calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

categories

archives

カウンター

twitter

カレンダー

プラセンタ 効果

ランキング

日台関係ステップアップ講座

0
    東アジア青年交流プロジェクトより企画案内です。

    2018年7月に台湾訪問団を出して、
    靖国訴訟や反核運動の担い手たちと交流します。
    (訪問団の参加受付は終了しました。)
    それに先立つ連続講座(全2回)の案内です。
    訪問団参加に関わらず、ご参加ください!

    東アジア青年交流プロジェクト
    事務局長  さとう大
    090-5560-5037
    easiapt@gmail.com
    http://easiapt.jimdo.com/

    以下、転送、転載、歓迎。
    ============================================
    日台交流ステップアップ講座(全2回)
    〜台湾から見た東アジアの歴史認識問題と民衆交流の課題〜

    第1回
    日時:2018年5月24日(木)18:30〜
    講師:墨面さん(中国人強制連行受難者を支援する会)
    「台湾近現代史の闇」
    報告:とーちさん(ノーニュークス・アジアフォーラム・ジャパン)
    「台湾の反核運動 原発ゼロ社会の先へ」
    場所:エルおおさか 6階 604会議室
    参加費:500円

    第2回
    日時:2018年6月21日(木)18:30〜
    講師:菊池一隆さん(愛知学院大学)
    「台湾北部タイヤル族から見た近現代史」
    報告:中島光孝さん(台湾靖国訴訟原告弁護団)
    「台湾原住民族と靖国神社」
    場所:エル おおさか 5階 研修室2
    参加費:500円

    --------------------------------------
    主催 東アジア青年交流プロジェクト
    easiapt@gmail.com
    http://easiapt.jimdo.com/
    https://www.facebook.com/easiapt/
    --------------------------------------
     台湾は時として「親日」と言われたりします。実に50年に
    わたる日本の植民地支配が続いてきた歴史があります。
    「同化・皇民化」政策、その後の「2・28事件」(1947年)や
    1950年代の「白色テロル」、それに続く30年以上に及ぶ、
    「戒厳令体制」の下で台湾民衆の声は闇に閉ざされ続け
    ていました。

     台湾では、台湾原住民による、自らの歴史と尊厳を取り
    戻す熾烈な闘いが始まっています。靖国参拝違憲訴訟に
    は、台湾からも多くの人々が原告として加わりました。チワ
    ス・アリ(高金素梅)立法委員を代表とする台湾原住民族の
    人々です。「高砂義勇 隊」の名の下に日本軍に動員された
    歴史を検証し靖国神社への「合祀」取消を要求しています。

     また現在台湾では若者の新しい運動のうねりも見られま
    した。アジアで初めて2025年原発ゼロという脱原発法が成
    立し脱原発に大きく踏み出そうとしています。

     朝鮮半島では平和への劇的な流れが加速しています。
    東アジアにおける台湾の現状と歴史をしっかり学び、日本
    と台湾との関係を考えてみたいと思います。
    ============================================

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック