安倍退陣」を求める動きはあるものの、

    追求勢力も内閣総辞職に追い込むことを目的とする戦略戦術を

    少なくとも国民に見えるものとしては持ちえないでおり、

    国民も、安倍改憲にはかつてない6割を超える反対が表明されているものの(共同)、

    内閣支持率が27%にまで落ち込んでいる4月日テレ調査でも

    安倍退陣自体には3分の一しか支持が得られていない。

     

    安倍改憲に反対する3千万署名の成果もあり、

    来年3月までに改憲を成し遂げることは至難の業となってきている(市民連合声明)ものの、

    (改憲を含む)国民主権を蹂躙する治世を5年以上も続けている安倍政権を倒し、

    国民主権を回復・実践する新たな政権を誕生させることが

    (ある程度の年数を持つ)現在の国民的課題ではないか。

    そのために何ができるか、お互い検討してみたい。

     

    過日、FBにて

    「安倍主権政権でなく、
    国民主権回復連合政権を」
    との声を津々浦々で挙げていきませんか

    改ざん、隠ぺい、ごり押し
    「最高権力者」と持ち上げられても否定しない
    (私の選挙区後藤茂之自民議員への答弁 
    426日衆議院予算委員会)
    もう我慢できない!

    今こそ、
    自民支持層も共感する
    希望ある対案を示しつつ、
    安倍退陣を迫る時

     

    と投稿したところ、

     

    安倍自公ファッショ政権打倒の呼びかけとともに、

    「国民主権回復連合政権」としての明確で

    明るい展望が持てるビジョン(具体的政策)打ち出してほしいものです。

    とのコメントをいただきました。

     

    そこで、今回の提案です。

     

    「首相の政府」から「私たちの政府」に! 構想  No12018512

    安倍主権政権に変えて、国民主権回復連合政権を打ち立てよう

     

    国民主権回復連合政権構想

    1 この構想に賛成する著名市民・政治家・団体・政党で国民的推進母体を造る

    2 その結成を目指して、まず、政治家を含む著名人が個人の資格で参加する

    準備会を造る

    3 (例えば)次期総選挙で当選させる前川喜平氏を総理大臣にする

    4 国政だけでなく、可能な自治体においても、同質の推進母体を造る

     

    国民主権回復連合政権の政策

    1 この間、噴出しているモリ・カケ・防衛資料・裁量労働データなど

    国民主権否定疑惑について徹底的に調査し、解決策を立て実行する

    2 行政について首相に支配が集中する源になっている、全幹部公務員

    500名の人事権を内閣官房が握る内閣人事局制度を廃止する

    3 国会・地方議会に一定枠を女性とするクオータ制を採用し、

    まず、世界平均である女性議席占有率20%を直ちに実現する

    4 個別的自衛権のみ認められるとする戦後における国としての憲法解釈を

    勝手に変更した、閣議決定・安保法制の問題性を明らかにする

    5 常に過半数の国民が支持している原発反対の声を尊重し、原発再稼働阻止・

      再生可能エネルギー急速普及を実現する

    6 過酷な米軍基地被害の抜本的解消を求める沖縄県民の地方自治権を尊重して

    その実現を図り、当面、辺野古新基地建設を中断する

    7 生存権保障を始めとする国民生活の確保と大企業・大資産家の負担について、

      公正な実態調査を基に、いくつかの選択肢を示して国民の審判を仰ぐ

    8 以上のほか、新政権や国民的推進母体内部で一致しない問題については、  

      問題点と相違点を明確にし、選挙などで国民の信を問いつつ実行していく

    9 多くの国民が求めているとは言えない憲法改正は、新政権とこれを支える

    国民的母体がめざす課題とはせず、現憲法の普遍的価値である国民主権主義

    ・基本的人権尊重・恒久平和主義の実現をめざしていく

     

    https://www.facebook.com/photo.php?fbid=2122259174727613&set=a.1444682515818619.1073741828.100008306530326&type=3&theater

     

    ===================================================== 

    毛利正道   mouri-m@joy.ocn.ne.jp

    出張相談も大いに承りますhttp://www.lcv.ne.jp/~mourima/

    394-0005岡谷市山下町1-21-24-101法律事務所こんにちは

    tel0266-75-1512   fax0266-75-1513   携帯090-4096-7065

    =====================================================

     


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック