calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

categories

archives

カウンター

twitter

カレンダー

プラセンタ 効果

ランキング

朝日放送おはようコール(2018/5/25) 中川譲が米中首脳会談中止、本質は米中の取引であることと日大アメフトのゴタゴタ、どこぞの総理と同じ体質を語る

0

    永岡です、朝日放送のおはようコールABCの朝イチ!NEWS、金曜日のコメンテイターは帝塚山学
    院大学客員教授の中川譲さんでした。司会は横山太一アナウンサー、アシスタントは斎藤真美アナウン
    サーでした。

     米中首脳会談中止、平和への機運が一変、振り出しに戻るのか、日本時間の昨夜、トランプ大統領は金
    正恩委員長にあてた書簡で、シンガポールでの6/12の史上初の米朝会談を中止、23日にはトランプ大統領
    は積極的であったのが、朝鮮民主主義人民共和国、DPRKのチェ次官がペンス副大統領の、核廃棄に関
    してリビア方式を求めたことを批判(核保有国のDPRKを罵ったことに批判)して、これにトランプ大
    統領が激怒、しかしトランプ大統領はいつか会えることを希望して、金委員長との会談そのものは否定せ
    ず、DPRKに心変わりなら知らせよとして、他方DPRKは核実験場を破壊、CNN記者は、驚くべき
    映像を撮った、世界が見たことがないものと報告して、5時間かけて5つの場所を爆破であり、CNNの映
    像は今朝公開されて、しかしDPRKはアメリカ人3人を解放して、核実験場を破壊してもこれであり、理
    由はペンス氏の、非核化しない=リビアみたいに終わるの圧力にDPRKが反発、中川さん、ニュースを
    見てビックリ、しかし米朝会談は本当に行われるのか半信半疑もあり、そしてトランプ大統領の書簡は穏
    やかで、スポーツでいうセットバック、トランプ大統領はまだやりたい意向、DPRKは核施設を破壊し
    て、首脳会談中止でも米朝のパイプは生きていて、米朝会談は儀式、準備は間に合わず、DPRKの非核
    化は本気、背景に中国の影があり、DPRKの体制保証=お金、今の金委員長は経済路線、過大な軍事費
    が問題で、国連の経済制裁解除が欲しく、そのためには中国の協力が必要で、DPRKは軍事費を減らし
    たい+経済制裁解除、しかしこれには米朝会談なしでも、ポンペオ氏がDPRKに来て米朝のパイプは生
    きており、米朝の水面下での交渉は続いて、キーは中国、「今後米朝首脳会談は一切の中止ではなく、こ
    れはアメリカと中国がDPRKというカードを巡り駆け引きした結果」(=要するに、事態によっては米
    中首脳会談の可能性はまた出てくる)だと説かれました。

     日大アメフトのゴタゴタ、昨夜、関東アメフト連盟の会合があり、悪質なタックルについて、日大アメ
    フト部のヘッドコーチはトップの責任を認めて、さらに昨日が期限の回答書を日大アメフト部は関学に提
    出、しかし、日大アメフト部の現役部員は一昨日の会見に違和感があったか、口を開き始めて、当該選手
    と内田氏の食い違い、一つ目の反則行為について、内田氏はボールを見て選手を見ていないと言うもの
    の、これは映像から見たら嘘であり、負傷した選手の父親は日大選手がかわいそう、内田氏への怒りをあ
    らわにして、関学と負傷選手の父親が明日記者会見、日大アメフト部の父母会でも選手支援であり、芸能
    ジャーナリストの二田さん、内田氏の会見は嘘、コーチの弁明が苦しく、当該選手は板挟みと言われて、
    司会者の姿勢も問題、日刊スポーツの高原さん、日大のやることは後手後手に回り、日大に主体的なもの
    がない、どこかの総理大臣と同じであり、ていねいに説明するとと言いつつ逃げていて、はっきり指示し
    たと言うべきものを、当該選手の記者会見の後でトップが急遽記者会見、これが日大の体質か、本当のこ
    とは言えないのかと怒られて、大学のイメージは地に落ちたと言われて、これらについて中川さん、大学
    の言い分に説得力が、ないのは刑事訴訟されたくない、逮捕されたくないためで、自分の指示によるもの
    だと内田氏は言うべきで、選手たちは内田氏についていけないといい、内田氏らは自分たちは教育者だと
    自覚すべきと説かれました。
    (新聞のテレビ欄を見たら、今日もまたワイドショーは日大アメフトゴタゴタ一色です)

     本日の気になる新聞記事、読売17面、胎児ネームの人気が上昇、全体の56%、スタジオでも妊娠されて
    いる方がやっていると語られて、中川さんもこれに呼応されました、以上、中川さんのお話でした。

     J-CASTニュース、元週刊現代編集長の元木昌彦さんの週刊誌を読む、加計学園問題、日大アメフト問題
    について触れておられます。
    https://www.j-cast.com/tv/2018/05/24329538.html?p=all


     


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック