calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

categories

archives

カウンター

twitter

カレンダー

プラセンタ 効果

ランキング

毎日放送ラジオ ニュースなラヂオ(2018/6/4) 森友学園決済文書改竄事件 大阪地検特捜部が佐川氏ら不起訴の問題、落合洋司さんのお話&福本さんの民泊報告

0

    永岡です、毎日放送ラジオの、ニュースなラヂオ、第10回、今週も新聞うずみ火代表でフリージャーナ
    リストの矢野宏さんと、フリーアナウンサーの加藤夏美さんの司会で放送されました。ニュースキャス
    ターは毎日放送アナウンサーの上田崇順さんでした。…今回も頭に来る内容ですが、皆さん、心臓を強く
    持って晋三をぶっ飛ばしましょう!
     矢野さん、6月、73年前、米軍の空襲で大阪が壊滅、大阪は50回空襲、B29の100機以上は大空襲8回、そ
    の4回が6月に集中して、6月の空襲はそれまでと異なり、焼夷弾ではなく、戦闘機、それも最新鋭のものか
    ら機銃掃射で無数の大阪市民が犠牲になり、数千人、公園に避難して、その人たちをねらい銃撃、大変な
    犠牲者が出て6/7には個人の方が、資材をなげうち慰霊祭、3月に最初の大空襲だが、実は6月が大阪には地
    獄であったのです。
     加計学園問題と安倍総理の疑惑について、報道するラジオの案内であった平野幸夫さんがブログで書い
    ておられます。
    https://ameblo.jp/hirano-yukio/entry-12380916932.html?frm_id=v.mypage-checklist--article--blog-
    ---hirano-yukio_12380916932
     6月16日に、大阪弁護士会で、自衛隊、集団的自衛権合憲の立場から見た9条加憲のイベントがありま
    す。
    http://www.osakaben.or.jp/event/2018/2018_0616.php
     事前申し込みが必要です。また、弁護士の放課後、ほな行こか(水野晶子さん司会の毎日放送ラジオの
    番組)、でも司法取引にて冤罪が増えることが弁護士さんにより取り上げられました。

     ニュースピックアップ、上田さんの担当、森友学園決済文書改竄事件、財務省は調査報告書を公表し
    て、麻生氏は給与を一部返上しても、辞任は否定し、開き直り、麻生氏のリーダーシップで再発防止とい
    うものの、財務省の改竄の理由が焦点であり、佐川氏が改竄と隠蔽を決定して、部下から内容を報告され
    て、政治家の名前があり外に出せない、国会質問の材料を少なくする、森友学園決済文書改竄事件、安倍
    総理は関与していたら総理も国会議員も辞めると言って、昭恵氏の名前が出ての始末、麻生氏は改竄の動
    機は分からない、昭恵氏の関与を否定です。
     安倍総理は責任を痛感していると、麻生氏を続投、加藤さん、言葉が浮いていると指摘されて、上田さ
    ん、誰がカタをつけるのにふさわしいのか、安倍総理は二度と起こらないようにというものの、責任を誰
    も取らず、佐川氏は停職3か月、しかし退職金を少し減らされるだけ、理財局総務課長も軽微な処分であ
    り、財務省は佐川氏が改竄と隠蔽をしたとして、幕引きを図りたい、もちろんそれは許されず、野党は麻
    生氏の責任追及+佐川氏の証人喚問を求めて、矢野さん、改竄は昨年3月、佐川氏は森友学園と事前交渉な
    しといい、それと整合性を取るための改竄、しかし佐川氏の改竄の元凶は安倍総理が自分や妻が関与して
    いたら辞める=安倍総理を守るための官僚の組織的犯罪、佐川氏は国会で真相追及すべきと説かれまし
    た。
     安倍政権の支持率は第2次政権で最低、世論調査では、総理と加計理事長の面会で、76%が安倍氏の説明
    に納得できない、63%は加計理事長を国会に呼べ、麻生氏辞任しろは54%。
     一昨年、神戸市垂水区で女子中学生の自殺に関して、隠蔽があり、教育委員会の担当幹部が校長に隠蔽
    を指示、モリカケ問題と同じ、遺族の申し出に背き、教育委員会は幹部一人にトカゲの尻尾切りです。遺
    族の母親は、メモの存在が軽く扱われていることに異議を唱えています。

     ニュースなラヂオ、今週のテーマは森友学園決済文書改竄事件で、大阪地検特捜部は市民団体の刑事告
    発(改竄と背任容疑)に対して、佐川氏ら38人を全員不起訴にして、大阪地検特捜部に対して、政治家か
    らの圧力はなかったのか、これから何ができるか、元検事で検察に詳しい落合洋司弁護士がお電話で出ら
    れて不起訴の背景と今後の見通しについて語られました。
     落合さん、公文書は国民の知的財産、それを改竄して、指示した佐川氏は不起訴について、専門家でも
    意見は分かれて、虚偽の文書を作った件は、骨格部分は変えておらず、虚偽ではないという見方と、文書
    は変わっていると見方は二つあり、当局は虚偽でないと見て、不起訴の理由は、文書改竄について二つの
    考え方がある中で、土地価格などの決済のところは変わらず、骨格は変わっていないというものの、異論
    はあり、嫌疑不十分というものは、嫌疑なしではなく、不起訴処分では、嫌疑なしは疑われる要素なし、
    嫌疑不十分は、疑いはあっても起訴できるものではないというもので、しかし公文書の重要な部分がなく
    なると、今回削除されたのは重要でないのかと矢野さん問われて、落合さんの考えでは、300カ所も改竄、
    決済のために削除したら、文書の本質は変わり、虚偽文書作成と見る考えもあるが、検察庁はそうは考え
    ず、土地の価格は変わっていないとして、しかし国民の感覚からは大幅に外れて、納得できず、落合さん
    も納得できず、文書改竄で起訴できる、ピッタリの判例はないが、似たようなものはあり、起訴できると
    見ていて、今回の不起訴はいかがと思う。
     リスナーの質問、大阪地検特捜部は村木事件があり、高検は裏金作りがあり、政権に対して弱くないか
    と質問があり、落合さん、難しいが、大阪地検は証拠改竄をして、大きな事件をやれず、今回は名誉挽回
    のチャンスだができず、できなかったのは、政治に対して弱くなり、大阪地検特捜部に限らず、人事面で
    も政治が強く歯向かえない、それが不起訴になったという見方はあり、可能性は否定できない。
     リスナーより、大阪地検の判断に納得できない、法務次官の黒川氏が圧力かと、小渕優子氏や甘利氏を
    守ったとのの問いがあり、落合さん、黒川氏の動きは分からないが、法務省は政治の影響を受けて政治の
    判断をする歴史的経緯があり、今その流れで法務省は検察庁より強く、検察は政治に強く出られない、検
    察OBでもそう見ており、黒川氏の影響でこうなったとささやかれているが、それが事実と確認できなく
    ても、そう見られて仕方ない。
     矢野さん、安倍一強におびえて、検察もやらなかったと見られて、落合さん、犯罪でも贈収賄、詐欺な
    どの知能犯ではあり、背任や文書改竄は、証拠の評価で起訴にも不起訴にも出来て、やる気になると起訴
    できるが、忖度などあると不起訴になる例は検察にあり、その背景でそうなったと見られてもおかしくな
    い。
     矢野さん、これだけの証拠で起訴できないと、大阪地検特捜部は要らないのかと問われて、落合さん、
    村木事件で大阪地検特捜部は不要論も言われて、その後紆余曲折があり、しかし、大きな事件を特捜部は
    やれておらず、特捜部は存在意義があるのか、その不要論は広がる可能性はあり、特捜部は、東京だと検


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック