calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

categories

archives

カウンター

twitter

カレンダー

プラセンタ 効果

ランキング

TBSラジオ 荒川強啓デイ・キャッチ!(2018/5/21) 青木理 日大アメフト問題は日本の問題の縮図、安倍政権は政治の貧困に支えられている、公証人制度に見る三権分立の破綻を語る&大野亨恭 沖縄県知事選展望を語る

0

    永岡です、TBSラジオの、荒川強啓デイ・キャッチ! 月曜日のレギュラーはジャーナリストの青木
    理さんでした。例により週末は遊びに行かれて、締め切りのある中で、富士山ドライブ、温泉に入り、し
    かし帰りひどい目に会い、下り渋滞せず、しかし帰路25km渋滞、奥様と喧嘩されたそうです。強啓さん、
    楽しめたから渋滞もこまらない、素晴らしい原稿が書けると(笑)ツッコミです。
     ニュースランキング3位は米中貿易戦争回避で株高、2位は働かせ方改悪、23日強行採決、1位は日大アメ
    フト問題、被害学生の父親が被害届提出、この日大アメフト問題、悪質な反則行為で関学の選手にけがさ
    せて、スポーツ庁の鈴木氏、監督の辞任より真相解明を求めて、関学は被害学生の父親の談話、なぜあん
    なことになったか内田監督が語らず、リスナーより、日大アメフト問題、内田監督はちゃんと話さないと
    日大の印象が悪くなる、日大OBは後ろ指を指されているとの声があり、青木さん、ネットでも町の声で
    もトップ、色々なことを考えさせられて、ネット時代ならでは、ネットで映像が拡散されて、スポーツは
    タックル、町でやったら傷害がやられるものの、刑事事件になりかねず、日大の説明に納得できず、内田
    氏は当初、関学に監督の指導と選手の受け取りに乖離があったというのは、選手が忖度したという意味
    で、選手がかわいそう、青木さんもネットで見て、タックルした選手の個人情報が暴露されて、監督の指
    示があったのか、反則をしないといけない雰囲気が日大の中にあったら問題、全容を明らかにすべき、強
    啓さん、ボールを持っていない選手にタックルはおかしいと指摘されて、青木さん、あんな悪質なタック
    ルをしたら監督が注意すべきで、それをしない=監督の指示、関学だけでなく、日大の人も日大、アメフ
    トのイメージ悪化を危惧されました。
     働かせ方改悪、高プロ制度撤回可能で自公と維新、希望の党が合意、野党は過労死推進と反発、青木さ
    ん、またか、法案の趣旨は異なるが、読売の世論調査、働かせ方改悪について今国会で成立させろは
    25%、反対62%、バクチ法案も同様で、民意は働かせ方改悪もバクチ法案も急ぐななのに、これを数の
    力、維新という「ゆ」党を巻き込み強行採決、戦争準備法案、秘密隠蔽法、共謀罪と同じ、そして強行採
    決したら支持率低下→またほとぼりが醒めたらやる、安倍政権の支持率はじりじりと回復して、安倍政権
    はモリカケ問題、公文書改竄で支持率は落ちても、また上がると国民をなめていて、これでいいのかと説
    かれて、強啓さん、支持率は他にいないのが理由でも、強啓さんしっくりこない、他に選択肢なしなら、
    青木さん誰でもいい、国民の問題点もあるが、政治の貧困、公文書改竄、嘘は民主主義破壊で、野党だけ
    でなく巨大与党の中で安倍おろしが起きておかしくないのに、選挙制度もあり、次、代わりを国民に与野
    党で示せず、安倍しかない、日本政治の貧困であると説かれました。
     米中貿易戦争回避で、日経平均株価は上がり、青木さん、トランプ大統領らしい取引、中国の対米貿易
    黒字を減らせ、42兆円を2020年までに半減しろとして、これは盛り込まれず、無理であり、トランプ政権
    は農産物などを中国に買わせることで矛を収めて、しかしトランプ大統領のやっていることは無理、中国
    は人件費が安く、それにアメリカも、日本も儲かり、中国のことをバッシングして困るのはアメリカ企
    業、つまらない猿芝居に世界が踊らせられた、強啓さん、中国で化石燃料→ソーラーパネルの設置で、
    ソーラーパネルは劇的に安くなり、アメリカにもメリット、温暖化対策と説かれて、青木さん、温暖化、
    脱原発にソーラーパネルは有力、太陽光発電はグローバリズムもあり、ヨーロッパでは極右が伸びるもの
    の、一国だけで世界は成り立たず、米中貿易戦争のことは猿芝居、しかしトランプ大統領はこれで味をし
    めて、日本に強く出る、アメリカに全面依存の安倍政権は拒否できないと説かれました。
     青木さん、菅氏が週末に沖縄を訪問した件、秋の沖縄県知事選で、基地より振興策と語り、候補者は県
    連が選考して、翁長知事は健康問題、沖縄タイムスの大野亨恭(あきのり)さんのお電話でのお話があ
    り、菅氏の沖縄入り、県連幹部と何を話したか、11月の沖縄県知事選、取材したら、自民党の沖縄県連が
    菅氏に協力を要請、青木さん、翁長氏の病状から、自民党が行けると思っているのかと問われて、大野さ
    ん、2014年に知事選で負けて、自民党は何としても県政を奪還したいとして、翁長氏はステージ2のがん
    で、翁長氏は2期目にどうか、大野さん、抗がん剤治療で知事をこなす体力はなく、週2回は記者会見、県
    政与党も気をもんでおり、青木さん、翁長氏は辺野古拒否でオール沖縄、翁長氏に代わる人材がいるかと
    問われて、大野さん、与党は翁長氏の続投を前提として、しかし沖縄の経済界は翁長氏でないと支持でき
    ず、翁長氏以外で2014年の再現は困難、青木さん、翁長氏に代わるオール沖縄の人材は困難かと問われ
    て、翁長氏の任期に県民投票はどうかと問われて、大野さん、署名活動は今週にも始まるが、課題も多
    く、各市町村の協力が得られるか、これで辺野古を本当に止められるか不安で、青木さん、菅氏のテコ入
    れ、経済振興と言うものの、自公の候補者について問われて、大野さん、副知事など15人候補がいて、今
    週中に4人まで絞り込み、副知事、現職の市長など、しかし意見の集約は自民党の中でも課題だと説かれま
    した。

     デイキャッチャーズボイス、遺言書を作る公証人制度、公募開始から16年で民間採用はたった4人である
    ことを青木さん取り上げられました。
     青木さん、公証人は普段縁ではないものの、遺言書を公証役場で作ると、民事上法的に有効、会社の定
    款を作る、公正証書を作る実質公務員が全国300カ所に490人、定員は690人で、昨日の朝日新聞で、公募と
    いうのに、民間から4人しか来ず、裁判官や検察官のOB、不祥事も公証人にあり、税逃れもあり、国税庁
    も調査せず、裁判官、検事のOBで手を出せず、おかしいと、民間からも、司法書士からも選べと2002年
    に始まり、検察官
    事務官など採用されても、民間は24人受けて、ここ数年で全員落ちて、裁判官など司法試験に受かったも
    のだけのはずが、一定の試験に受かったものとしても、裁判官や検察官は面接だけ、民間は試験を受け
    て、しかし大半落ちて、強啓さん、司法試験を通るのはきついと説かれて、青木さん、公証人は儲かると
    言うものの、色々な問題があり、検察官、裁判官のいい天下り先になり、公証人は定年70歳、忙しくな
    く、座っているだけでOK、天下りになり、さらに見逃せない歪みは、日本の裁判所は当局よりの判決を
    出すことが多く、理由は多くあるものの、理由の一つが公証人、法務省が決めて、裁判官の天下り、当局
    に厳しい判決を書くと、公証人に天下りできない+裁判官の独立性を侵すもので、16年で民間から4人だ
    け、裁判所、検察の古い体質が残っていると締めくくられました、以上、青木さんのお話でした。

     


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック